我が家の長男ゲンキは、こだわりが強く融通がきかないグレーゾーンBOYです。幼少期は黙々とブロックを組み立てる、砂をほるばかりで、友達よりも物への興味が強かったので心配していましたが、幼稚園、小学校と経るうちに、まあ、それなりに友達とも遊べるようになりました。

→(「一人遊びからの脱却 ぴょんぴょん跳ぶ謎の行動」)

ですが、なかなかやめられないピョンピョン・・・

自閉症スペクトラムの人が跳んだり、手をひらひらさせたり、同じ行動をくり返すことを常同行動といいます。ゲンキも3歳頃から、ピョンピョン跳ぶ常同行動が見られました。

→(「常同行動、常同運動ってなに?」)

カウンセラーの先生に相談したり、通級先でも相談したりしたのですが、「一人遊びの一環ではないか」「そのうち自然と収まる」「無理にやめさせるのはよくない」と言われました。なので様子を見ていたのですが、なかなか収まりません。暇になると始めるので、やることを用意したり、遊びに連れ出したり、あえてトランポリンで跳ばせたりしていました。

→(「トランポリン買っちゃいました」)

5歳で自閉症スペクトラムの診断がついた次男ミッキーには、常同行動は見られませんでした。ミッキーは言葉の遅れがありましたが、その他はクレーン行動があったかな~くらいで、幼少期の様子はゲンキのほうがよっぽど自閉っぽかったです。ゲンキは言葉の遅れはないけれど(喋り方は理屈っぽいけど)、ごっこ遊びはしなかったし(ミッキーはおままごと大好きだった)、手順とかやり方にすごくこだわる子でした。

→(「赤ちゃんの頃の自閉症スペクトラムの症状は?」)

ピョンピョン跳んでいる時のゲンキは、話しかけられても気づかないし、邪魔されると機嫌が悪くなるし、本人なりに必要な行動なんだろうとは思いますが、「大丈夫かいな」と心配していました。

そんなゲンキが、4月から空手を始めました。もともと、私の夢で、男の子が生まれたら武道をやらせたいな~と思っていたのと(だってかっこいいじゃん)、ゲンキはチームプレーよりも、個人競技の方が絶対に向いていると感じていたからです。体幹が弱いのも、姿勢が悪いのも、武道ならば鍛えてもらえそうだと思いました。

「空手、かっこいい」
「転んだ時も、受け身ができたら怪我しにくいし」
「ヒーローみたいだねぇ」

と、折にふれて「空手かっこいい運動」を続けてきたのが功を奏し、ゲンキもやる気になってくれました。いざ始めると、「おもしろい」と言います (^o^)

img490

まだ始めて3ヶ月程ですが、始めは見てられないくらいダメダメだったのが、それなりにさまになって、かっこよく見えます \(^o^)/

そ、そして・・・驚きの効果が!!

そうです。ピョンピョン跳ぶのが、直りました ( ;∀;)

以前は暇になるとピョンピョン跳んでいたのが、今は空手の型や構えをやっています。まあ、部屋の中でいきなり空手の型を始められるのもけっこう迷惑ではありますが、ピョンピョン跳ばれるよりはずいぶんマシです。弟からも、「かっこいい」と尊敬の眼差しを向けられるので、まんざらではない様子。三男ユウキが真似をするのを教えてあげたりと、兄弟のふれあいにもいい感じです。

なかなかやめられなかったピョンピョンは、新しい動きをインプットできたのがよかったようです。まず型を覚える空手は、ちょうどよかったみたい。ちょうど、ゲンキの中でやめられるタイミングと、空手を始めたタイミングが合ったのかもしれません。

自然とやめられる、そう言ってくれた先生方にも感謝です。そう言われ続けても、どうしても「はやくやめてくれないかな」と、思ってしまっていたから。本当だね。大丈夫だったね。心配性の自分を、反省しました。