まだ言葉がうまく使いこなせない1~3歳児が、大人の手をひっぱって、自分の手の代わりに何かをして欲しいと要求することを「クレーン現象」と呼びます。
言葉によるコミュニケーションが苦手な自閉症児によく見られることから、早期に自閉症を発見するための判断材料とされています。
→(「赤ちゃんの頃の自閉症児の特徴とは?気になる子供の様子」)

ですが、クレーン現象=自閉症ではないので、子供が頻繁にクレーン現象をしているからといって心配しすぎることはありません。まだうまく話せない小さな子供が、クレーン現象で要求を伝えてくることはよくあります。クレーン現象以外にも、目が合いにくい、指差しをしないなどの特徴がないかどうか、注意深く観察することが大事です。

我が家の次男ミッキーも、2歳頃までクレーン現象をしていました。

img084
img085

その頃の彼はすべての表現を「んっ」で済ませていたので、「んっ」+指差しやクレーンで要求を伝えている感じでした。そう、でも指差しはできていたんですよ。目も合っていたし。だから自閉症とはまったく疑っていなかったんですね。

3歳前頃から徐々に単語が出始めて、クレーン現象も治まっていったんですが(自分で何でもやるようになった)、療育に通い出して3ヶ月ほどは、デイの先生の手をずっと握って、クレーンでないと行動しなかったそうです。環境の変化で、不安もあったのだと思います。BUT、その時期家庭では、クレーン現象はまったく見られませんでした。人を見て、行動ができているということですね。療育先に慣れるにしたがって、クレーンも治まっていったそうです。

三男ユウキは、現在1歳10ヵ月。言葉はすごい勢いで伸びていて(もう3語文で喋っています)、ミッキー抜かされちゃうんじゃないの・・・という感じですが、絵本を読んで欲しいとかテレビをつけてほしいとか、自分一人でできない時に私の手を引っ張っていきます。

ミッキーは自閉症スペクトラムで、ユウキはおそらく定型発達児ですが、二人ともクレーン現象は見られました。長男ゲンキは、すいません、覚えていません。たぶん、やっていなかったと思います。一人目で手が足りていたので、私が先回りしてやってあげていたかもしれません。下の子たちは、自己主張しないと私の気を引けないという面はあります。

自閉症児のクレーン現象は、おそらく少しちがうニュアンスではないかと思います。

言葉でうまく言えない、自分一人では届かない&できない場面で起こるクレーン現象は、小さな子供にはよくあることです。しかし自閉症児のクレーン現象は、目の前にあるジュースを取ってほしいとか、クレヨンで絵を描いてほしいとか、わざわざ大人の手を借りなくても自分でやったほうが早いんじゃないの??という場面で起こりがちです。これは、言葉のコミュニケーションができない以外にも、身体の感覚が普通とはちがうことから起こってくる現象ではないかと言われています。

自閉症の人は感覚が異なっていて、自分の身体が思うように動かせないことがあるそうです。「自閉症の僕が跳びはねる理由」の作者、東田直樹さんは「壊れたロボットを操縦している感じ」と書いています。

目の前にあるジュースやクレヨンに、どれだけ手を伸ばせば届くのかがわからない。この違和感がクレーン現象にプラスされているのが、自閉症児の特徴なのだと思います。

それでも、クレーン現象も立派な要求です。違和感を持っても、どんどん答えてあげるのが正解なのだと思います。要求に必ず答えてもらえるという安心感が、その後のコミュニケーションにもつながるのではないでしょうか。