先日、小学校の学校公開DAYがあり、長男ゲンキと次男ミッキーの様子を見に行ってきました。ゲンキは小学4年生で普通級、ミッキーは小学1年生で支援級在籍です。

公開DAYは、一日を通して参観することができるので、普段はなかなか見ることのできない、休み時間の様子も見学できました。主に、入学したばかりで心配要素満載の、次男ミッキーを中心に見ていたのですが、楽しそうにやっている様子に、ほっとしました。

4、5月はやはり疲れが出たり荒れたりと大変そうでしたが、6月に入って学校の生活にも慣れてきたのか、だいぶ落ち着いてきました。参加できる活動も、増えてきているそうです。

朝の会は交流級と支援級と、両方で参加していたので見比べましたが、やはり交流級は「何やってるかわかんないけど、座ってないといけない」ので、ミッキーは退屈して時々うろうろしていました。まだ一年生なので、日直の子も「何言うんだっけ・・・」という感じで、めっちゃ進行に時間かかるし・・・

img479

人や刺激が多いと、それだけで疲弊していくのが見ていてもわかりました。支援級の先生がついてくれて、何とか居られる感じです。一斉指示は、ほとんど入りません。

支援級では、それなりに指示を聞いて動けているので、これくらいの小集団がちょうどよかったな。支援級に入れて、正解だったと強く感じました。

img480

心配だった休み時間は、始め私にべったりだったミッキーが、途中から走っていき、1人でも遊んでいたので、感動しました ( ;∀;)

自由時間が苦手な人なので、荒れていないか、先生を困らせていないか気が気でなかったので、むしろびっくりですね。(→「自由時間が苦手」)

上級生がすごくかわいがってくれていて、
ミッキーくーん、待て待て~」
と遊んでくれるので、喜んでいました。

ありがたいことだなぁ。本当に。

なんだか、幼稚園では「お荷物」扱いされていたので・・・親子ともにしんどい部分がありました。小学校では、支援級に入れたから「障害がある」とより差別的な目で見られないか心配していましたが、そんなことはありませんでした。

むしろ、少し違う子なんだとわかった上で、それでも面白いねと、かわいがってくれている雰囲気なのです。それだけ構ってもらっているのに、ミッキーはガン無視なんで・・・ホント申し訳無くてたまりませんが、それもツンデレでかわいいらしく・・・

img481

子供って、すごいなぁ。

この環境なら、ミッキーは伸びるだろうなぁ。

ゲンキも、1、2年が大変だったけど、今はずいぶんしっかりしてきたもんなぁ。

いい小学校に巡り会えて、幸せです。地域住民として、できることは協力していかないといけないなと思います。子供たちの教育環境を守るのは、大人の責任なのだから。