我が家の次男ミッキーには、自閉症スペクトラムとADHDの発達障害があります。

衝動性が強く、とにかく手も足も止められないのが特性で、ひっくり返して投げて逃げて走り回って・・・が日常の光景です。善悪の区別はついてきているのですが、やってはいけないとわかってはいるけれどやってしまう、止められなさが目立ちます。

それが彼の特性なのだと理解した上で、できるだけ根気強く対応していこうと思ってはいますが、やはり我慢にも限界があるというか、一緒に暮らしていると家族のストレスも非常に大きいものがあります。

わざと物を壊して、叱られている最中もニヤニヤふざけていたり、窓の外の刺激に容易に気がそらされて話を聞いてくれなかったりすると、どっと徒労感に襲われます。




ところが、上の本の中で、高機能自閉症で問題行動が止まなかった子に、支援学校で行った、具体的な指導法が紹介されており、「信号に例えて、行動を修正する」くだりにピンときたので、家でも試してみました。

IMG_3118

絵カードを見せながら、
「いいことをしている時は、青信号。そのまま進んでいいです。ちょっと悪い時は、黄色信号。すぐに謝って直せば、青信号に戻れます。物を壊したり、人を叩いてしまった時は、赤信号。それは絶対にやってはいけないことだよ」
と教えました。

すると効果は絶大!

色によるイメージがはっきりついたのか、「今は何色?」と自分から聞き、よい行動をとろうと自制するようになりました。

ミッキーは自閉症よりもADHDの衝動性が強く、カードによる支援は、カードで遊んでしまったり、カードが気になってより話が聞けなくなってしまうのですが、やはり視覚優位なので、絵や文字でイメージをつけさせると効きます。カードにはくどくど描かず、あいさつなら「おはようございます」ひとつだけ、絵もできるだけシンプルにするように気をつけています。

信号は、とてもわかりやすい例えだったようです。

また、これまでも「これはいいけど、これはいけない」と絵に書いて教えていましたが、マルかバツかの二項対立しかなかったのが、「まだ間に合う」「直せる」と、中間の黄色信号の存在は大きいようです。

「うわー」となりそうになっても、引き返せることが増えました。

いきなりすべて直すのは難しいですが、「お茶をこぼしてしまっても、拭けばいいんだよ」と軌道修正できるようになれば、困った時でも、柔軟に対応できるようになれる気がします。やはり自閉の特性で、0か100か、となってしまいがちなので、できるだけ柔軟な考え方を教えてあげたいです。

そして、これまでいたずらやいじわるばかりだったミッキーにも、「青信号になりたい」という気持ちが、ちゃんとあったことに、うれしくなりました。どうすればいいのか、これまでわからなかっただけなのだと思いたい。

登下校中でも、以前は歩くのが嫌になるとすぐにランドセルを投げて逃げてしまって、追いかけるのが大変だったのですが、

「ママと同じ速さで歩けると、青信号。止まってしまうと黄色信号になるけど、また歩きだせば大丈夫だよ。ランドセルを投げるのは、赤信号。それはいけません」
と話すと、ちゃんと歩いてくれるようになりました。

お子さんの問題行動が止まず、どれだけ言って聞かせてもなかなかわかってくれない、わかってはいるけどやめられず困っている方は、ぜひ「信号作戦」、試してみてください。交通ルールが理解できる年齢なら、言って聞かせるよりも、直感的にイメージすることができます。