IMG_2804

合理的配慮、という言葉を聞いたことはありますか?

合理的配慮とは、障害のある人々が、障害のない人と同じように社会に参加し、人権が保障されるために、それぞれの障害特性に配慮してもらうことです。例えば、目が悪い人がメガネをかけるのと同じように、音過敏の人がイヤーマフを使用する、読み書き障害がある場合はタブレットの使用を許可する、刺激に弱い人は別室で試験を受けられるようにする、などの事例があります。

平成28年4月に施行された「障害者差別解消法」(「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」)によって、役所や教育機関、企業や事業者は、障害がある人に対してできる限りの合理的配慮をするよう求められています。





自閉症スペクトラムの次男を育てていると、このように法律できちんと整備していただけることは、非常にありがたい。発達障害という言葉もかなり浸透してきたおかげで、おそらく一昔前は認めてもらえなかったようなことも、柔軟に対応してもらえるようになってきたと感じます。

ロッカーや席の位置、用意の簡略化、行事への参加方法など、幼稚園でもかなり我が家の要望を取り入れてもらいました。でなければ、参加できなかったでしょう。

とはいえ、まだまだ社会にはバリアがたくさん存在し、障害のあるなし関係なく、生きにくい世の中であることは否めません。車椅子の人がバスに乗車拒否されるとか、女性だからと試験で差別されていたとか聞くと、ため息しか出ません。
うちだって、自閉症で触られるのを嫌がると事前に説明していても、無理強い診察する医師にしょっちゅう出会います。

また合理的配慮も、「できる限り」「負担が重すぎない範囲で」「(事業者に対しては)対応に務めること」という但書があります。もちろん、希望がすべて通るわけではありません。学校だって、他の子の教育にも責任があります。物理的に、経済的に、制度的に、どうにもできないこともあるでしょう。

親側は子供の困りごとを軽減してやりたい、と思いがちですが、学校側は長い目で見て今はこれをがんばらせる必要がある、と考えていることもあります。また成長に伴って、配慮の必要性や対応もどんどん変わっていきます。子供に関わる人間が、今どのようなことで困っていて、そのためにどんな配慮ができるのか、よく話し合う必要があるでしょう。言い過ぎるとモンスターペアレント扱いされてしまいますし、とはいえ、言わなければいけないことはしっかりと伝えなければいけません。

つまりは、内閣府のポスターにもありますが、「合理的配慮」とは、「障害のある人もない人も、互いに、その人らしさを認め合いながら、共に生きる社会をつくることを目指す」(「内閣府」障害者差別解消法ポスターより抜粋)ことなのです。それを忘れずに、よりよい施行を目指して、私達はできることをやっていきたいです。

具体的にどんな配慮ができるか、詳しくまとめられたページもあります。参考にどうぞ→「内閣府