服薬

自閉スペクトラム症の易刺激性を抑える薬2種類

img474

次男ミッキーは、自閉スペクトラム症とADHDの発達障害があります。
6歳から、ADHDの衝動性を抑える薬「ストラテラ」を服用しています。

→(「いよいよ、服薬のスタート」)
→(「ん?ストラテラ、効いてきた??」)
→(「衝動性を抑えるADHDの薬3種類」)

先日、定期診察があり、小学校入学後の様子や今困っていることを相談してきました。ストラテラを飲むことで、衝動性はやや改善が見られるものの、感覚過敏からくる集団へのストレスは大きいこと、とくに最近、聴覚過敏がきつくなっているように感じると相談すると、薬の紹介をされました。

自閉スペクトラム症の小児期に使われる薬には、エビリファイリスパダールの2種類があります。自閉スペクトラム症に伴う易刺激性を改善するための薬です。

易刺激性とは、気分が変化しやすい、要求がすぐに受け入れられないと気がすまない、ささいなことで癇癪を起こしてしまう、乱暴な言動、イライラして怒りっぽい、暴力をふるってしまう、自分を傷つける自傷行動、などの症状を指します。自閉スペクトラム症の子供は、他の子供に比べて、自分だけのこだわりからパニックを起こしやすく、気持ちの切り替えが難しい特性があります。

エビリファイリスパダールは、もともと総合失調症やうつ病などの精神疾患に処方される、気持ちを鎮める薬です。2016年から、小児期の自閉スペクトラム症にも承認されました。


エビリファイ

有効成分(アリピプラゾール)。1日1回服用。

脳内のドーパミンのバランスを安定させる、抗精神病薬です。イライラや不安を抑え、精神状態を安定させる作用があります。また物事に取り組みやすくなったり、やる気を引き出す効果もあります。

小児期の自閉スペクトラム症には、頓服として服用することもあるようです。主な副作用に、眠気や体重増加、食欲増加、食欲減退、倦怠感、よだれが増えるなどがあります。
内用液、散剤、錠剤、OD錠(水なしで飲める錠剤)と薬の種類が豊富で、飲みやすさや携帯しやすさで選ぶことができます。


リスパダール

有効成分(リスペリドン)。1日2回服用。

脳内のドーパミとセロトニンのバランスを安定させる、抗精神病薬です。イライラや不安を抑え、乱暴な行動を抑制します。

主な副作用に、不眠、眠気、便秘、倦怠感、食欲の増加、体重の増加、じっとしていられない、よだれが増えるなどがあります。血糖値を上昇させることがあるので、専門医に経過を見てもらう必要があります。
こちらも内用液、細粒、錠剤、OD錠と薬の種類が豊富で、自分に合ったものを選ぶことができます。


エビリファイもリスパダールも、不安感を軽減し、気持ちを切り替えやすくする効果があります。エビリファイは、やる気を引き出す効果が、そこにプラスされると説明されました。

「エビリファイとリスパダールには、衝動性を抑える効果はありません。対して、ストラテラの不安を鎮める効果は、強くありません」

主治医の先生と相談の上、

どちらかを選ぶということであれば、衝動性が強いミッキーには、やはりストラテラのほうが必要だろうということになりました。聴覚過敏は薬で抑えられるものではないので、環境調整が重要です。薬を変える前に、もう少しストラテラと環境調整をして様子を見ることになりました。

ストラテラと併用という選択肢もあるのですが、

「エビリファイなんかは、もう少し大きくなってからでもいいと思いますよ。不安だから、これを飲むと気持ちが楽になると理解して、自分の状態を説明できる年齢になってからのほうが、過剰処方も防げますし」

と、先生も仰っていたので、もう少し様子を見たいと思います。

ただ、他の薬もあると知ることは、目安にもなり安心感があります。

エビリファイやリスパダールを処方されたけれど、これはどんな薬?と不安になっている方や、うちの子のこんな症状に困っているけれど、どんな治療法がある?という方に、参考になればと思います。

ただどちらも、副作用を伴う精神薬です。薬の使用は必ず医師と相談し、慎重になさってください。身体との相性もありますし、症状や年齢の変遷によっても、必要な種類や量は変わってきます。

また発達障害の子供には、療育(治療的教育)や環境調整(子供の特性に配慮し周囲の環境を調整すること)が大切です。服薬のみでなく、ソーシャルスキルトレーニングや環境調整を一緒にやることで、その子らしさを大事にしてあげられます。

ん?ストラテラ効いてきた??

我が家の次男ミッキーは、5歳で自閉症スペクトラムとADHDと診断されました。

6歳から、ADHDの衝動性を改善する薬を飲んでいます。
(「ストラテラを飲み始めて1ヶ月」)

飲み始めてすぐ、量を増やした時に「気持ち悪くなる」副作用が出たので、微量ずつ増やす作戦を続けて3ヶ月。ようやく体重に対して 1.1ml/kg に到達しました。次回の処方で、目標としている治療量1.2ml/kg にいけそうです。

本当にすっこしずつ増やしているので、効果はわかりにくいのですが、個人的には 1.0ml/kg をこえたあたりから、ようやく効いてきたように思います。少し、座っていられるようになりました。何もなくても、我慢して周りを見る余裕が出てきたというか。

効果を実感したのは、家族で行ったスキー。
リフトはまだ怖いので乗せていませんが、幼児用のムービングベルトですら、以前は動き回るので乗れなかったんですよ。今回は、じっと立ったまま乗ることができました。

img448

す、すごいじゃん!! 
ムービングベルトでも、3~5分ほどあるので心配していたんですが(実際、動いちゃって転げ落ちる子よく見かけました (^_^;))、「歩くと危ないよ」と声を掛けると、ちゃんと聞いてくれました。

まだやっぱり、衝動的に動いてしまうことは多いし、気持ちの切り替えが難しいこともありますが、かなり接しやすくなってきたと思います。

img449

以前のミッキーといえば、とにかくひたすら動く。動いていないといられないという感じで、基本的にずっと悪さをし続けていたのですが(今もふっと思い出したようにやりますが)、ずいぶん減ってきたように思います。

img450

最近、以前は全くなかった、「まったりと過ごす」姿がちらほら見られるようになりました。これ、本当に進歩ですよ。3歳時、感覚統合で「脱力する」訓練を専門的に受けなければいけなかったほど、ミッキーは身体の力を抜いたり、力を抜いて気持ちをほぐしたりすることが、苦手でした。
(「感覚統合ってなに?」)(「感覚過敏をやわらげる訓練」)

ADHDの特性だと思いますが、リラックスして落ち着いて過ごすことが、できなかったんです。それが、少しづつ(薬の効果もありますが)できるようになりつつあります。ゆったりと落ち着いて休めるようになれば、本人もどれだけ楽になるかと思います。

とはいえ、就学後に、45分間、席に座って先生の話を聞くのは、とても無理だよな~。それを薬で抑えようと思ったら、たぶん副作用でぐったりしてしまうでしょう。まあ、そこまでは望みません。手が出ることが減っただけでも、十分だ。

ストラテラを飲み始めて1ヶ月

IMG_2484

我が家の次男ミッキーは、5歳で自閉症スペクトラムとADHDと診断されました。

6歳になり、衝動性を抑える薬、ストラテラを飲み始めて約1ヶ月が経ちました。
(「いよいよ服薬のスタート」)(「衝動性を抑えるADHDの薬3種類」)

まずは体重に対して0.5ml(1/4量)からのスタート。副作用も見られず、心配していた味もなんとか馴染んで、毎日飲めるようになりました。行動面は、あまり変化なし。

服用スタートから2週間で、再通院、少し増え、0.8mlになりました。量が増えて3日後、副作用が出ました。朝ごはんの後に「気持ち悪い」と、トイレで10分ほどウンウンうなるように。うんちが出るとすっきりするようなのですが、2、3日、気持ち悪さが続いたので、病院に連絡。量を最初の0.5mlに戻すと、すっと気持ち悪さは収まりました。

行動面は、量を増やした時は落ち着いたように見えましたが、戻すとまた多動・衝動性が目立ちます。

2週間後、様子を相談し、副作用が出ないように微量ずつ増やしていくことになりました。身体がだんだん慣れていけば、量を増やしても大丈夫になることもあるそうです。量を戻しても副作用が続くようなら、薬の使用は控えると言われたのですが、今回は収まったので、なんとか続けていけることになりました。
ほんのちょっぴり増えて、0.6mlでの処方です。気持ち悪さは出なかったのですが、てきめんに便秘になりました。前回の副作用の気持ち悪さも、便秘が原因だったような。食生活を改善し、1週間ほどで排便リズムも整ったので、このまま様子を見ながら、少しずつ量を増やしていきたいと思っています。


主治医の先生のお話しによれば、許容量の半量(1.2ml)までは増やしたい。その辺りで、行動面の改善が見られるケースが多い、そうです。
行動面での効果が認められる場合は半量のまま維持、効果が見られない場合は3/4まで増やす、or 半量のまま半年ほど続けてみる、or 薬の使用そのものを検討する、などを判断するそうです。幼児には、許容量 MAX を処方することはあまりないそうです。

飲み始めて1ヶ月のミッキーの様子をまとめてみますと、

三男ユウキとの兄弟げんかが、減りました。ささいなことからの言い争い → 手が出てどちらかが泣くパターンから、「〇〇はダメよ」「〇〇にしよう」と、ミッキーユウキを言い聞かせている場面が見られるように。手が出ることがゼロにはなりませんが、ここは、どうなんでしょうか。長男ゲンキも、未だに兄弟げんかで叩いたりするしな・・・

家庭では、ずいぶん落ち着いてきたように見えます。とくに週末の疲れがたまっている時や、体調を崩した時など、以前は手がつけられないほど荒れていることもあったのですが、そんなどうにもならない状態が、激減しました。
朝の用意なども、以前はやりながらすぐに脱線してしまい、なかなか終わらなかったのが、一人でも最後までやれるようになってきました。

ただ幼稚園では、できるようになったことも増えたし、落ち着いて参加できる活動も増えてきたようなのですが、その分、我慢やフラストレーションがたまっているというか、ささいなことで爆発してしまうことも増えたように感じます。がんばれたら、その分を発散させてあげる場がいるんじゃないかな~とも思います。
まだ身体が薬に慣れきっていないのもあり、今はミッキーがしんどい時期なのでしょう。周りで、上手にささえてあげたいです。

薬の効き方には個人差があり、体質に合う合わない、量もどこまで増やせば効くか、本当に飲んでみなければわかりません。また副作用や、子どもの状態が変わったからこその、困りごとも出てくるんですね。なかなか、薬が飲めるようになったからといって、すぐに何かが変わるわけでも楽になるわけでもないのだなと・・・当たり前ですが・・・こっからだぞ!と、自らを励ましています。

服薬についての考え方

IMG_2196

我が家の次男ミッキーには、自閉症スペクトラムとADHDがあります。

6歳を迎え、衝動性を抑える薬を飲み始めています。
(「いよいよ、服薬のスタート」)(「衝動性を抑えるADHDの薬3種類」)


服薬に関しては、子どもの特性、困りごと、親御さんの考え方、主治医の先生の考え方によって、いろいろなケースがあるかと思います。発達障害を専門に見てくれる先生でも、服薬についての考え方は様々です。うちも2ヶ所で病院にかかっていますが、病院ごとに、先生ごとに、考え方に開きがあるのを感じます。いろいろな人の意見を聞いて、もっとも自分の子どもに合っていると思えるやり方を、探していくしかありません。

ADHDの子どもには、環境調整がまず必要で、薬で抑えるのはよくないという先生もいらっしゃいます。薬で抑えたら、その子らしさが失われてしまうと言われたこともあります。ミッキーを診察して「軽度の子に薬は必要ない」と断言した先生もいらっしゃいました。(幼稚園の様子を見ていると、とても軽度とは思えないんですけどネ・・・)

「座っていられないことで、ストレスや苦痛を感じてしまうなら」と、服薬に積極的な先生もいらっしゃいます。他害(人や物に手が出ること)行為を、服薬が必要かの目安にされている先生もいます。

また服薬を始める時期も、就学後にどうしても適応できない場合、としている先生もいれば、ただでさえ変化に弱い自閉症スペクトラムの子が、小学校入学という大きな環境の変化に対応できやすいようにと、就学の少し前から始める先生もいます。

ミッキーは、まず他害行為がどうしても止まないこと。
座って話を聞くのが、どうにも耐えられないこと。
幼稚園でも対応を工夫してもらっていますが、ミッキーにあまり効果がないこと。
変化に弱いので、入学前から薬を使用していたほうが、入学後にやっぱりしんどくなって始めるよりは、身体的にも精神的にもマシだろう(薬に身体が慣れるまで1ヶ月ほどかかる)。また就学相談までに、ある程度、状態の目安をつけておきたいこと。などを考えて、薬の使用適用年齢の6歳から始めました。

でも、周りに薬を飲んでいる子を何人か知っていますが、あの子は納得できるけど、あの子はどうかな~と感じる子も、いることは事実です。
座って話が聞けてはいるけれど、集中が続かない、成績が伸びない、という程度の子どもに、薬を飲ませることは、はたして必要なのか。そういう子には、環境調整や周りの丁寧な関わりで、どうにかなる気がします。

成人して、自分の意志で薬を飲んでいる発達障害の人に比べて、まだ自分では判断できない子どもに、親の希望で服薬させる場合、より慎重になるべきなのだろうと思います。

やっぱり、薬は心配で飲ませたくないという親御さんも、いらっしゃると思います。

私達も、ミッキーが3歳を過ぎても言葉が出ず、発達障害を疑い始めてから、ずっと夫婦でそのことは考え続けてきました。薬を飲まなくても、やっていけるなら飲ませる必要はないと思います。副作用も心配ではありますし、脳を刺激する薬は、可能な限り、飲ませたくない気持もあります。

ただ、薬の助けで衝動性が落ち着くのであれば、それがミッキーの日常生活を楽にしてくれるのなら、必要なのだろうと思いました。

目が悪い人が、メガネをかけるように。
この子にとって、必要なツールなのだと。


もしもお子さんに薬が必要だと思ったら、医療機関に相談してみましょう。
療育で補えるレベルなのか、服薬が必要なのか、発達検査や普段の様子から、専門の医師が診断してくれるはずです。ただもし、先生の診断に納得行かなければ、複数の医師の診断を聞いてみることもおすすめします。
いろいろ相談してみて、どこでも「必要ない」と言われたら、必要ないのでしょうし、こっちの先生は「飲ませたほうがいい」、あの先生は「必要ない」と言ったのなら、どうしてそう判断したのかを、丁寧に聞いてみたらいいと思います。

その上で、一番自分たちの考え方に近い、納得できる、信頼できる先生についていくのが、間違いがないと思います。私たちもいろいろな意見を聞いた上で、説明に納得でき、私たち親の希望もじっくりと聞いてくれる先生を、主治医として選んでいます。

発達障害は、一生付き合っていかなければならない特性です。薬との付き合いも、当然長くなります。子どもの、自分の一生を任せられる先生でないと、続きません。

衝動性を抑えるADHDの薬3種類

我が家の次男ミッキーには、自閉症スペクトラムとADHDがあります。

1ヶ月ほど前から、衝動性を抑えるお薬を飲んでいます。
(「いよいよ、服薬のスタート」)


img432


今回処方されたのは、ストラテラ、です。

ADHDの、不注意や多動・衝動性を抑える薬です。
ADHDの治療薬として、代表的なものに、ストラテラコンサータインチュニブ、の3種類があります。特性、困りごと、副作用、などを専門医が慎重に判断して、どの薬を処方するか決めます。私が調べた、薬ごとの簡単な説明を紹介しますので、ご参考までに。

また衝動性を抑える薬以外にも、抗うつ薬や精神安定薬が使われることもあります。体質に合う合わないもあります。薬選びは、慎重になさってくださいね。


ストラテラ

有効成分(アトモキセチン)。朝晩の2回服用。(効果は24時間持続するので、成人は1日1回の服用でも可)
脳内のノルアドレナリントランスポーターに作用し、再取り込みを阻害することで、ノルアドレナリンを増やします。神経への直接的な作用はないので、非中枢神経刺激薬に分類されます。

効き目も副作用も、比較的穏やかな種類です。飲み始めてから、1ヶ月ほど続けないと効果を実感しにくいと言われています。主な副作用に、頭痛、腹痛、吐き気、口の渇き、眠気、倦怠感、めまい、食欲低下、体重減少、便秘、などがあります。
液剤とカプセル剤があり、液剤があるのは、ストラテラだけ。液剤は、カプセルや錠剤が飲み込めない幼児でも、飲みやすのが特徴です。


コンサータ

有効成分(メチルフェニデート塩酸塩)。1日1回、朝に服用し、12時間効果が持続します。
脳内でドーパミンとノルアドレナリンのトランスポーターと結合し、再取り込みを阻害することで、ドーパミンとノルアドレナリンを増やします。神経に直接作用するので、中枢神経刺激薬に分類され、取扱に注意が必要です。

以前主流だった、リタリンの改良薬です。飲んですぐに、効果を実感しやすい特徴があります。主な副作用に、頭痛、腹痛、吐き気、口の渇き、食欲減退、体重減少、発熱、動悸、不眠症、睡眠障害、チック、などがあり、午後の服用は勧められていません。
錠剤のみ。徐放性製剤とよばれ、お腹の中で徐々に成分を放出するタイプの錠剤なので、噛み砕いたり、他のものに溶かしたりせず、そのまま水で飲み込まなければいけません。


インチュニブ

有効成分(グアンファシン)。1日1回、決まった時間に服用します。
2017年に登場した新薬で、まだデータがあまりない状態です。ストラテラやコンサータが脳内の神経伝達物質を増加させるのに対し、インチュニブはアドレナリン受容体を刺激し、シグナルの伝達を補強する作用があります。非中枢神経刺激薬です。

主な副作用に、血圧低下、徐脈(脈拍が低下する)、倦怠感、眠気、頭痛、めまい、たちくらみ、などがあります。眠気やたちくらみが起こりやすいことから、自転車や乗り物の運転、高いところに登る、組体操などの危険な運動を避けるように指導されます。また飲むのを急にやめると、血圧が急上昇する危険があるので、服用をやめる時は徐々に量を減らしていかなければいけません。
こちらも錠剤のみ。徐放性製剤とよばれ、お腹の中で徐々に成分を放出するタイプの錠剤なので、噛み砕いたり、他のものに溶かしたりせず、そのまま水で飲み込まなければいけません。



ミッキーは、以前にチックが出ていたので、副作用にチックがあるコンサータは使えません。

ストラテラは不安感も改善できるらしく、聴覚が過敏で、小さな音でもすぐ不安になってしまうミッキーには、ストラテラが向いているだろうとなりました。

また、液剤があるのはストラテラだけです。
ミッキーは、言葉の遅れ&発音や咀嚼に課題のある人なので、噛まずに飲み込む、カプセル剤や錠剤はまだ難しいかなと思います。シロップであれば、味だけの問題で、何とかクリアできます。ジュースなどに混ぜてもOKなので、小さな子には、一番飲ませやすいと思います。(ただジュースは苦味が目立つそうで、牛乳に混ぜるのが一番マシだと聞きました)

一般的に、幼児は副作用の出にくいストラテラを選択されることが多いようです。またミッキーのように、チックが出たことがある子は、コンサータは選ばれません。ただストラテラもコンサータも、食欲減退、体重減少の副作用があるので、副作用が強く出ると、成長期の子どもには向きません。

まずはストラテラやコンサータを試してみて、食欲減退の副作用が大きく出る場合、新薬のインチュニブも試してみる、という感じでしょうか(このあたりのさじ加減は、担当医とよく相談して決めてください)。ただインチュニブも、血圧を定期的に確認しなければならず、運動や運転に制限があるので、使いにくいかもしれません。
ストラテラとインチュニブは、副作用で眠気が出やすく、コンサータは興奮して不眠になるという特徴もあります。

副作用のない薬はありません。
子どもに副作用のある薬を服用させることは、親としてやはり心配はあります。

副作用と、薬の効果をてんびんにかけ、服薬によりよい生活を送ることができる、そういう付き合い方をしていかなければいけないし、成長とともに特性が落ち着いてきたら、減薬、薬の使用を卒業する、ということも考えていきたいです。

profile

筆者:nontan
男の子3人を育てています。
長男ゲンキ(2009年生)
こだわりの強いグレーゾーンBOY
+アトピー&卵アレルギー

次男ミッキー(2012年生)
ASD+ADHDのハイブリッドBOY
+ぜんそく&卵エビカニアレルギー

三男ユウキ(2015年生)
今のところ普通に見えるけれど…アレルギーなし

出産前は書店勤務&JPIC読書アドバイザーとして活動していました。子育てが一段落したら、読み聞かせ活動を再開したいです!
はじめての方は、こちらの記事をまずお読みください。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
↑参加しています。よければ応援お願いします。