自閉症の人は、記憶が線でつながらず、点でしか記憶できないと本で読んだことがあります。

自閉症の僕が跳びはねる理由 (角川文庫)
東田 直樹
KADOKAWA/角川学芸出版
2016-06-18


自閉症の僕が跳びはねる理由 (2) (角川文庫)
東田 直樹
KADOKAWA/角川学芸出版
2016-06-18





それは、どういうことなのか。想像してみました。

例えば、私は筋金入りの方向音痴なのですが (^_^;) 、迷子になったことは数しれず、遠足先で、家族でのお出かけで、友達との遊び中に、昔から待ち合わせ場所にたどり着けないことはしょっちゅうです。ナビやグーグルマップなどの便利な機能と、周囲の暖かい支援というか諦めのおかげで、何とかやれています。

以前、友人と話していて
「鳥瞰図みたいに、地図上を歩くイメージにしたら、迷わないんじゃない?」
と言われて、仰天しました。

「え?そんなことできる人がいるの??」
って感じで (^_^;)

そう。私は、地図が読めません。
場所の把握は、もっぱら目印で覚えています。

なもんで、同じ目印があると

img497

道を誤認識してしまいます。
また、夜で暗いとか、雨が降っていて見えにくいとか、反対側から帰ってくるとか、ささいな変化でよくわからなくなってしまいます。

さすがに、日常的によく使う道は覚えているのですが、たまにしか通らない道とか、車線が多くてややこしい道だと、しょっちゅう曲がる場所を間違えます ( ;∀;)

地図ではなく、目印と景色でしか記憶していないので、それを忘れると道がわからなくなります。

自閉症スペクトラムの人々が、記憶が線でつながらずに点で存在している、というのは、こういうことなんだろうなと思います。頭の中で道がつながらず、要所要所の目印でしか、状況が把握できないのではないでしょうか。

私にとって方向音痴は、まあ不便ですが、それ以外の能力で(困ったら人に聞くとか、ナビを使いこなすとか)何とかカバーできるレベルです。また、家事や勉強など、方向以外は特に問題なくスムーズにできます。

ですが、自閉症スペクトラムの人々は、日常的な全てのシーンで記憶が点でしか存在せず、「あれ、これはどうやるんだっけ?」「これは前にも見たから、前と同じ(応用が効かない)」と、どうすればいいのかがわからなくなってしまう上に、コミュニケーションが苦手なため、なかなか人に聞けません。

どれだけ、大変かと思います。

目で見える形に整理してあげる(視覚支援)や、見通しがつきやすいように整理してあげる(構造化)など、自閉症スペクトラムの人に合った支援が、必要となります。

そして、「わからなくなったら人に聞く」「できないところは手伝ってもらう」ように、根気強く教えていくしかないのでしょう。(← ミッキーが一番苦手な部分 (^_^;))