我が家の次男ミッキーは、自閉症スペクトラムとADHDの発達障害があります。

ものごころつくまえから、衝動性や多動が目立ち、手が出ることが多い人でした。口より先に手が出てしまうし、気に入らないことがあると暴れるし、周りが見えていないので物や人にしょっちゅうぶつかります。

長男はおっとり系で、手が出るなどの問題はなかったのに、次男のはちゃめちゃぶりには・・・本当に苦労してきました。兄弟で気質がちがうとはいえ、こうまで手が出てしまうのは、やはり発達障害の特性が原因だと思います。

ミッキーの他害行動を直したいと、この数年間はひたすら対応を重ねてきました。

IMG_3590

それでも、他害行動は一朝一夕に直りません。

定型発達の子供でも、口より先に手が出てしまうことはよくあります。また普段はおとなしいのに、自分の大切なものを壊されたり、ひどい悪口を言われたりして、手が出てしまうこともあります。

防衛本能、だと思います。
本能なので、矯正するのに時間がかかります。

もちろん、どんな時でも叩いてはいけないと言い続けなければなりませんが、子供の言い分も聞いて「そういう時は、こうすればよかったね」と一緒に解決法を考えていくことが大切です。

普通はそういった周囲の対応を続けることで、理性が育って、徐々に他害行動は収まっていきます。言葉が発達して、言葉で説明できるようになってくると、収まっていく子供がほとんどです。

根気強く、親や保育者が「暴力はいけない」と伝え続けるしかありません。

IMG_3565

ただミッキーは、ADHDの特性から、興奮すると抑えが効かなくなってしまい、自分でもわからない中で手が出てしまうことが、幼少期からよくありました。叱ってもぽかんとしていることも多く、「こうすればよかった」といくら伝えても、記憶がつながらないため経験の蓄積ができませんでした。

ミッキーが変わってきたなと感じたのは、やはりひとつは、衝動性を抑えるため服薬を始めたことです。6歳から「ストラテラ」を飲み始め、少しずつ量を増やして、半年ほど経ったところで「だいぶ落ち着いてきた」と感じました。

→(「衝動性を抑えるADHDの薬3種類」)
→(「ん?ストラテラ、効いてきた?」)
→(「いよいよ、服薬のスタート」)

それまでは常にアクセル全開、ぶっ倒れるまで異常なハイテンションで騒ぎまくるという感じでしたが、なんか普通にまったり過ごせるようになってきたのです。もちろん、ささいなきっかけでスイッチが入ってしまい、ハイテンションになりやすいところはまだまだありますが、通常運転モードが加わっただけで、本人も周りもそうとう楽になりました。

ADHDなどで衝動性が強いため、他害行動が収まらない場合は、主治医と相談の上、服薬も選択肢のひとつだと思います。副作用もある薬なので、慎重にはなるべきですが、身体に合えば、生きづらさを軽減してあげることができます。

通常運転ができるようになると、少しずつ周りが見えるようになってきました。それまでは、友達も家族も、窓の外を流れる景色、くらいにしか感じていなかったと思います。ようやく、自分も景色の中(社会の中)にいる実感が出てきたのでしょう。

「叩いたら、遊んでもらえない」
「暴れたら、みんなと一緒にいられない」

それが理解できてから、自分でも他害行動を抑えようと努力する姿勢が、ちらほら見られるようになってきました。また、幼稚園時代は教室に入りたくないし、列にも並びたくなかったミッキーが、小学校ではみんなと一緒にいたいし、同じことをやりたがるようになりました。その気持ちの変化も、大きいです。

百聞は一見にしかず。これまでどれだけ「叩いてはいけない」と言われてもやめられなかったのが、叩いてしまうと教室から出されるのが堪えたようです。(容赦なく、連れ出してくださいと頼んであります)

「叩いたら、遊んでもらえない」
「暴れたら、みんなと一緒にいられない」

まずは、周りが見えるようになること。そして、誰かと一緒にいたいと思えること。そのためには、手を出してはいけないこと。その発達段階を踏んで、ようやくここまで進んできました。

一年前に比べると、手が出ることは格段に減りました。

今はストラテラの力を借りつつ、どうすれば人と仲良くなれるのか、どうすれば自分も周囲も気持ちよく過ごせるのか、を実体験で学ばせている最中です。叩かなければ楽しく過ごせた経験を、積んでいくしかありません。

社会で生きていくために必要なスキル。

まずは、絶対に暴力はいけないこと。
困った時は、誰かに伝えられること。

叩かずに、言葉で伝えられれば、どんなことも何とかなるのだと、ミッキーには言い続けています。これからも、生きていくために。


お子さんの他害行動で悩んでいらっしゃる方へ。
きっといつか、直ります。直さなければなりません。
すぐには直らないかもしれませんが、思っていたより時間がかかるかもしれませんが、それでも、きっと直ると信じて、粘り強く接してあげてくださいね。