2年生になってからのことを書きます。

誤解を恐れずにはっきり書くと、先生が大外れでした。

4月の授業参観に行くと、イスに座っていても落ち着きなく体を動かし、教科書やノートで折り紙をし、鉛筆や消しゴムを噛み、とにかく授業はまるで聞いていない異常な様子にびっくりしました。去年の様子とはまったく違います。理由は明白で、親の目から見ても授業がつまらない。先生の声も、後ろの席まで届いていません。授業の内容は教科書をなぞっているだけ、工夫も何もありません。

img015

他にもごそごそしている子供は多く、周りのお母さんからは「今年は外れやわ~」とため息がもれています。

ゲンキから学校に行きたくないと言うことはありませんでしたが、「またあの教室に行かせるのか・・・」と思うと、私のほうがいてもたってもいられませんでした。さっそく「ことばの教室」に相談すると、「やばそうって、巡回の先生からも報告がありました」と、すでにチェック済だったというお話。

発音はもう問題なくなってきているが、ゲンキの心のケアやソーシャルスキルトレーニングをするために、引き続き「ことばの教室」に通うことになりました。

問題のある先生は、2年生を受け持つことが多いそうです。1年生は受け持てない、3年生以降になると子供が反発し始める。誰が受け持っても一番なんとかなるのが、2年生だそうです。

でもその時に「ことばの教室」で、「ゲンキ君は悪くない。先生が悪い。だからこの一年間を乗りきれるように、みんなで支えていきましょう」と言ってもらえたことで、私はとても安心しました。「何やってるの!先生の話聞かないといけないじゃない!」と叱るよりも、ゲンキの気持ちに寄り添ってあげようという考えになれました。

育てにくさのある子供たちは、指導者との相性がとても大切だと感じます。理解ある指導者に出会えることができれば、彼らは心地よく過ごすことができるし、エジソンにだってなれます。反対に理解のない指導者の下では、問題行動がより顕著になり、周囲とうまくやっていけず、うつ病や不登校など、二次障害が起こることもあります。

幼稚園でも、年少の先生は管理主義的で、ゲンキができないところばかり見られました。私もゲンキも委縮して、びくびくして過ごしていたように思います。反対に年長では、大らかでゲンキのいい部分を見てくれる先生が担任になり、別人かというほどのびのびと子供らしく過ごすことができました。

ゲンキは熱中すると全く回りが見えなくなることが多く、これから周囲との摩擦は増えてくるのではないかと思います。その反面、好きなことへの集中力はすばらしく、ここはぜひ伸ばしてあげたい才能です。

先生との相性は、もうどうしようもない。運も大きい。でも死活問題。だから家庭こそが、子供を守る最後の砦にならないといけない。その戦いは、今も続いています。