IMG_0783

応用行動分析学TEACCHプログラムと並んで、発達障害のある子供の療育でよく聞く「トークンシステム」とは、どんなものなのかをご紹介したいと思います。

トークンシステム」「トークン制」とは、簡単に言うと、「〇〇ができたら、ごほうびがあるよ」制度のことです。ごほうびはシールやスタンプ、ダイレクトにおもちゃやお菓子など、要するに物で釣って頑張らせる方法なので、いろいろなご意見があるかと思いますが、トイレトレーニングや歯磨きなどで、幼児期に誰もが一度はやったことがあるのではないでしょうか。

なぜこれが発達障害の子供に有効かと言うと、彼らは「善悪の区別」や「やっていいこと悪いことの区別」がつきにくく、「人の顔色を見て判断する」ことが苦手なため、普通なら幼児期に親に注意されるだけで「これはやっちゃいけないんだな」と何となくわかることが、大きくなってもなかなかわからないためです。

また応用もききにくいので、「お店の物を触りません」と言われてその場では守っても、別のお店に行くとまたやってしまったり、親の認識(お店=どこでも)と子供の認識(お店=ここだけ)にずれがあるため、いつまでたっても平和に過ごすことができません。

そこでこの「トークンシステム」で、「よいこと」の定義を明確にし、「それができたらごほうびがもらえる」ことで、モチベーションを持続することができます。シールやスタンプは目に見えるので、子供にもわかりやすく効果があります。とくにADHDの子供には、とても効果的だと感じます。叱る&褒めるだけでは、なかなか身に付かない場合が多いですが、トークンシステムを取り入れることで、やるべきことが具体的になって、子供も大人もメリハリのついた生活を送ることができます。

現在我が家では、次男ミッキーには「一日誰も叩かなかったら」シールがもらえるトークン表を。長男ゲンキには、「お手伝い一回10円」のお小遣い制を実施しています。

ミッキーのシール表には、所々にアイスクリームやおもちゃの絵が描いてあり、そこまでたどり着くとアイスやおもちゃがもらえるため、がんばっています。

ミッキーの家庭療育は応用行動分析学TEACCHの手法に、トークンシステムを取り入れて、完全に身に付いたら、次の約束事に移行し、問題行動を修正していくようにしています。この前までの約束は「自分も人も噛まない」でしたが、約4ヵ月かかって、自傷行動&噛みつき行為をやめることができました。暴力が収まったら、次は10分座れたら、かな~。

→(「応用行動分析学ってなに?」)(「TEACCHってなに?」)

ゲンキ
は、少し前まで「ガンプラ熱」がMaxだったので、プラモデルを買うお金を貯めるためにがんばっていましたが、今は「ホームズ熱」にかかってしまい、一日中読書をしています。まあ、旦那さんの子だから・・・しかたないんだけどさ・・・図書館で借りた無料の本で満足できるので・・・お手伝いはトーンダウンしています。

(日常的な会話に「無差別殺人事件」とか「密室殺人」とか物騒な単語が入ってきて、私的にはちょっと・・・勘弁してくれよって感じですけど) ( ;∀;)

でも今年の夏休みは、以前に比べて弟たちの面倒を見てくれるようになって、買い物など私一人では大変な場面で非常に助かっています。





子供の好きなシールやシートがあれば、よりモチベーションアップ!できます!キャラクターものは高いんですけどね・・・背に腹は代えられない・・・