自閉スペクトラム症やADHD、発達障害のある子供は感覚が過敏なことがよくありますが、反対に感覚が鈍い感覚鈍麻がある場合もあります。ケガをしても痛くなさそう、暑さや寒さに無関心、話しかけられているのに気づかないなどが、感覚鈍麻の主な症例です。また感覚に鈍いことが原因で、自ら刺激を作り出そうと常同行動自傷行動に及ぶこともあります。

長男ゲンキは、これですね。

聞く力が弱く、雑音の中で必要な音を聞きとれていないように感じます。読書や工作、考え事に熱中していると話しかけられても気づきません。授業中ぼ~としてしまうのも、このためでしょう。噛み癖がひどく、服のえりや鉛筆をいつも噛んでいます。ピョンピョン飛ぶ常同行動も見られ、ノートや本のはしをずっといじりながらでないと、宿題も音読もできません。

img088

↑ ゲンキ
の大好物・・・

img090

ノートも鉛筆も歯ブラシも、ゲンキが使うものはすぐにボロボロになってしまいます。
どうしたもんかな~と悩んでいますが、おそらく完全にやめることは難しいでしょう。何かを触っていないと、集中できないそうです。

服はえりやひものついていないものを着せるようにし、鉛筆は噛んでいないかチェックして噛み跡があれば注意するようにしていますが、本のはしをいじる癖(あまり目立たない)や歯ブラシをひたすら噛んでいる(歯ブラシは口に入れるものだから・・・まあいいか)のは、大目に見ています。

とにかく、社会的に容認される癖になんとか持っていきたい (+o+)

いじめられないか、変な目で見られないか、つまりはそれにつきます。実際、授業参観で見ていると、ゲンキがずっと鉛筆や服を噛んでいるので、となりの女子がひいているんですよね。マジ、申し訳ない。

本人も意識できるようになれば一番いいのですが、健常児であっても10歳前後までは人の目を気にして行動することは難しいようです。今は私に叱られないか、を基準に行動していますが、それでもまあいいかと思います。大きくなるにつれて、私の目=友人の目=他人の目と、視野が広がっていってくれることを願います。