我が家の次男ミッキーには、自閉症スペクトラムとADHDの発達障害があります。

力の微調整が苦手で、とても不器用です。ゆっくりと成長はしていて、はさみやお箸も使えるようになってきましたが、正しい持ち方や上手な使い方は、まだまだできません (^_^;)

夏休みに、特別支援学校の夏期集中講座に参加してきました。
→(「夏期集中講座への参加」)

保護者向けの講習で、作業療法士の先生から、まさに「力の加減が苦手な子へのアプローチ」に関してお話があったので、ご参考までに。

以前の記事で、「感覚統合」についてまとめているので、「感覚統合?」と聞き慣れない方は、そちらから先に読んでいただくと、よりわかりやすいかと思います。
→(「感覚統合ってなに?」)

私達は、普段から視覚や聴覚、嗅覚、触覚など、さまざまな感覚を使って暮らしています。暑いから上着を脱ごうとか、疲れたから休もうとか、感覚から得た情報をもとに、行動しています。

発達障害があると、この感覚がうまく感じられなかったり(過敏すぎたり鈍かったりする)、感覚と意思がうまくつながらずにどうしていいかわからなかったり、身体を上手に操れなかったりと、うまく行動できません。

こういった感覚のアンバランスからくる発達の偏りをならすために、「感覚統合訓練」があります。療育でよく行われています。トランポリンを跳ばせたり、ブランコでおもいっきり揺らしたり、ボールプールの中で圧迫したりして、足りない刺激を与えることで、感覚の発達を促します。

さて、「力の加減が苦手な子」へのアプローチです。

まず、いきなり細かい作業を練習させても、できません。発達は必ず、大きな動きから小さな動きへと流れます。細かい作業が苦手な子は、まず「大きな動き」「思いっきり力を入れる動き」から練習させる必要があります。

IMG_3388

砂場遊びで例えると、まずは「大きな穴をほる」「大きな山をくずす」など、全身の力を使う動きをたくさんさせます。

IMG_3389

「大きな動き」が上手になってきたら、「泥だんごを作る」「山にトンネルをほる」など、「細かい動き」を少しずつさせていきます。泥だんごは力を入れすぎると壊れてしまうので、よい力加減の練習になります。が、泥だんごを上手に作れるようになるのは、健常の子でも幼稚園の年長さんくらいからです。

ボール遊びでも、同じです。

コントロールが苦手だからといって、いきなりキャッチボールばかりしても上達しません。思いっきり遠くに投げる練習や、大きなボールを投げたり受けたりするところからやらなくては、小さなボールを扱えるようにはなりません。

発達障害があると、友達同士で公園で遊ぶ経験が少ないので、普通なら日常的に遊びの中で鍛えられる部分がスルーされたまま、大きくなってしまいがちです。小学校に入ってから、「体育でやるから、ボール投げができるようにならなくっちゃ」と焦っても、いきなりはできないのです。

やっぱり大事なのは、遊びの中でいろいろな動きをさせなくてはならないということですね。ミッキーも、今は学校でいっぱいいっぱいで、なかなか放課後公園に遊びに行く体力が残らないので、はやく体力がついてたくさん遊べるようになってほしいな~と思います。