赤ちゃんのお世話

ゲームカード紛失事件

我が家には、3人のやんちゃ盛りの男の子がいます。

先日、本当にいい加減にしてよと心底あきれ果てる事件がありましたので、ちょっとだけ愚痴らせてくださいね (-_-;)

年末年始、時間があったのでみんなでゲームでもしようかと思ったら、

ゲームカードがない・・・

まあ、よくある話です (-_-;)
ゲームを失くした、壊した、話はよく見聞きします。
だいたいね、ゲームカード、小さすぎませんか!!??
あんな小さいものに5000円も6000円も払うなんて・・・しかも失くされるなんて・・・

マジで、頭の血管が切れそうになりました (#^ω^)

決死の捜索が続きますが、冬休みの間、ついに出てきませんでした。

img445
img446

3学期が始まり、ゲンキの友達関係にも確認を取りますが、みんな知らない。こりゃもう買い直すしかないか・・・しっかしまた6000円・・・こういうのって探したら出てこないけど、意外なところからポロッと出てくることあるし・・・とウジウジ煮えきらずにいたら、

なんと1ヶ月後、出てきました。

どこにあったと思いますか??

クリスマスツリーの箱の中、です (#^ω^)

img447

だ~れ~だ~!!
こんなとこにつっこんだのは!!

家中、思い当たるところは全て探して、最後に見かけたのはいつだったか必死で思い出し、ツリーを片付ける前日にはあったはず、もしかしたらと開けてみたら、ありました 。ミッキーユウキも、知らないと言いはるので、誰がやったのかはわかりませんが (#^ω^)

ほんっとうに、アホとしか言いようがない。
こんな1年に一度しか開けないところに入れるなんて (# ゚Д゚)
マジで、見つけた私、神だわ。

女の子はこんなことしない?
男の子だけ?こんなアホなのは?
そんなのが3人もいるなんて、我が家は・・・( ;∀;)

卵アレルギー反応の母乳実験!妊娠中の生卵は控えよう!

IMG_0297

卵アレルギーの子のお母さんも、卵を除去するべきかどうか。妊娠中~授乳中まで、心配ですよね!じつは、病院ではあまり気にしなくていいと言われました。極端な食べ方をしなければ(一気に何個も食べるような)、血液や母乳を通して赤ちゃんに影響が出ることはまれだそうです。

ですが、私は実験をしてみた実感として、やはり母乳でも影響が出ることがあると思います。長男ゲンキにいろいろと試してみた(実験台にしてごめんよ)、結果をご紹介します。

img101

だいたい、こんな感じです。

卵そのものをたくさん使った料理は、やはり影響が出ました。オムレツや目玉焼きはNG。卵焼き一切れくらいなら、OK。つなぎものも少量まじっている場合は、OK。たくさん入っている場合は、NGでした。郷土料理で恐縮ですが、たこ焼きはOK。明石焼き(別名 卵焼き)はNG。って感じです。調理パンはOK。練り物系もOKでした。

生卵は厳禁で、これは妊娠中も避けるように指導されました。とくに、上の子が卵アレルギーだったと言うと、助産院では生卵は念のためやめましょうと言われました。毒性が強く出るそうです。

断乳して、何を一番に食べたかというと「卵かけごはん」です。見つかると欲しがるので、こっそりと子供たちにかくれてかっこみました (*ノωノ) だって!ずっと夢に見るほど食べたかったんだもん!
妊娠してしまうとまた数年食べられないので、私にとって、お酒よりも欲求不満になった食べ物です。

ゲンキを妊娠中はまったくそういった知識も意識もないままに過ごし、たんぱく質をとらなくっちゃと、卵かけごはんもよく食べていました。もしかしたら、ゲンキが3人の中で一番卵アレルギーが強く出たのは、そのせいかもしれません。ミッキーユウキを妊娠中は、私も用心してあまり卵は食べないようにし、とくに生卵は絶対に口にしなかったおかげで、ミッキーの卵アレルギーは軽く、ユウキはまったくアレルギーなしで済んだのかもしれません。

もしも、近親者に卵アレルギーの人がいたら(小さい頃だけで今は完治していても)、妊娠中は生卵を制限することをおすすめします。念のため、にね。でも用心するにこしたことはありません。ほんの10ヵ月の我慢で、その後の数年が断然楽になりますから。

ゲンキミッキーも、もう加熱した卵は食べられるようになりましたが、生&半熟はNGです。この間もお菓子作りの時、ミッキーが焼く前の生地をべろべろなめてしまい、顔が真っ赤っかになりました。ゲンキも、どうしても「温泉卵を食べてみたい」(ゾロリに出てきたらしい)というので、試しに食べさせたら吐いてしまいました。一緒に卵かけごはんを楽しめる日は、まだまだ遠そうです。(*´∀`*)

断乳をスムーズに進めるための準備

IMG_0193

我が家には、3人の男の子がいます。
全員、完全母乳で育てました。

先日、ついに三男ユウキの断乳を決行し、もうこれで「おっぱいを飲む子はいないのか~」と感無量です。(→「さあ断乳だぞ!」)

大変なようで、とても濃かった蜜月の授乳期。肌から離れた子共たちは、母からどんどん巣立っていきます。たくさん飲んでくれて、ありがとう (人''▽`) とても幸せな気持ちを、毎日味わわせてもらいました。

さて、断乳、卒乳をどうするか。

その子の性格や家庭のライフスタイルによっても変わってくるし、もっと飲ませてあげたかったけれど、急な事情でやめざるを得ない場合や、もういい加減やめて欲しいのにどうしてもやめられない場合など、親子の数だけ授乳風景があるかと思います。栄養学的に足りているなら、おっぱいでなくても粉ミルクで十分赤ちゃんは育つのだし、母乳でないと赤ちゃんが愛情不足になることも、まったくないと思います。

でも完全母乳で育っている赤ちゃんは、哺乳瓶を嫌がることが多く、お母さんでないと世話ができないので、預けにくく人見知りも強い傾向にあります。断乳に対してものすごく抵抗する赤ちゃんも多いでしょうし、ほとほと困り果てているお母さんも・・・それでも大人になっても飲んでいる人は誰もいないのだから、みんないつかどこかで、おっぱいから離れていきます。

そこで、3人の経験を通して、断乳をスムーズに進めるためのコツをご紹介します!


①授乳回数を減らす

1歳を過ぎると昼寝も1回になりますし、夜間も起きずに朝まで眠れるようになってきます。食べられるものも増えてきて、食間も授乳でなくておやつで済むようになります。またストローが使えるようになると、哺乳瓶は拒否していた母乳っ子も、フォローアップミルクや牛乳を飲めるようになります。お腹が足りていると、スキンシップを求めておっぱいに寄ってきても、一緒に遊んであげる、抱っこする、絵本を読むなどの対応で満足して、おっぱいを忘れることができます。寝かしつけのみの授乳に持っていっておくと、やめる時がだいぶ楽です。
一番大変なのは、夜間かな~。夜中に目が覚めても、またおっぱいでないと眠れない(ミッキーユウキがそうでした)と、一度どこかで諦めさせないと(泣かせてでも)、いつまでも夜起きてしまいます。断乳したい理由の一位が、「夜中に起こされたくない」ですもんね。


②代替物を用意する

長男ゲンキはボタンが、おっぱいの代わりになりました。他にも、ガーゼハンカチや毛布、おしゃぶりなど、これがないと眠れないというグッズを持っている子は多いです。いきなりやめるよりは、代替物があるほうが子供も受け入れやすいです。代わりの物にこだわると、またそれをやめさせる時に一苦労するので、できるだけ続けていても困らないものを与えると楽かと思います。
また代わりに、温めた牛乳やミルクを寝る前に飲ませるのもおすすめです。お腹がふくれて身体が温まり、眠気を誘います。ゲンキは夜間に起きる癖がしばらく抜けなかったので、寝る前にバナナとミルクでたらふく食べさせていました。


③就寝儀式を決める

これをしたら、もう寝るんだと子供にもわかりやすいように就寝儀式を決めます。一番よくあるのが、絵本や子守歌など、まったりと時間を過ごせる活動。寝る直前に興奮してしまうと、なかなか寝付けません。
長男のゲンキはこだわりが強く、順番や手順にうるさかったので、とくに就寝儀式は1㎜も狂わずに行わなければいけませんでした。それでも次男のミッキーが生まれると、それどころじゃないよ空気読めよって感じで、ゲンキ一人につきあっていられなくなり、だんだんと少しずつ違っても我慢できるようになりました。1年生になってからは、自分の部屋で一人で寝ています。自分なりの順番を、順守しているようですが。


④とにかく遊ばせる&食べさせる

あとは、疲れさせるに限ります。初日は特に、ぶっ倒れるほど遊ばせて、昼寝は車かベビーカーでさせて、間食を抜いてでも夕飯をたらふく食べさせ、食べながら寝ちゃったよっていうのが理想です。つき合う親も大変ですが、夜中にギャン泣きされるよりはマシかな。何日続けられるかってのはありますが。
思い出して泣いちゃった時は、とにかく根負けしないこと。やめると決めたら、断固やめましょう。根負けしてあげてしまうと、泣いたらもらえると学習してしまい、次回の断乳が格段にきつくなります。


⑤子供にも納得させる

新生児の頃ならともかく、1歳半にもなれば急に赤ちゃんから子供へ進化して、理解力もつきます。言ってもわからないと決めつけず、子供にも説明しておきましょう。「〇歳になったらおしまいだよ」「次の赤ちゃんが生まれてくるから、おしまいにしようね」「お兄さんは、ミルクを飲むんだよ」など、言い方は様々ですが、いきなり断乳するよりは、前々から心づもりをさせておくほうが楽に感じました。

三男ユウキを断乳させた2歳ってのは、割と絶妙な年齢でしたね。1歳だとやっぱりまだわからないし、3歳まで飲んでいるのもちょっと・・・ある程度、理解力や我慢する力がついて、なおかつまだ体力がそこまでないので親もつき合いやすい年齢です。


断乳や卒乳は、避けては通れない道ではありますが、子供はやっぱりつらいもの。代わりにたくさん抱っこしてあげてくださいね。また、水分が急に足りなくなって便秘になったりするので、水分や栄養が足りているかも気をつけてあげてください!

おっぱいをやめたら、おむつがとれたら、子育てはそうやってどんどん楽になっていきます。

明日は今日より楽になる!

がんばってください (^▽^)/

さあ、断乳だぞ!!

三男ユウキが2歳になった区切りで、ついに断乳を決行することにしました。
→(「断乳をスムーズに進めるための準備」)

我が家は断乳方針。
もう産むつもりはないので、末っ子のユウキは気が済むまで飲ませてあげて、卒乳まで待ってももいいかな~と思っていたのですが、「パイパイ」「パイパ~イ!!と連呼されるのが段々いやになってきて・・・ミッキーの幼稚園が始まる前に、やめさせることにしました。

断乳や卒乳には、時期や方法などいろいろと意見があふれていますが、お母さんが「もういいや」と思ったらやめてもいいと思います。いやいや授乳するよりは、フォローアップミルクや食事で栄養をきちんと補ってあげるほうがいいのではないでしょうか。

我が家の断乳方法は、諦めるまで泣かせる式。
からしを塗ったり、怖い絵をおっぱいに描くことはしていません。(大好きなおっぱいに怖いイメージをもたせたくない)1歳を過ぎたら、寝かしつけ時のみの授乳にもっていって、断乳に備えます。

長男
ゲンキの断乳は、1歳3か月。
下の子が欲しかったので、生理を戻すためにやめさせました。ごめんよ m(__)m

img126

泣いたのは3日くらいで、1週間もするとおっぱいなしでも寝られるようになったのですが、ゲンキは代わりにボタンを噛むようになり、これは4歳まで続きました。噛み癖は形を変えて今でも続き、何かを噛んだり触っていないと落ち着かないようです。(「感覚鈍麻ってなに?」)

次男ミッキーも、断乳は1歳3か月。
この時も、もう一人欲しかったので早めにやめさせました。ごめんね m(__)m

img127

ミッキー
も4日ほどで諦めたんですが、抱っこでないと寝ないくせをつけてしまったので、しんどかった~( ;∀;) けっこう重かったので、腕も肩もパンパンになりました。その後、お腹の上に乗せて寝かせる→添い寝でも寝れると段階をふんで、今では電気を消したらバタンキューの人です。

さあ、いよいよ三男ユウキの断乳です。
兄ちゃんたちよりは長く、2歳まで飲んでいました。(寝かしつけ時のみ)

 1歳半頃から急に自我がでてきて、おっぱいにも執着するようになったので、大変かな~と覚悟していたのですが、だいぶ前から「2歳になったら、パイパイないよ」「あと5回で、パイパイおしまいだよ」と言い聞かせ続けてきたのがよかったのか、2歳のお誕生日を盛大にやって「今日からパイパイないよ」と言うと、ぐずぐず泣きながらもあっさり諦めました。泣いたのは、10分くらいかな。ゲンキミッキーも、諦めるまでは30分とか1時間とか泣いて泣き寝入りパターンだったので、とても楽でした。寝る前に一応「パイパイ!」と訴えてきますが、「もうないよ」と言われると、しぶしぶ諦めて寝ています。お兄ちゃんになったね~\(^o^)/

img128

ただ、触りながらでないと寝れません・・・
なんとも未練がましい・・・これは、いつまでやるのかな~(;´д`)

おむつなし育児、失敗別対処法!

おむつなし育児、始めてみたけど本に書いてある通りにはうまくいかない!という方へ、失敗別に対処法を伝授します。ぜひ、ご参考になさってください。
→(「おむつなし育児のやり方」)(「おむつなし育児のコツ!」)こちらもどうぞ!


失敗①おしっこが出ない

おむつなし育児を始めていきなり成功するパターンもありますし、おむつにする習慣がもうついてしまっていると、なかなか外におしっこをできない子もいます。新生児は、おしっこがしたいタイミングでおむつが外されると、かなりの確率で出ます。
一度成功すると、大人も子供も感覚が何となくわかってきます。少し大きくなってから始めて、子供が抵抗する場合、成功しやすい一例としては、まず確実に出るタイミング(寝起きなど)にお風呂場に連れていき、「ちーちー」と声をかけながら、目の前で水をチョロチョロ流します。ほとんどは、これで出ます。出なければ、少しだけおちんちんを濡らします。それでも出なければ、フーフー息を吹きかけてみます。(←冷えると出ます)

img138

これでも出なければ、おそらく寝ている間に汗などで水分が出てしまい、おしっこがたまっていないのでしょう。また次の機会にトライしてみます。


失敗②トイレを嫌がる

トイレは狭いし暗いし、怖がる&嫌がる子は多いです。対策としては、子供の好きなキャラクターもので飾る。ご褒美シールなどでモチベーションを上げる。戸を閉めないで使用する。普段から親が使う時に、一緒に連れて入ってあげる。←嫌じゃない人は、ね。(私は平気だけど、旦那さんは耐えられない・・・)
あとは、今はトイレにこだわらない、というのもおすすめです。おまるでもお風呂場でも、縁側(縁側を嫌がる子はいません)でも、どこでもいいくらいの気持ちで。そのうち、トイレにも慣れますから。


失敗③おまるを嫌がる

ホーローおまるは座った時にヒヤッとするので、嫌がる子もいます。対策としては、ホーローおまる用カバーをつける、肌に触れないように親がささげてあげる、ホーローおまるにこだわらないというのもおすすめです。
おまる用カバーは市販もされていますし、100均のO型用のトイレ用カバーを利用して自作することもできます。

img140





失敗④座ってできない

立ってする習慣が確立されてしまっていると(とくにうんち)、座ることを頑なに拒否することがあります。おまるやトイレで、不安定な姿勢になるのが怖い子もいます。安心できるように、抱っこしながら全身を支えてあげると座れるようになります。

img139

BUT、次は抱っこでなくても座れるようになるまで、またワンステップ要ります。うんちのたびに、一緒におまるやトイレにつき合うのも・・・


失敗⑤タイミングがわからない

これはもう、経験あるのみです。慣れると、ささげた時の赤ちゃんの身体の力の入り具合で「あ、うんちするな」とか「あ、出ないな」とかわかるようになります。

時間を見て適当にさせるのもいいですが、したくないと抵抗される&しょっちゅうさせすぎるのも、膀胱におしっこがたまる感覚が育ちません。新生児は授乳のたびにするでOKですが、1歳を過ぎるころには2時間我慢できる子もいればすぐ漏らす子もいるし、個人差が出てきます。確実に出そうな時以外は、出かける前、家に帰ってきた時、食事の前、お風呂の前など、子供もわかりやすい節目のタイミングで、トイレに誘うのがおすすめです。


失敗⑥外出先でうまくできない


これは、仕方ありません。おまる育ちの子は、とくに出先のトイレでは難しいことが多いです。トイレで座ってする、トイレでささげてする経験を、何度か家でも練習しておくといいかと思います。和式しかなかったり、やっぱり雰囲気が違うと怖がる場合は、無理に出先ではさせなくてもいいかと思います。

私も、公衆トイレが大行列!もう出そう!って時はこっそり、裏の茂みにさせたこともありますし、洋式便座に腰が届かないので汚物入れをステップ代わりにしたこともありますし・・・まあいろいろです。


失敗⑦もらされるとつい叱ってしまう

まあ、これは親も人間ですからね。イラっとくることもあります。私も、叱ってはいけないことを重々承知の上で、「頼むから畳ではせんとってよ!」とキレたことは何回もあります。「うんちはトイレで!」とかね・・・( ;∀;)

対策としては、親もよく睡眠をとるなどの体調管理に努め、疲れてイライラしないようにするのが一番かと思います。幼児期までは、ほとんどが親の側の事情で叱ってしまっています。とくに次男ミッキーを育てていて感じますが、「ひっくり返された!」→「こんなとこに置いといたのが悪かったね」と思えるかどうか。この一点につきます。
生理前にイライラしちゃうのもどうしようもありませんが、「そういえば、そろそろ・・・」と自覚があれば、「このイライラはきっと生理前のせい」と気持ちを切り替えることができます。


Q&A ホーローおまるは必要?

新生児期はホーローおまるはめちゃくちゃ便利なんですが、立ってトイレでもできるようになるとあまり使いません。我が家ではすでに、枕元のサブ用(夜中や明け方のおしっこ対策)になっています。

ホーローおまるフタ付き(琺瑯)☆20cm☆【ホーローチャンバーポット】
㈱オオモリ






ただ新生児期は、トイレ含めて他のあらゆるおまるよりも使いやすかったです。絶妙なカーブの形状が、すばらしいんです。赤ちゃんをささげて、うんちやおしっこを受けやすい&横に倒れても、中がこぼれません。また部屋に置いておいても、おまる感がなく、インテリアのように可愛いのもおすすめです。がありますが、新生児期にはが使いやすく、は2歳頃まで使えます。を兼ねるということで、私はを買って愛用していました。まったく困りませんでした。新生児期からトイレのみという人もいますので、おむつなし育児に必ずホーローおまるが必要というわけではありません。ただおまるがあると、まだ体力が回復していない産後や夜間にトイレまで連れて行かなくていいので、便利かと思います。まあ、うちはコップにさせたりもしていたので、何でもいいっちゃいいです。→(「男の子のおむつなし育児におすすめ!おしっコップ」)


Q&A いつからパンツにすればいい?

我が家は、よちよち歩けるようになっておむつ替えを嫌がりだしたら、トレパンにしていました。

img050

4層か6層のトレパンに、たたんだ布おむつを挟んでおくと、軽いおもらしなら服が濡れません。大量に漏らされると、やはり全身着替えになりますが、毎回暴れる人を押さえつけておむつ替えをする苦労を思えば、トレパン式が楽でした。今では布おむつを挟むと動きにくいと嫌がるので、トレパンオンリーです。(三男ユウキ2歳0ヵ月)

普通のパンツでもいいんですけどね、どっちにしてもズボンからシャツまで濡れるし。トレパンだと、足もとに水たまりができない、というくらいです。


Q&A いつから自分で教えてくれるようになる?

これは個人差がありますが、早ければ1歳過ぎには教えてくれる子もいれば、3歳まで親が連れて行かないとしない子もいます。言葉の発達とも関係してくるので、早ければいい遅いのは困るという話ではなく、単にその子の発達のスピードがそこなのでしょう。

ただ早く教えてくれるようになるコツは、赤ちゃんでもできる簡単な方法を教えることです。股をたたくなどのベビーサインや、「ちー」などの言いやすい言い方。また自分でもできるように、できるだけ簡単な手順にしておきます。(おまるはここにあるから、したくなったらここでするんだよ等)その時も自分でパンツを脱ぐことは難しいので、丸出し状態で放置しておくと、できることが多いです。一度自分でできると、「おしっこが出そう」という感覚がなんとなくわかっていきます。

profile

筆者:nontan
男の子3人を育てています。
長男ゲンキ(2009年生)
こだわりの強いグレーゾーンBOY
+アトピー&卵アレルギー

次男ミッキー(2012年生)
ASD+ADHDのハイブリッドBOY
+ぜんそく&卵エビカニアレルギー

三男ユウキ(2015年生)
今のところ普通に見えるけれど…アレルギーなし

出産前は書店勤務&JPIC読書アドバイザーとして活動していました。子育てが一段落したら、読み聞かせ活動を再開したいです!
はじめての方は、こちらの記事をまずお読みください。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
↑参加しています。よければ応援お願いします。