アトピー

アトピーっ子にどうやってセルフケアを教えるか・・・

 
我が家の長男ゲンキは、アレルギー体質でアトピー持ちです。小さい頃に比べると、年々肌は丈夫になってきて、卵も食べられるようになりました。それでも、乾燥シーズン(10~3月)は、目のまわりや耳元、口のまわりやが赤くなってきます。手の甲やひじやひざの内側も、乾燥して湿疹が出やすい部分です。

かかずにすぐ薬を塗るように指示していますが、なかなか守れません。
ADD(注意欠陥障害)気味の人なので、薬を塗ることを思い出せないんですね。つい無意識にかいてしまい、ボロボロになってしまいます。かきあとができてしまうと、すこしきつい薬を塗らないと治りません。毎日朝晩、それ以外にもかいているところを発見しだい、私が保湿剤を塗りたくっていますが、そうやって治して治してようやくきれいな肌色にもどってきたと思ったら、夜のうちにかいてしまい、一晩でまた真っ赤にもどったりします・・・( ;∀;)

img097

学校にもワセリンを入れた小さな容器を持たせていますが、しょっちゅう失くします。名前も書いていて、お道具箱に入れて使うように指示していますが、なぜか失くします・・・時々出てきて、ワセリン容器でいっぱいになっていたりもします・・・

アトピーは、セルフケアができなければ完治は難しいのではないでしょうか。とくに学齢期になると、親から離れて活動することも多いので、どれだけ自己管理できるかにかかっています。

お風呂上がりの保湿は、小学校入学を機に自分でやらせるようにしているのですが、穴がありまくりで、なかなか隅々までしっとりと・・・はできません。湿疹が目立つようになってきたら、1週間ほど私が集中的に保湿するとよくなります。あとは爪が伸びていると、かいた時に傷が深くなるのでこまめに切ります。爪は毎週日曜日に切ることにしており、日にちを決めてからは自分できちんと切れるようになりました。(3人いると、せーので切らないと誰がいつ切ったか全然わからなくなる)耳掃除は、月初めの日曜日にせーのでしています。この日は、修羅場です ( ;∀;)

私が出産で1週間入院していると、ゲンキの肌はボロボロ・・・
旦那さんも気がつかない人なので、保湿を忘れたり、どの薬をどこに塗ればいいのかわからなかったり(ちゃんと容器に書いていったんですけどね)、爪も伸び放題だったり・・・毎日のケアの大切さを痛感します。

とにかく、まめにローションで保湿。かゆい所には、ワセリンやメンタムを場所によって塗り分け、傷ができたらステロイド剤を早めに塗って、かきむしる前に治します。この絶妙なさじ加減・・・はやく自分でできるようになってほしい \(^_^)/

子供の手にいぼ!?ウイルス性?取ったほうがいいの?

水いぼに引き続き、いぼのお話です。

長男ゲンキが4歳頃、手にいぼがたくさんできてしまいました。こんな感じ。

img192

痛みはなく、出血もなく、一時的に広がりましたが、その後は減ることも増えることもなく、ただ手がでこぼこなだけ・・・という状態でしたが、それが1年以上続いたので皮膚科を受診すると

「あ~、ウイルス性のいぼやね。放っておいていいよ」
「あの、取ったりしなくていいんですか?」
「取りたいなら取れるけど、液体窒素だから、痛いよ」
(これを聞いて、ゲンキがすでに逃げ腰)
「取らなくても、自然に治るものなんですか?」
「子供さんは、割と治りやすいね。大人は治りにくいから取ることもあるけど、逆に、取っても免疫ができてないとまたできるから、自然に治るのを待つほうがいいよ」
と言われ、ゲンキ
「いい、いい。取らなくていい!」
と猛主張するので (;´д`)、取らずに帰宅。その後もけっこう長く残っていましたが、ある日見たら、失くなっていました。すごい。いつのまに??

次男ミッキーも、3歳頃に手首にいぼがあるのを発見。
この時は大きめのいぼが一個だけで、他には広がらず、それも半年ほどで自然に治りました。ただこの時のいぼがうつったのかどうかわかりませんが、旦那さんの手にもいぼができ、それはまだ治っていません。まあ、痛くもないなら、別に困らないんじゃない?って感じで、放置しています。

img193

手指にできやすいのが、尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)というウイルス性のいぼで、擦り傷や切り傷からウイルスが感染することからできます。固くて丸いいぼで、皮膚が盛り上がってできた感じは魚の目やタコと似ていますが、いぼの中に黒い点々が見える、ひっかくと血がにじむ、などが違います。

魚の目とタコは、足の裏などの摩擦や圧迫を受ける部分にできやすく、いぼとは違って、摩擦で角質が盛り上がってできたものです。魚の目は芯があり、圧がかかると痛むという特徴があります。魚の目とタコはうつることはなく、角質を取り除くと治ります。

尋常性疣贅かどうかは、皮膚科で診てもらいましょう。治療は、液体窒素で取るというのが主流のようですが、やっぱり痛いので子供は嫌がりますね。爪の近くにできてしまって、爪の形が変形してしまう。顔など、目立つ部分にできている。ような場合を除いて、「放っておいていい」と言われることが多いです。

ゲンキの従妹も、7歳くらいの時に手にいぼがたくさんできて皮膚科に行きましたが「取らなくていい」と言われて、放置療法でした。女の子なので跡が残らないかと姉は心配していましたが、「痛い」と聞くと「嫌だ」と答えるのが、子供の常。やはり、無理やり取るほどでもないかと諦めていました。その後ちゃんと、きれいに治りましたよ!

よくよく思うんですけど、ほとんどの病気って、意外と勝手に治るんですよね。人間の自然治癒力って、すごいです。とくに子供は、回復力&自然治癒力が大人の比ではありません。あ、でも幼稚園で一度「これは、うつらないのか??」と突っ込まれたので、「皮膚科で診てもらって、このままでいいと言われました」と答えられるように、病院にかかっておく必要はあるかな~と思います。

一度皮膚科で診てもらって、「取らなくていい」と言われたら数年かかっても放っておきましょう。
そのうち、治ります。

アトピーの子は水いぼが長引く!取ったほうがいいの?

夏のプール時期になると、気になる「水いぼ」!!

心配ですよね。うつるし。

水いぼは、取るべきか取らざるべきか

これは皮膚科によっても違いますが、最近は「取らない」方針の病院が増えてきました。放っておいても勝手に治るからです。跡が残ることもないし(引っかいたり、何度も取ると跡が残ることも)、痒みもないし(治りかけ時に痒みが出ることも)、うつりやすい以外にこれといって困った症状のない疾患だからです。逆に「取らないと!」と言われたら、ちょっと考えの古い先生なのだと思ったほうがいいです。

水いぼは、皮膚にウイルスがつくことでできます。真ん中に白い芯があり、それが身体に付くとうつります。よくプールでうつると言われますが、水を介してうつることはないそうです。ビート版や腕輪型の浮輪、タオルを使い回すことが、うつる原因のようです。始めは数カ所だった水いぼが、あっという間に背中に広がっていくと、これ以上ひどくならないようにピンセットで取ったほうがいいのかと思いますが、一度取っても、身体の中でウイルスに対する免疫ができていないと、またすぐにできます。要するに、泣いて暴れる子を押さえつけて取っても、あまり意味がないんですね。怖い思いをさせるだけ、デメリットのほうが大きいかも。

BUT、スイミングなどが「水いぼのある子供は入れません」という方針だと、取らないといけないのかな~と思いますよね。幼稚園や保育園も「水いぼNG」、取ってくるように指導される園もあるようです。

水いぼは大体、2、3ヶ月~半年ほどで自然に治ると言われていますが、アトピーで肌の弱い子は長引く傾向があります。我が家でも、アトピーな長男ゲンキは、なんと1年以上かかりました。1年半くらい、残ってた気がします。2年は、かからなかったって感じ?その間、ずっとプールに入れないとちょっと困りました。彼はもともと肌が弱いので、水いぼも大きい&広範囲でけっこう目立ったので、ちょっとこの人プールに連れていったら感じ悪いよな~という感じでした。

img189

でも、取りませんでした。その時に受診した皮膚科が、「取らんでいい。かわいそうや」と言う先生だったので、私もそれを信じて治るのを待ちました。2歳から始めたベビースイミングでうつったっぽいんですが、引っ越しを機にスイミングもやめたので、幼稚園までに治ればいいやと気を大きく持てたのも幸いでした。最後の方、急にカサカサしてきてかさぶたになったと思ったら、剥がれてきれいに治りました。よかったよかった。でも長かった。

次男ミッキーが水いぼになったのも、2歳半頃。ゲンキにつき合って、プール通いをしていて発症しました。夏休みに短期のベビースイミングに行かせたかったので、どうしようかな~と悩んでいたら、夏直前にきれいに治りました(*´∀`*) 水いぼ期間は、ゲンキより短くて4ヵ月ほど。

img190

でも、ミッキーの水いぼは取ったんですよ。実は、私が・・・

ミッキーは水いぼをすごく痒がって、ちょうど腕の部分で手が届くせいもあって、かきむしってしまって血がにじんでいたので、決行しました。でもこの多動の人、皮膚科で取るのは不可能だと判断(旦那さんも同意見)、昼寝の間に少しずつ取る作戦でうまくいきました!!

やり方→ランニングで昼寝をさせ、深く寝入ったところをピンセットで少しずつつまんで取ります。ピンセットと取る箇所&取った後は、マキロンで厳重に消毒。続けて取ると起きてしまうので、一回の昼寝で4、5個が限界でしたが、それでも1週間できれいに治りました。たぶん、治りかけで痒がったのもあると思います。大きい水いぼを取って治り始めると、周りの小さい水いぼも、一緒にどんどん治っていきました。子供の精神的にも、自宅で取るほうがどんなけ楽かと思います。

ご参考までに→真ん中の白い芯を、取り残さないことがコツです。動くとピンセットで他の部分を傷つけてしまうので、水いぼ部分だけを瞬時に取り去る必要があります。思い切りの良さも、大事ですね。何度か、つまみ方を練習してから本番に臨むといいかと思います。耳かきもそうですが、一瞬で的確に、問題個所を取りきる技術が要りますので、心配な方はやっぱり病院で取ってもらいましょう。
(水いぼ治療はイソジンを塗るとかいろいろ言われていますが、化膿しないようちゃんと消毒すれば、たぶん家で取ってもOK系。でももしひどくなったら、すぐに皮膚科に行きましょうね)



ピンセットより、毛抜きのほうが取りやすいです。やや幅広の持ちやすいもので、一気に取りました。

三男ユウキミッキーの水いぼがうつったようで、生後3ヵ月頃から耳や頭の中に小さなポツポツができました。

img191

水いぼは腕や背中にできやすく、顔や頭部にはあまりできないようですが、タオルで拭いちゃったのかな~??ごめんよ。

でもそれ以上広がることなく、半年ほどで自然に消失しました。もっとも、楽でしたね。これで免疫ができてもうできないんなら、新生児期にうつしてもらうほうが、プールの時期にどうこうって慌てるよりもよっぽどいいです。



水いぼ治療や予防接種、当たり前とされている医療を疑って、本当に必要かどうかを問いかけるシリーズです。過剰医療を減らし、一番子供のためになる医療を、考えてみませんか?

アトピーと食物アレルギー

アトピーだと思っていたら、食物アレルギーによる湿疹だったということ、よくあります。アレルギー体質の子は、一つ当てはまると他のものも当てはまりやすく、芋づる式にずるずるとあれもこれも・・・と出てきます。

我が家の長男ゲンキも、新生児の頃から湿疹がひどく、健診では「乳児湿疹だから様子を見ましょう」と言われ続けましたが、結局3歳頃まで湿疹に悩まされました。(現在は冬場のみ乾燥湿疹がでます)

img100

旦那さんが同じように肌が弱く、卵も3歳まで食べられなかったと聞いていたので、離乳食でも用心していたのですが、7ヵ月頃に卵の黄身をあげてもOKだったので、あまり心配していなかったんですね。すごくよく食べる子で、離乳食はなんでもバクバク食べていました。

が、やっぱり湿疹はひどいまま。薬で治しても、またすぐに別のところに湿疹ができるというイタチレースで、ほとほと困り果てていました。そんな時、友人の子供が卵アレルギーという話を聞いて、もしかしたら・・・と思って、離乳食であげたものと湿疹が出るタイミングをメモにとってみたんです。

そうすると、見事に卵を食べた翌日に湿疹が出ていることが判明し ( TДT)ゴメンヨー となりました。卵そのものでなくても、ちくわやはんぺんなど、つなぎに使ってある練り物系もダメでした。

食べてすぐに反応が出る場合と、数時間後や翌日に反応が出る場合があるようです。ゲンキは後者だったため、気が付かなかったんですね。母乳にも混じっているかもしれない・・・と私も卵断ちすると、湿疹は激減しました。本当に、もっと早く気づいてあげればよかった。ごめんなさい。

1歳過ぎに血液検査をし、卵白アレルギーのIgEレベルは重めの4判定でした。卵黄でレベル2。3人の中でも、つなぎに使ってあるだけでもダメだったのはゲンキだけで、ミッキーはつなぎ物はOK(IgEレベル1)。ユウキは卵大好きで、もりもり食べています。でもミッキーは血液検査では出なかったのですが、エビとカニも食べると湿疹が出ます。シーフードミックスのエビくらいなら大丈夫なのですが、お寿司やエビフライはダメです。1歳のお正月にカニ鍋をモリモリ食べてしまい(欲しがるからとあげたのが悪かった)、翌日大変なことになりました ( ;∀;)

湿疹がひどい赤ちゃんの場合、食べるものや着るものなど、思い当たるものをすべてチェックしてみるといいかと思います。とくに食物アレルギーや肌の体質は遺伝するので、近親者の既往歴を確認しておきましょう。うちは、旦那さんが卵アレルギー、私の姉がエビ・カニアレルギー持ちでした。

原因物質を除去することで、湿疹が減ったら助かりますね!強い薬はすぐに治るけれど、やっぱり副作用が心配です。できるなら使わずに、普段の生活の見直しで、治してあげたいです (o^―^o)

新生児のひどい湿疹は跡が残ることも!?

我が家の次男ミッキーも、長男ゲンキや旦那さんと同じで肌が弱い体質でした。新生児の頃はゲンキよりも湿疹がひどく、「これはアトピーだ・・・」と私も落ち込みながら世話をしていたのですが、1歳をすぎて乳児湿疹がおさまってくると、もちもち色白肌になりました。

現在、ゲンキは乾燥肌で目の周りや耳元、口の周りがすぐに荒れてしまいますが、ミッキーはあせもになりやすいくらいでめったに肌荒れしません。

が、ミッキーは新生児の頃のひどかった湿疹の跡が、頭のハゲとして残ってしまっています。ちょうど後頭部で、かゆいと自分でグリグリ枕にこすりつけてしまい、どれだけ薬を塗ってもなかなか治らなかった部分が、直径5㎜ほどの円形ハゲになっています。おそらく、もう生えてこないでしょう。

img095

新生児の細胞分裂が盛んな時に、毛根が死滅してしまった感じです。むりやり絆創膏を貼ってでも、ちゃんと治してあげればよかったな・・・と反省していますが、後ろ側で本人も見えず、小さいのでほぼ目立たないし、男の子だからまあいっか ( ̄▽ ̄) とあまり気にしていません。

img096

我が家は三人ともくせっ毛。伸びるとくるんくるんのモワモワになってしまうので、いつも短めにしています。自宅で私がバリカンで散髪しているのですが、9㎜だとハゲは見えず、6㎜で刈ると目立つというレベルです。

ゲンキは後頭部6㎜トップ1.2㎜で刈りあげるのですが、ミッキーは後頭部9㎜トップ1.5㎜で刈りあげるようにしています。小技ですね~

ひどい乳児湿疹が頭の中にできている場合は、すこし注意して見てあげてくださいね!ぷつぷつレベルなら大丈夫かと思いますが、大きなかさぶたになってしまうと跡が残るかもしれません。
とくに女の子で跡が残るとかわいそう・・・という場合は、強めの薬をしっかり使って、掻いてしまう前に治してあげたほうがいいと思います。かゆくて掻きだすと、治りにくくなってしまいます。

profile

筆者:nontan
男の子3人を育てています。
長男ゲンキ(2009年生)
こだわりの強いグレーゾーンBOY
+アトピー&卵アレルギー

次男ミッキー(2012年生)
ASD+ADHDのハイブリッドBOY
+ぜんそく&卵エビカニアレルギー

三男ユウキ(2015年生)
今のところ普通に見えるけれど…アレルギーなし

出産前は書店勤務&JPIC読書アドバイザーとして活動していました。子育てが一段落したら、読み聞かせ活動を再開したいです!
はじめての方は、こちらの記事をまずお読みください。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
↑参加しています。よければ応援お願いします。