我が家の次男ミッキーは、自閉症スペクトラムとADHDの発達障害があります。

知的には境界域で、小学校は特別支援学級の情緒クラスに在籍しています。こだわりはあまりないのですが、衝動性が強く、感覚過敏(大きい音やいきなり触られることが苦手)があり、集団行動は苦手です。

先月、運動会があり、幼稚園の頃とは別人かと思えるほど、他の子に合わせてがんばっていました。

→(「運動会、がんばりました!」)

そして・・・、そう、音楽会です (^_^;)

ミッキーは聴覚過敏なので、そもそも音の渦の中にいるだけでしんどいはずです。完成された音楽ならばまだしも、まだ全然合わない練習中のバラバラの音を聞くのは、さぞつらかろうと思います。

案の定、楽器演奏が始まったくらいから、荒れ模様です・・・

学校では何とかがんばって帰ってくるのですが、帰宅後や週末はひどい有様で・・・とにかく寝かせて、好きなもの食べさせて、ストレス発散のヒーローごっこを気が済むまでやらせて、何とか耐え忍んではいますが、本番まで持つかしら・・・

音楽会練習の間だけでもイヤーマフを使うよう、本人にも伝えましたが、練習で音が聞こえなくなるのは嫌なようで、使ってくれません。



ただ先週、授業参観があり音楽会練習の様子を見てきたのですが、音そのものもつらいけれど、それより合唱も合奏も、途中で何度も止められて「ここはもう少しはっきりと音を切って」などと直しながら進むのがとにかくしんどそうで、途中からすっかり飽きて座り込んでしまっていました。

img019

いったい、今、何をやっているのかがわからない・・・

やっているのに、途中で止められるのが、たまらない・・・

そしてその週末、ちょっとまばたきが増えているように思えて・・・

チックの予感・・・

→(「チックは子供からのSOS?」)(「子どものチックで気をつけること」)

がんばれそうなら様子を見るけれど、チックが出るということは限界を超えているということなので、ちょっと介入します。チックが出てしまうとおそらく1ヶ月ほど続いてしまうので、音楽会本番もつらいでしょう。

音楽会という行事の特性上、音刺激を和らげるのも限度があります。前後の時間は静かな場所で過ごせるようにするなどで、対処するしかありません。また、ミッキーの様子を見ていると、音そのものよりも練習方法へのストレスのほうが大きそうでした。

担任の先生に「細切れの練習がしんどそうなら、通し練習のみ参加させてほしい」と伝えさらに、暇な時間に見て退屈しないよう歌詞カードや、見やすい楽譜を作成。これなら練習中に眺めていても、違和感ありません。

その後、やはりしんどそうということで、全体の合奏が仕上がるまで支援級に抜いてもらい、テープなどに合わせて個別練習をさせてもらえることになりました。

img018

そもそも、ミッキーはトライアングルをやるので、出番もそう多くありません。小節ごとに止めながらの練習だとほとんど出番がないので、飽きてしまうのも仕方ないし、練習になりません。個別練習にしてもらったおかげで、集中できるようになったそうです。

とりあえず、それでややマシになったようでまばたきは悪化していません。あの手この手で、しのぐしかありませんね。

どうにか、無事に音楽会すみますように・・・(T_T)