家庭療育

療育と習い事の違い

IMG_1459

「療育」とは、治療教育のことです。

「療育」は障害のある子供に、施されます。とはいえ、持って生まれた障害は治療して治るのではなく、療育によって社会で生きやすくするのが狙いです。

療育というと、歩けない子が訓練するようなイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、ソーシャルスキルトレーニングなど、発達障害があり社会性に課題がある子向けの療育や、自閉症スペクトラムの人向けのティーチと呼ばれるプログラムなど、いろいろな療育があります。

ダウン症や自閉症スペクトラム、ADHDやLDなど、障害のある子ども向けのプログラムには、音楽療法、リトミック、言語療法、感覚統合訓練、ティーチ、応用行動分析など、事業所ごとに特色があり、子どもの発達に合わせてプログラムが組まれます。

(「感覚統合ってなに?」「ティーチってなに?」「応用行動分析ってなに?」)

幼稚園でやっていることと同じような内容をやるのでも、視覚的にわかりやすいような掲示物やプリントの支援があり、先生からの指示も簡単でわかりやすく、教室の動線なども、障害のある子どもがスムーズに参加できるように工夫されています。そして何より、先生の配置が幼稚園などに比べると段違いに多いので、もしも可能なら、発達に心配のあるお子さんは「療育」に通わせてあげるのが一番いいと思います。

療育センターや児童精神科に併設されているリハビリセンターのような場所で受けるものもあれば、民間の発達支援事業所で受けられるセラピーや、放課後デイサービス(小学生以降)もあります。

ただ「療育」に通うためには、発達が遅れているという証明をとらなければいけません。発達検査や病院の診断で、「今この子には療育が必要とされている」と判断されなければ、事業所を紹介してもらえません。また国から補助が出ている「発達支援事業所」に通わせるには「受給者証」を申請しなければならず、それも1ヶ月ほどかかります。

また「療育」も1年間のプログラムが終了したら次がなかったり、また1年待機して順番を待たなければいけなかったりと、継続して続けられないこともあります。

そこで、周りに何とかついていける軽度の発達障害の子は、理解のある「習い事」で代用する手もあります。

→(「発達障害の子どもと習い事」)

「療育」と「習い事」の明確な違いは、やはり「療育」は障害のある子ども向けであるのに対し「習い事」はもっと広く一般に門戸が開かれていることだと思います。ただ最近は「発達障害の子どもに向けた指導」「発達障害が改善する」とうたっている塾や教室もあるので、徐々に民間の事業所でもニーズに対応した動きが出てきています。

ただ・・・民間は・・・お高いんですよね。

国の補助がある事業所は利用者負担が1割なのに対し、民間の習い事系は全額自己負担です。1コマ1万円近くする教室もけっこうあり、まあ扱いにくい子に先生がマンツーでみっちりついてくれるのだから普通の習い事に比べて高いのはしかたないとしても、ずっと続けるのは家計的にしんどいな~と感じます。

どこの家でも同じかもしれませんが、教育費って削りにくいけど、圧迫感ありますよね・・・

よく調べれば、同じような内容のサービスを公費で受けられる場合があるかもしれないので、自治体や発達障害支援団体などに問い合わせてみるのもおすすめです。

我が家では次男に「療育」を、長男に「習い事」をさせた経験から、どちらでも子どもにいい効果があるのは間違いないと思います。次男は3歳で「感覚統合訓練」を、長男は5歳で「体操教室」に通わせましたが、集中力が続かない、体の動かし方がうまくわからないような特性がある子は、体の使い方を教えてあげることで、集中力がついた、落ち着きが出てきた、体幹がしっかりしてきた、物にぶつからずに歩けるようになった(物との距離感がつかめるようになる)、などのいい効果があります。

とくに幼児期は、体の使い方を教えてあげることが重要だと思いました。
体操やスイミング、友だちと走り回って遊ぶことが、大切な時期です。

まずはその体の基礎ができてから、言葉が増えた、友だちと遊べるようになったという社会性がついてきます。いきなり言葉や文字を教えても、基礎ができていなければまったく意味がないのと同じように、遠回りに見えてもまずは基礎づくりをしっかりやることで、後にぐんと伸びていきます。これは学習面でも、同じだと思います。

上手にできなくても、他の子より習得に時間がかかっても、座って待てて先生の指示を聞いて動けるなら、普通の「習い事」でもやっていけます。
まだじっと座っていられない、指示を聞き取れないようなら、まずは「療育」でしっかりと基礎づくりをして、様子を見て「習い事」を併用する、移行させていくというのが現実的でしょうか。

IMG_1491

また長男ゲンキのように、とにかく組み立てるのが大好きとか、図鑑を全部覚えちゃうとかオタク臭が強くて、なんか友だちとうまくいかない子も、プログラミング教室とかロボット教室のような場所だったら、似たような子と出会えて共鳴できるのかもしれません。小学校に入ると、得意不得意、好き嫌いがはっきりしてくるので、子どもがやりたいことをさせてあげたらいいと思います。

習い事にも、2種類あると思います。学習塾のような「現実の補完タイプ」と、ピアノやサッカーのように「一芸・未来への投資タイプ」。学習塾も、早期受験を目的としたような進学系は「未来への投資タイプ」に入るでしょうか。

「療育」はどうしても、社会への適合を目指しているので「補完タイプ」になります。子どもの困り感は確実に軽減するので、コミュニケーションで問題があったり、数字や文字が苦手な子などは、「療育」で適切な指導を受けさせてあげてほしいと思います。

反面、発達障害のある子に多いんですが、好きなことには異常に集中して、高い能力を発揮するタイプがいます。こだわりがいい方向にはまれば、才能開花することも。そういうタイプの子には、あえて高度な「一芸・未来への投資タイプ」の習い事で、興味をとことん満足させてあげる経験も、必要なのかもしれないと思います。

発達に凸凹がある子どもには、そんな「補完タイプ」と「投資タイプ」をうまく組み合わせて、その子の苦手と得意、特性や性格にあった環境を用意してあげれば、伸びていくことができます。

今、その子がどんなものを必要としていて、それには「療育」がいいのか、「習い事」がいいのか、家庭で親が教えてあげたほうがいいのか、外部の教室に通ったほうがいいのか、見極めて一番いい形にしてあげたいですね。

発達障害の子どもと習い事


子育て中に気になる、「習い事」。

いつから?どんなものを?何が一番役に立つ?
最近は幼児教育、早期教育ブームで小さな子供向けの教室も多く、友だちが始めた・・・幼稚園のみんな習っている・・・とか聞くと、焦ってしまいますよね。

幼稚園か保育園かでも温度差はあるのでしょうが、私の周りの人では幼稚園に入ると何か1つはやっているという感じです。(私立幼稚園だともっと多いかな)
小学生になると、2~3つくらいが平均。(スイミングや英語、進研ゼミなどがトップ3に入ります)平日は連日習い事、という子も珍しくありません。

男の子に多いのは、スイミング、体操、サッカーや野球などの運動系。

幼児期にいろいろな体の動きを身に着けておくと、その後の発達にいいと言われます。でもまあ、コーチの指示が理解できて、見た動きを体で再現できるようになるには個人差もあるので、お子さんの様子を見ながら、今その子に必要そうで楽しめそうなものを探してあげるといいかと思います。

女の子はやっぱり、ピアノやバレエというお稽古系。

友だちがやっているから、友だちと一緒の教室に入りたいから、という理由も大きいようです。

3歳から英語通わせている人も、けっこういますね。う~ん、個人的には、幼児の間は NHK 「えいごであそぼう」見せてるくらいでちょうどいいんじゃね?って思いますが。
幼児期に2000時間インプットしたら、英語が喋れるようになる(絶対音感がつく)とか聞いても、本当に?って思っちゃいませんか。真面目で課題に一生懸命取り組む子なら、身につくのかもしれませんが、じっとしていられない集中力の続かない子には、しんどいんじゃないかな~と思います。

意外と、小学生くらいになってからのほうが吸収が早いし、親に言われてやっているよりも自分がしたくてやっていることは、びっくりするほど集中してぐんぐん伸びるので、普段の生活でいろいろな刺激に触れさせて、子どもの向き不向きがわかってから、親子で納得できる、しっかりとした教室を探してあげるのが、いいように思います。

発達障害があると(程度にもよりますが)、習い事は難しい場合があります。

とくにじっとしていられない、多動のお子さん。スイミングや体操では、安全面から断られることがほとんどだと思います。障害児スイミングの枠があるところも、肢体不自由のお子さんだったり、療育手帳を持っている重度のお子さんがメインになることが多く、内容も水慣れレベルで、きちんと泳ぎを教えてもらいたい場合は物足りなかったり・・・軽度の発達障害の子どもの受け入れ先って意外とないな~と感じます。

公文や幼児教室のようなところも、じっとできない子は難しいと思います。先生がマンツーでつけるところはいいですが、そうでないと他のお子さんへ迷惑をかけたり授業そのものが成り立たなかったり・・・

こだわりが強かったり、慣れない場所では不安が強かったり、ささいなことでパニックを起こしてしまったり、先生の指示が聞き取れない発達障害のある子どもは、集団で学ぶのは難しいかもしれません。

我が家の長男ゲンキも、こだわりが強く不注意が激しいグレーゾーンBOY。運動が苦手(というか興味がない)で、読書やブロック、工作が大好きという人でした。友だちにもあまり興味を示さず、これはあかんと思い、幼稚園で近所の体操教室に入れました。

img325

通い始めは見た動きをそのままマネできず、なんか一人ムーブメントが変でした。どうすればあんな風に体を動かせるのか、皆目検討がつきませんって顔で、困っていましたね。先生の指示もボーとして聞いていないので、できるはずがありません。

img322

しかも課題の途中でもいきなりピョンピョン跳び出したりして・・・一人3周ノルマのところ、半分できていればいいほうで、まじ月謝がもったいない・・・とヤキモキして見ていましたが、1年半ほど続けた年長さんの終わり頃、ようやく跳び箱やマット運動のコツがわかったらしく、急にできるようになりました。なわとびも、体操教室に通っていなければできるようにならなかったと思います。

ゲンキはボーとする不注意タイプで、他害や暴力的な行動がなかったので普通の教室でやっていけました。興味がないことにはまったく食指が動きませんが、やってちょうだいと言われた課題は真面目にやろうとするので、あえて習わせてよかったです。家で教えようとしてものってこないので、先生から教えてもらうほうが本人もやる気がでる感じ。またできないから興味がなかったのが、少しできるようになると本人も積極的になり、友だちの輪にも入るようになりました。幼児から小学生の頃、とくに男の子は、運動能力が社会性に直結するように感じます。

ゲンキは習得するまで人より時間がかかるので、就学前に体育でやりそうな動きを一通り習わせておいたおかげで、小学校でも落ちこぼれずに何とかついていけています。

次男ミッキーは多動・衝動性が強く、他害や破壊行為が激しいので、ちょっと普通の教室は無理だろうと思います。療育センターでの感覚統合訓練が終わってしまったので、水泳とか体操とか、何か体を使わせる訓練をやらせたいのですが・・・

→(「感覚統合ってなに?」)

小学校に入って、もう少し衝動性が落ち着いて指示を聞けるようになったら、考えてみたいです。

障害がある子ども向けには「療育」というものがあります。

ただ「療育」を受けるには、いろいろと手続き的なことがいるし、空きがないので1年待ちとかも多いし、すぐに受けられるとは限りません。

そこでゲンキのようにグレーゾーンで、ギリギリなんとかみんなについていける軽度の子は、習い事で代用するのもありだと思います。とくにYMCAは発達障害に理解があり、研修をきちんと行っているので、グレーゾーンの子に人気があります。

ただ相性は大事というか、合わない習い事に親のエゴで入れてしまうと、これは健常の子でもよくありますが、無理がたたって子どもが体調を崩してしまったり、チックが出てしまったりと、悪い影響が出ることもあるので、教室選びは慎重にしましょう。体験入会があれば、必ず事前に相性を確認してから決めたほうがいいと思います。

いろいろな習い事や教室があるかと思いますが、一番大切なポイントは「ほめて伸ばす」こと。発達障害が疑われる子には、スパルタや根性論は向きません。大きな叱り声や無理な指導に、パニックを起こしてしまう子も多いです。どんな教室でも、優しく、子どもに合わせて待ってくれる指導者を選ぶことをおすすめします。ゲンキの体操教室も、明るく元気なコーチが気前よく褒めてくれ、「今日の準備運動はAKBエアロビクスですから、お母さん方も一緒にどうぞ!」とか誘ってくれるので、とても雰囲気がよかったです。

こだわりが強い、一斉指示が入りにくい、いくつも指示を出されると混乱してできなくなる、できないとパニックを起こす、母子分離できないなど、気になる部分があれば必ず事前に先生に伝えることをおすすめします。発達障害が・・・と言うよりは、「こんなことが苦手だ」「こんな時は、こういう対応をしてほしい」のように、具体的にお願いするほうが先生も動きやすいと思います。一人だけ特別扱いはできなくても、少し気にかけてもらえるだけで全然違います。

幼児期には、いろいろな子がいます。
お母さんから離れられなくてずっと泣いている子もいれば、いつまでたってもテストに合格できない子もいるし、ゲンキのようにボーとして何もできない子もいます。ゲンキの通っていた体操教室も、4月は泣いている子続出でした。それでもコーチは「大丈夫大丈夫!」と太っ腹にどんな子も受け入れて丁寧に指導をしてくれました。「ほめられる」からがんばれて、「できた」から楽しいんですね。それを続けることで、本当にいきなり蛹から蝶になる瞬間がきます。必ず、きます。

子どもの可能性を信じて、子どもが楽しんでできる習い事を、探してあげたいなと思います。

もし安全面や体力面から今は難しくても、もしかしたら数年後にはまったく問題なく、やれるかもしれません。子どもに合わせて、その時を待ってあげればいいと思います。

信号に例えて伝えてみる


我が家の次男ミッキーには、自閉症スペクトラムとADHDの発達障害があります。

衝動性が強く、とにかく手も足も止められないのが特性で、ひっくり返して投げて逃げて走り回って・・・が日常の光景です。善悪の区別はついてきているのですが、やってはいけないとわかってはいるけれどやってしまう、止められなさが目立ちます。

それが彼の特性なのだと理解した上で、できるだけ根気強く対応していこうと思ってはいますが、やはり我慢にも限界があるというか、一緒に暮らしていると家族のストレスも非常に大きいものがあります。

わざと物を壊して、叱られている最中もニヤニヤふざけていたり、窓の外の刺激に容易に気がそらされて話を聞いてくれなかったりすると、どっと徒労感に襲われます。




ところが、上の本の中で、高機能自閉症で問題行動が止まなかった子に、支援学校で行った、具体的な指導法が紹介されており、「信号に例えて、行動を修正する」くだりにピンときたので、家でも試してみました。

IMG_3118

絵カードを見せながら、
「いいことをしている時は、青信号。そのまま進んでいいです。ちょっと悪い時は、黄色信号。すぐに謝って直せば、青信号に戻れます。物を壊したり、人を叩いてしまった時は、赤信号。それは絶対にやってはいけないことだよ」
と教えました。

すると効果は絶大!

色によるイメージがはっきりついたのか、「今は何色?」と自分から聞き、よい行動をとろうと自制するようになりました。

ミッキーは自閉症よりもADHDの衝動性が強く、カードによる支援は、カードで遊んでしまったり、カードが気になってより話が聞けなくなってしまうのですが、やはり視覚優位なので、絵や文字でイメージをつけさせると効きます。カードにはくどくど描かず、あいさつなら「おはようございます」ひとつだけ、絵もできるだけシンプルにするように気をつけています。

信号は、とてもわかりやすい例えだったようです。

また、これまでも「これはいいけど、これはいけない」と絵に書いて教えていましたが、マルかバツかの二項対立しかなかったのが、「まだ間に合う」「直せる」と、中間の黄色信号の存在は大きいようです。

「うわー」となりそうになっても、引き返せることが増えました。

いきなりすべて直すのは難しいですが、「お茶をこぼしてしまっても、拭けばいいんだよ」と軌道修正できるようになれば、困った時でも、柔軟に対応できるようになれる気がします。やはり自閉の特性で、0か100か、となってしまいがちなので、できるだけ柔軟な考え方を教えてあげたいです。

そして、これまでいたずらやいじわるばかりだったミッキーにも、「青信号になりたい」という気持ちが、ちゃんとあったことに、うれしくなりました。どうすればいいのか、これまでわからなかっただけなのだと思いたい。

登下校中でも、以前は歩くのが嫌になるとすぐにランドセルを投げて逃げてしまって、追いかけるのが大変だったのですが、

「ママと同じ速さで歩けると、青信号。止まってしまうと黄色信号になるけど、また歩きだせば大丈夫だよ。ランドセルを投げるのは、赤信号。それはいけません」
と話すと、ちゃんと歩いてくれるようになりました。

お子さんの問題行動が止まず、どれだけ言って聞かせてもなかなかわかってくれない、わかってはいるけどやめられず困っている方は、ぜひ「信号作戦」、試してみてください。交通ルールが理解できる年齢なら、言って聞かせるよりも、直感的にイメージすることができます。

間違いが許せない子には、タブレット学習がおすすめ!

我が家の次男ミッキーは、自閉症スペクトラムとADHDの発達障害があります。

小学校の特別支援学級へ入学したばかりの、1年生です。
知的には境界~標準域。聞く力が弱く、短期記憶も弱いため、授業は個別の方がいいと思い、支援級を選びました。やり方を工夫すれば、基礎学力は遅れずにやっていけそうです。

ただ、自閉症スペクトラムのこだわりから、間違えること、直されること、が受け入れられません。

絵を描いていても、ちょっと失敗したら癇癪を起こすし、せっかく描けても紙がくしゃっとなってしまうだけで癇癪を起こすし、「もうちょっとこう描いたら?」と横から手を出そうものなら、怒り狂って暴れます (-_-;)

これから宿題も始まるし、家庭学習をどうしようか悩み、業界一番人気のチャレンジタブレットを、始めました。→(「我が家の通信家庭学習事情」)

するとびっくり、タブレット、いいですね。

 公式サイト 進研ゼミ小学講座

字の書き順やとめはねも厳しく、私だったら丸にしてそうな(アバウトな性格なんで)答えでも、不正解になります。でもゲーム感覚だからか、かわいいキャラクターから指摘されるからか、間違っても怒りません。

IMG_2929

「ブー。ざんねん!」
と言われても、あのミッキー
「あー。コラショ(チャレンジのキャラ)、きびしいな~」
とニコニコしながら、受け入れている姿に感激!!

IMG_2930

自動採点ですぐに正誤がわかることも、気持ちが切り替えやすいのかなと思います。タブレットにしてよかった。きっとテキストスタイルだと、やった終わった!という気分でいるのに、後で丸付けをされて(しかも親に)、やったはずなのにもう一回やれと言われ、キレているでしょう。

100点になるまでやり直せる解き直し機能も、がんばって100点にすると、映像やゲームアプリが開けるご褒美機能も、ミッキーのやる気をぐんと引き上げています。どうしても一人ではできない時に「手伝って」と言えるようになったし、難しい問題を横から一緒にやっても、怒らなくなりました。そこまで、コラショのゲームがやりたいのか・・・すごいね、今どきの勉強って。

よくLD(学習障害)で、読み書きに苦手がある子にタブレットがおすすめされていますが、こだわりの強い自閉症スペクトラム児にも、衝動性が強いADHD児にも、タブレット学習はおすすめだと感じます。間違いが許せない、すぐに正誤を知りたい、そんな子供の気持ちを、ずっと楽にしてくれます。
これからも、楽しく続けていきたいです \(^o^)/

呼び名の変更

我が家の長男ゲンキは、こだわりの強いグレーゾーンBOY。

研究者肌というか、興味のあることには没頭するけれど、生活の細かいところができない(やる気がない)人です。

記憶力は異常にいいのですが、人の名前や顔を覚えるのは苦手。

覚え方も独特で、1年生の頃はなぜか友人をフルネームで呼ぶくせがぬけず、公園でみんなあっという間にあだ名で呼び合っている中、頑なに
「丸田丸雄くん」
「角山角美さん」
と、教室呼びをしていました。
「それ、変じゃない?」
と私が突っ込み続けて、仲の良い子を下の名前で呼べるようになるまで、1年以上かかりました。

そして今でも、あだ名では絶対に呼びません。
なぜか、嫌みたい (^_^;)

さあ、そんなゲンキの次の課題。
それは、自分の呼び名を変えること。

じつは、9歳にもなって、ゲンキは自分のことを「ゲンくん」と呼んでいます。

ゲンくん、カレーが食べたい」
「これはゲンくんの」
ゲンくんは、ドラえもんが見たい」
img461

まあ、ミッキーユウキも自分のことを名前呼びしていますが、やっぱり小学校低学年までだよな~という気がします。いよいよ4月から、高学年の仲間入りをするとあって、そろそろ直したほうがいいんじゃない?ということを、実は半年前からやんわり伝えているのですが、まったく直る気配がない。

う~ん。
気持ちはわかる。

私も、自分のことをずっと「ちゃんづけ」で呼んでいて、たしか1年生か2年生だったと思いますが、「わたし」と呼ぼうと決めて、それでもなかなか言えず、どうにか自分のことを呼ばずにすむよう話したり、そこだけ小さな声になったり、苦労した思い出があります。でも1週間も呼ぶと慣れるし、済んでしまえば一体何がそんなに恥ずかしかったのだろうと不思議ですが、あの大人になるような、自分が自分でなくなるような、独特な感覚は覚えがあります。

自分で「呼び名を変えよう!」と思えなければ、変われないのかもしれません。周囲の目を意識する、自我の芽生えと関係している気がします。だから、本来であれば、親が介入するべきではないのかもしれません。

でもなんか、放っといたらゲンキは、中学生になっても自分のことを「ゲンくん」って呼んでそうな気もして・・・女の子だったらありかもしれないけれど、やっぱり大きい男の子が自分のことを「くんづけ」で呼んでいたら、ちょっと変な気がします。今直せたら、誰も気にしないだろうけど、この先も名前呼びが抜けなかったら、奇異な目で見られてしまうのではないか。

心配性と罵られても。
どっからいじめられるか、わかんないし。

春休み、ゲンキが「ゲンくんは」と言うたびに「ぼくは」と言い直しさせています。1週間経ちましたが、まったく直りません (^_^;)

まあ、気長にね。
一度ついた習慣を直すのは、とても時間のかかる人だから。
友達の呼び名のように、1年続けたらできるようになるかもしれない。
少なくとも、中学生までには、一人称で呼べるようになりますように。

profile

筆者:nontan
男の子3人を育てています。
長男ゲンキ(2009年生)
こだわりの強いグレーゾーンBOY
+アトピー&卵アレルギー

次男ミッキー(2012年生)
ASD+ADHDのハイブリッドBOY
+ぜんそく&卵エビカニアレルギー

三男ユウキ(2015年生)
今のところ普通に見えるけれど…アレルギーなし

出産前は書店勤務&JPIC読書アドバイザーとして活動していました。子育てが一段落したら、読み聞かせ活動を再開したいです!
はじめての方は、こちらの記事をまずお読みください。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
↑参加しています。よければ応援お願いします。