LD

書初めあれこれ


我が家の長男ゲンキは、左利きです。(「左利きってどう?直すべき?」)

最近は左利きも個性の一つとして、矯正せずに受け入れられるようになってきました。文房具など、左利き対応の物が手軽に手に入るようになったことも、ありがたいですね。とはいえ、世の中は圧倒的に右利きが優位になっています。時々可哀そうになるくらい、左利きはやっぱり不便・・・

そう、三年生から、書初めが毛筆になるんですよ・・・( ;∀;)

書き初めってば、やりたくない宿題、ワースト1ですね。
読書感想文を抜いて、ダントツトップ。

毛筆は、左手では書けないようになっています。払いとか止めとか、字の流れそのものが、右手でないと書けません。左手でもやれなくはないのですが、めちゃくちゃやりにくい&上手に書けません。昔の日本には、左利きはいないことになっていたのでしょうね(矯正されていた)。

毛筆は左利きでは難しいことを聞いていたので、始めから筆だけは右手で持たせる訓練を去年からしていました。BUT・・・やっぱり難しい・・・

img271

ちょっとでも助言をしようものなら

img272

と拗ねてやらなくなってしまいます。

一度嫌になると、翌日からなかなかやろうとしません。あの手この手でなだめすかしてやっとやる気になっても、あれがないこれがないと準備に手間取っているうちに、下二人が大騒ぎを始めて墨こぼしたり半紙を破られたり(だから昼寝の間に終わらせろって言ったろ(# ゚Д゚))、もう教えるどころの話じゃないって感じで、どうにか宿題の枚数は書かせて一番いいものを持たせましたが、あ~大変だった・・・

三年生になって、急に聞きわけがよくなり、お兄さんになったな~と思っていたのですが、まだまだ三年生なんですね。癇癪を起こしたり、気持ちの切り替えができなくて困ることは格段に減ったのですが、久々に気難しいゲンキを見ました。

本人のキャパを超えると、癇癪モードに入るらしいと感じます。

今回は「慣れない書初め」にプラスして「左利きなのに右手で書く」負担が大きく、ゲンキの気持ちの限界を超えてしまったようです。以前よく癇癪を起こしていた計算問題も「数字の短期記憶が弱い」プラス「問題用紙が右仕様」だったせいだな~と反省。計算や音読、毛筆など自分が苦手なものに、さらに左利きの負担や切り替えの苦手さなどがプラスされると、一気に扱いにくくなります。

だったら苦手な部分を、一つでもカバーしてあげられれば、癇癪も減るのかもしれません。百マス計算も左仕様のプリントを作ってやらせると、ミスが格段に減り、本人も楽そうでした。数字を大きく書いてあげるとか、太字にして見えやすくするとか、ちょっとした支援でずいぶん違います。

毛筆はもう、書ければいいんじゃね~!という気持ちで接してあげればいいのかなと思います。大人になって、習字をすることなんてほぼ皆無だし。今はプリンターが何でも印刷してくれるし。字が汚くても、パソコン入力ができれば問題ありません。漢字が書けない、読めない大人もたくさんいるしね ♪

日本の文化として、楽しく書初めできればそれでいいよ~。
私も、そんな風に気持ちを切り替えたのでした。

BUT・・・
始業式の前日、持ち物チェックをしていると

img273

「書初めのお手本がない!」
と大騒ぎするゲンキ。手伝って大捜索すると、くしゃくしゃになって習字セットの中に入ってたのですが今度は
「大筆がない!」
とまた大騒ぎして探して・・・

img274

結局、実家に忘れていたので慌てて取りに行き・・・( ;∀;)
(いや、もっと早くに用意させとかなかった私も悪いんですが)
あれやこれで、大変な思いをしてようやく朝送り出したのに・・・

帰ってきてから
「すずり、忘れてたわ」
「ず、ずこー」

なんか、涙出そうでした ( ;∀;)
いや、隅々までチェックし忘れた私も悪いんですけど(だって他にもお道具箱とか見るものたくさんあって!!)・・・なんか・・・この人の忘れ物につき合うのって・・・出口の見えないトンネルを歩いているような・・・

そんな、とても思い出深い、年始の書初めでした(*´∀`*)

苦手を克服する~左利き用の反転プリント


長男ゲンキは、左利き。

さらに計算が苦手なので、去年は九九の一分間テストに苦しみ、今年は百マス計算に四苦八苦しています。見かねてバーバが左利き用の反転プリントを作ってくれると、7分かかっていたかけ算の百マスが、5分弱でできるように!ミスも10個からいきなり2個になり、「これまで無理させてたんだな~」と痛感しました。

img157

自宅学習では反転プリントを使用していましたが、家庭訪問で先生にそれを渡すと、学校でもそれを使用させてもらえるようになり、さらに授業用の百マス計算プリントが両利き対応に変わり、スミマセン・・・ちょっと感動してしまいました・・・( ;∀;)

去年の先生とは、大違い!!

本当に、ありがたいことです。

左利きは、はっきり言ってやっぱり、今の社会ではハンディキャップ。でも、個性なんです。消しようのない、ゲンキだけの、ゲンキらしさ。それを、教育現場でも認めてもらえるという喜び。去年が去年だっただけに・・・
→(「ゲンキ~2年生 授業中にじっとしていられない 先生との相性」)

発達障害のある子供を育てている親は、「当たり前のことが当たり前にできない」でもそれが、「子供の個性」なんだというもどかしさを抱えているかと思いますが、それを他人にも認めてもらえた時の感動は・・・言葉では言い表せません。

ただ、プリントを反対にするだけで、こんなにも生きやすくなる子供がいることを、もっともっと、たくさんの先生に知ってほしいと心から思います。

左利きはおよそ人口の10%に存在するので、話が分かりやすいのかもしれません。
→(「左利きってどう?直すべき?」)

ゲンキは左傾向が非常に強く、手だけでなく目も足も口も、おそらく思考も、全て左です。左傾向が弱い子供は、ここまで苦労しない&矯正できるのかもしれませんが、右を受け入れられない不器用な人も、少数ですが存在します。ゲンキはLDのグレーゾーン傾向もあるので、いろいろな部分でハンディが重なってしまっています。どうすれば無理なく、楽しく、学ぶことができるのか。上手にサポートしてあげたいです。

統計では発達障害のある子供も、人口の約6.5%に昇ると言われています。%は、そんなに変わりません。「発達障害」という言葉も、かなり浸透してきました。特別な存在ではなく、個性的な人たちというくくりで、ごくごく身近にいる子供たちなんですね。

発達障害のある子供に合わせた授業を模索した日野市の小学校では、普通の子供たちの理解度も上がったというテレビ放送もありました。(NHK「ハートネットTV シリーズ障害のある子供と学校 第2回発達障害」)

障害や個性の強い子供たちを、お荷物だと考えるのではなく、どんな子供も暮らしやすい社会こそが、教育の底上げにつながるという意見を、みんなで共有したいです。

苦手を克服する~計算が苦手

算数嫌いの子供は多いですが、LD(学習障害)の子供たちは、いくら解き方を教えてもどうしてもできず、「頭が悪い」「なまけている」と思われがち。けっして怠けているわけではなく、脳の認知機能の問題なので、親や教師の思わぬところでつまずいていることがあります。思い当たる部分があれば、ぜひ落とし穴に戻って、丁寧に埋めてから先に進みましょう。「わかった!」という経験が、子供を成長させます。

我が家の長男ゲンキも、知的には非常に高いのですが、計算系が苦手。数式が、どうしても頭に入りません。1年生の計算カードにまずつまずき、「7+1」や「8+1」など、なぜ??という簡単な式で間違えるので、不思議でした。これだけ毎日やったらいい加減覚えるだろうという程、スパルタにやりましたが、なぜか覚えられない。タイムも、みんなが1分とか30秒でできる計算カードが4分以上かかる。

まだ彼の特性に気づいていなかったので、「どうしてできないの!」と言ってしまい(ゴメンm(__)mゴメン)、親子でつらい宿題タイムを過ごしていました。が、あまりにできないので、母に相談し(母は元小学校教員)、「まだ量の概念ができていないのではないか」とのことで、徹底的に指を使って計算をさせる、数の単元まで戻って何度も数え上げをさせる、小さな計算カードをやめて母秘蔵の大判カードを使用する、タイムは気にしない、などの対応で、ようやく1年生の終わり頃には何とかなりました。

とくにカードの大きさが一番効果があって、2年生の九九でも大判のカードを使用して練習しました。今考えると、計算をやる&カードをめくるという、同時に二つの動作をすることが、難しかったのだと思います。

IMG_0598

大判のカードは市販もされているので、お子さんがつまづいていたら、ぜひ試してみてあげてくださいね。

たしざんカード
公文公
くもん出版
2008-01





ひきざんカード
公文公
くもん出版
2008-02





九九カード
くもん出版
2008-02







ゲンキの場合は、目に見えない数をイメージするのが苦手だったようです。(同じくイメージしにくい、時間を求める問題も苦手です)ひたすら実物を使う、指を使う、絵に描いて数えさせる、などを毎日やりました。彼は強情で、「手を使うのは恥ずかしいから嫌」と頑なに拒否。嫌なら学校ではしなくてもいいから、家では手を使おうと必死に説得しましたが、LDに自閉症スペクトラムのこだわりがプラスされると、ほんと指導が難しいです・・・( ;∀;)

くり上がりやくり下がりは、家庭学習の成果もあり、何とか理解してくれましたが(ここでつまずく子が多いです)、ひっ算が始まるとまた計算ミスが増えます。字が汚く「0」と「6」が書き分けられず、本人すら間違える始末。何度言っても、くり上がりの数を書き忘れて間違えるし、1の位ではたし算をして、10の位では引き算をする・・・なんてミスも多く、これは3年生になった今も、完全には克服できていません。

イメージさえできれば解けるので、百玉そろばんを使わせたり、時計の実物模型を使わせたり、数式を標語にして覚えさせたり、もうあの手この手で食らいついています。

計算が苦手な子の対策としては

①数の概念が身についていない

→ひたすら、数え上げをする
→そろばんやおはじきなどで、触って見て声に出して、五感をフルに使って体に叩き込む

IMG_0497


木製 100だまそろばん
学研ステイフル
2014-06-07






小学校入学前に、100まで数えられるようになっていれば、算数にはついていけると言われています。

②短期記憶が弱い

→メモを取る習慣をつけさせる

③視覚認知が弱い

→マス目のある計算用紙を使う
→大きなカードを使う

④数式を覚えられない

→標語にして覚える

ゲンキは「4×5=20」「4×7=28」などがどうしても覚えられず、「死後(4×5)20年したら、幽霊は成仏する」とか「しひち(4×7)さん、28歳。婚活中」とか、私が適当に作った小話で覚えました)

数をこなすしかありませんが、毎日、少しずつをコツコツさせるほうがいいです。一度に多すぎる練習問題をやらせると子供も嫌になり、より苦手意識がついてしまいます。また字を大きくすればできる、式を親が書いてあげればできる、マス目のノートならできるようなら、みんなと同じにこだわらず、本人がやりやすい方法をとってあげるといいかと思います。ただでさえ苦手な計算に、+見えにくいなどのハンディがあると、子供のキャパを超えてしまいます。学校でも認めてもらえるようなら、先生に相談してみましょう。

また生活の中でも、「あの電車は何両編成?」とか「これとこれを買ったら、いくら?」とか、できるだけ数や計算を使うようにしてみましょう。高度な数学的思考まで身につける必要はありませんが、実用的な計算はやはりできないと、本人が困ります。認知の問題でどうしても計算ができない場合は、早い段階で電卓の使い方を教えるなど(今はスマホで何でもできるし)、生きていくための知恵を身につけさせる必要もあると思います。

苦手を克服する~音読が苦手

LD(学習障害)に多い、「読めない」問題。ディスレクシア(読字障害)とも呼ばれ、アルファベットを使用する欧米圏では割と多い発達障害ですが、形から意味を推察しやすい漢字圏では、%が下がるようです。それでも文字がにじんだりぼやけて見えたり、団子になって見えたり、点描画のように見えたりと、常人からは想像のできない辛さの中で生活をしています。本人のやる気の問題ではなく、脳の機能障害が原因なので、「練習すればできるようになる!」などの根性論では、子供を追い詰めてしまいます。

我が家の長男ゲンキも、音読が苦手。

さ行やた行が言いにくい構音障害があり、「ことばの教室」に通級もして発音はかなりきれいになりましたが、音読の読み飛ばしや読み間違いの多さが気になっていました。
→(「さ行が言えない」ゲンキの発音訓練 ことばの教室

読めないわけではなく、本は大好きで読むスピードも速いのですが、音読になるとややぎこちない&間違いが多いのです。目で見て、声に出すまでの連携が下手な感じです。去年までは、途中で直すと癇癪を起こして大変だったので、もう大筋が合っていればいいと大目に見ていましたが、3年生になって急に大人になったのか、宿題に口を出しても許してもらえるようになり、よっしゃと指導に乗り出しています。

「ことばの教室」にまず相談すると、文字を追う目の動きに問題があることがわかり、ビジョントレーニングを取り入れつつ、教科書に定規を当てて読む、まずは正しい音を耳で聞くなどの対応を勧められました。私は読み間違えるからと指を当てさせていたのですが、これは逆効果で、指が気になってより読めなくなるようです。定規を当てさせ、何度か親が正しい音読を聞かせてから読ませると、間違いも格段に減りました。

IMG_0600

音読が苦手な子の対策としては

①文字を認識できない

→ひらがな、カタカナを徹底的に練習する
(くぼみをなぞって、触覚から認識できるカードも市販されています)
→漢字が苦手なら、振り仮名をふってあげる
→拡大コピーして字を大きくする

②視覚認知が弱く、文字を目で追えない

→定規を当てて読ませる
→目の体操をする

img155
img156

(家庭でできる、簡単な目の体操。ビー玉などの小さなものを左右、上下に持ち、順番に目で追わせます。数十秒~長くても1分の体操を、宿題の前などにやります。長くやらせすぎると、目が過緊張になってしまうので短めに。ゆっくりでもいいので、焦点をしっかり合わせることが大切です。)

③文字を追うのに精いっぱいで、お話がイメージできない

→まず、親が読んであげる
→一度に長く読めないなら、段落ごとに練習させる

などがあります。読めないレベルにもよりますが、問題が大きい場合は、やはり専門機関で検査をし、子供に合った専門的な訓練を受けさせたほうがいいと思います。まずは気になることがあれば、担任の先生や「ことばの教室」などに相談してみましょう。ビジョントレーニングなどの訓練によって、軽減する場合もありますし、文字を大きくするなどの対処療法で子供の困り感が減る場合もあります。

左利きってどう?直すべき?

我が家では、長男ゲンキが左利き。次男ミッキーは右利き。三男ユウキも、おそらく右利きです。私も旦那さんも右利きで、近親者にも左利きはいないのですが、ゲンキは突然変異でしょうか。

左利きは遺伝的要素も強いようですが、大体10%の確率で古今東西、どの人種や民族にも存在すると言われています。大多数が右利きの世の中で、やはり左利きは不便だな~と感じることは多いですが、それでも一昔前にくらべると、 矯正しなくてもOKという考え方が主流になってきました。左利き用のグッズも、探せばいろいろと手に入るようになりました。とくに刃物系(はさみや包丁)は、左利き専用または両利き用でないと、まったく切れません。

img091

周りの子供たちを見渡しても、左利き率は意外と高いように思います。男女差もあまり感じませんが、統計的に見ると、男性のほうが多いそうです。矯正率は、半々くらいでしょうか。子供が嫌がらない程度で矯正するという家庭が多いです。ゲンキも4、5歳くらいの時に、どうしようかな~と悩んだのですが、彼は左傾向が非常に強く、利き手だけでなく利き目も利き足も、すべて左でした。試しに右に持たせると、完全に動きがフリーズしてしまい「こりゃあかんわ」ということで、矯正を諦めました。
無理に直していたら、どこかがゆがんだのではないかと思います。

が、学業的にはやはり、右利きが圧倒的に有利
鉛筆だけは右にさせたという家庭が多いのも、うなずけます。ノートもプリントも、基本的に右利きを想定して作られています。それを痛感したのが、九九学習の1分間テストでした。20問を1分間で解けると合格なのですが、左利きの場合、手が邪魔になって動きに大きな無駄が出てしまうんですね。おそらく5~10秒は変わってくると思います。1秒を争う試験の場合、左利きは可哀そうなくらい不利。
その分、人の倍努力しなければいけません。

img092

担任の先生にもそれは伝えましたが、何ら対策は行われず(きちんと配慮してくれる先生もいます)、教師の力量に左右されてしまいます。忙しい中で、クラスに数人しかいない左利き用のプリントを作れとは言えませんが、せめてがんばった分を認めて、きちんと褒めていただけたら・・・と悔しく歯がゆい思いをしました。

また3年生になると毛筆が始まるのですが、習字は右手でないと書けないようになっています。昔の日本には、左利きはおそらく存在しないことになっていたのでしょう。

無理に矯正すると、どもりやチック症状が出たり、ストレスで不登校になったりと、問題が出てくることもあります。お子さんの様子をよく見ながら、無理のない程度で、どの部分をどのように直していくか決めればいいと思います。

でも左利きは、天才肌が多いっていうし!
その子の持って生まれた、素晴らしい個性です!
profile

筆者:nontan
男の子3人を育てています。
長男ゲンキ(2009年生)
こだわりの強いグレーゾーンBOY
+アトピー&卵アレルギー

次男ミッキー(2012年生)
ASD+ADHDのハイブリッドBOY
+ぜんそく&卵エビカニアレルギー

三男ユウキ(2015年生)
今のところ普通に見えるけれど…アレルギーなし

出産前は書店勤務&JPIC読書アドバイザーとして活動していました。子育てが一段落したら、読み聞かせ活動を再開したいです!
はじめての方は、こちらの記事をまずお読みください。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
↑参加しています。よければ応援お願いします。