ゲンキ
も早いもので小学生。
実はゲンキの入学式の1週間前にユウキが生まれ、正直それどころじゃねぇよっていうバタバタぶりだったのですが、それはまた別の記事でご紹介します。

公立幼稚園の良さは、地域で子育てができるところです。幼稚園の送り迎えを通して、自然と家が近くのお友達ができ、家族ぐるみで付き合うことができました。そのおかげで、小学校に上がるときも非常にスムーズでした。私が出産したことを知っていた近所のママ友が、お兄ちゃんを派遣してくれて一緒に登校してくれたり、誰彼となく気にかけてくれたおかげで本当に助かりました。

担任の先生も大らかで優しい人で、ゲンキの気難しさも笑っていなしてくれ、大当たりの年。懇談会でも

①忘れ物、失くし物が多い。
②授業中や給食の時間など、ぼーとし始めると話が耳に入らない。
③噛み癖がひどい。
④発音が気になる。(さ行ざ行た行)

などの気になる部分もありましたが、

⑤図工や国語、好きな科目への集中力はすばらしい。
⑥とにかく、ものしり。
⑦発表で人に説明するのが上手。
⑧優しくて、みんなから好かれている。

img038

と、いい部分をたくさん褒めてもらえました。

「たぶん忘れ物関係は、高学年になっても続くと思いますから、最後のチェックをお母さんがやってあげてください。でも賢くて、本当にいい子ですよ~」

と言っていただけて、幼稚園でさんざん言われてきて懇談会恐怖症だった私は、涙がにじみそうにうれしかったです。

「世話女房をもらうしかないですね~」と笑ってくれる先生に一年生を受け持ってもらった幸運で、小学校入学という大きな環境の変化に、ゲンキがすんなりととけこむことができました。

④の発音は「せんせい」が「しぇんしぇい」になるなど、構音障害と呼ばれているもので、訓練によって治ります。ゲンキは書き言葉にも影響が出ている(聞く時点で濁っている)ので、一年生の後半から「ことばの教室」に通級することになりました。

発音の練習と「ことばの教室」について、次に詳しく書いていきますね。発音が気になる子供は、けっこういるもの。専門的な訓練で、わりとすぐに治ります。ただ家庭ではどうしても難しいので、やはり「ことばの教室」などの専門機関を利用することをおすすめします。