ことばの教室

グレーゾーンの子への配慮は、どうやってお願いすればいい?

IMG_0489

次男ミッキーのように療育手帳も取得し、 専門機関に相談にも通っている場合、話は早いのですが、長男ゲンキのようにグレーゾーンだけれどはっきりとさせていない場合、どのように学校側に配慮をお願いすればいいのか、難しいところです。

私自身、ミッキーの療育を通して知ったことや勉強したことを当てはめて、「ゲンキもここが弱い、これも苦手だ・・・それは高機能自閉症の特徴に当てはまるんじゃないか・・・」とわかってきただけに、初めて接する先生に単なる「わがまま、我が強すぎる、人に合わせられない」と受け取られてしまわないか、クラスメートにお荷物に思われないか、心配しています。

2016年4月に施行された「障害者差別解消法」によって、通常級でも一人一人に合わせた「合理的配慮」をすることが学校や行政に義務付けられました。目が悪い子がメガネをかけるように、聞く力が弱い子は視覚から支援したり、書く力が弱い子はタブレットの使用が認められたリ、ケースバイケースで様々な対応をしてもらえるようになりました。ですが、「合理的配慮」という言葉自体がまだ新しいので、先生によって、温度差はあるかと思います。親の側から丁寧にお願いすること、これが必要になってきます。(→「合理的配慮ってなに?」)



ゲンキが2年生の時、対応が後手にまわってしまい、とくに2学期頃、情緒不安定になってしまいました。ルールにこだわりすぎる。具体的に説明しないと、通じない。話しかけられても、気づかないことがある、これらの特性が原因で、友人とのトラブルも起こっていました。担任がちょっと話の通じない人で、いろいろお願いした中でやってくれたのは「席を前にすること」くらい・・・
(→「ゲンキ2年生 授業中にじっとしていられない 先生との相性」)

よく叱られていると、友達のお母さん経由で(本人は何も言いません)聞いて、もう (# ゚Д゚)

ゲンキは構音障害があり「ことばの教室」に通級しています。
(→「さ行が言えない ゲンキの発音訓練 ことばの教室」)
ここは言語関係だけでなく、発達に偏りがあったり、不登校などの問題を抱える子も通級する場所なので、「ことばの教室」の先生に間に入ってもらって、「わざとではなく、本人の個性なのだ」と伝えました。ゲンキのように通級していなくても、養護教諭やスクールカウンセラー、特別支援コーディネーターの先生など、担任との間に入ってくれそうな人がいたら、どんどん頼ったらいいと思います。親から一方的に言われるより、専門家が間に入ってくれることで、先生の対応もずいぶん違います。

うちは母が元小学校の教員で、先生への対応でも相談にのってもらっています。母からのアドバイスによると、

「これやって!って言われると、やっぱりカチンとくるわな。穏便に、いつもお世話になっていますという姿勢でいかないと、聞いてもらえる話も聞いてもらえなくなる。あの親やから・・・って思われんように」

だそうです。

「いきなり、教育委員会や管理職に泣きつくのも、アウト。まずは、きちんと担任の先生と相談すること。どうしてもこじれたら、年度末に校長に面談を申し入れて、来年以降の担任を配慮してほしいと伝えること」

年度末にっていうのが、大事だそうです。年度途中にこじれると、クラス替えまで子供がつらいからって。

それに従い、一年間耐えに耐え、年度末に校長先生にお手紙を書き(担任の悪口は書いてませんよ!)「熱中すると周りが見えなくなってしまうので、友人との摩擦があったこと」、「普段の生活をきめ細やかに見て欲しいこと」(=見れる担任をつけろ)を伝えました。私が直接校長先生に面談して渡すことも考えたのですが(言いたいこともたくさんあった・・・)、やっぱりそれは角が立つので、「ことばの教室」の先生経由で渡してもらいました。

そのおかげで、3年生ではベテランのしっかりした先生に受け持ってもらい、なおかつゲンキの弱い部分に配慮したきめ細やかな指導をしていただき(宿題の添削を見ているだけで違いがわかる)、1年間で別人のようにしっかりしました。宿題も一人でできるようになったし、友人とのトラブルもなくなり、安心して見ていられるようになりました。まあ、また高学年になったら、中学生になったら、別の困りごとが出てくるかもしれませんが。


グレーな感じだけど、どうやって先生にお願いすればいいかわからず困っている方、まずは先生と仲良くなることから始めてみてくださいね。私も、学校の様子がわかればと PTA を引き受けたり、行事の立ち当番を引き受けたり、家庭訪問の時に子供の様子を簡単にまとめた(長くなると負担になるので適度な量でね)用紙を渡したり、左利き用の反転プリントデータを作って渡したりと、家庭でできることをやってきました。

「あのお母さんにはお世話になっているから」
そう思ってもらえたら、子供のことも気にかけてもらえるはずです。
仕事でなかなか学校を手伝えない人でも、懇談会はできるだけ出るようにするとか、プリントの提出期限を守るとか、できることはたくさんあるはずです。

合理的配慮が法律で義務付けられているからといって、居丈高な態度をとることは逆効果です。
「うちの子だけ、こうさせてほしい」
「これはできないから、やらせないでほしい」
こういう物言いは、トラブルの元です。
親の側からは「こんなことで困っている」「発達のこの部分が弱いから、これができないようだ」「家庭ではこんな風にしたらうまくいった(反対に効果がなかった)」と、子供の様子を丁寧に伝えつつ、どうすればいいかを一緒に考えるという姿勢がいいと思います。学校にも都合がありますので、できること、できないことがあります。

また私の経験上、「食欲がない」「元気がなく、朝も起きられない」など体調面で気になることを伝えると、先生の対応が変わるような気がします。不調や情緒不安は、不登校につながるサインなのでしょう。「配慮をしてほしい」と言うよりは、「このままでは学校に行けなくなってしまう」のほうが、先生も聞きやすい感じです。

学校は敵ではなく、子供が成長するために必要な場です。家庭も、学校も、地域も、すべてが子供の応援団になれるよう、みなで手を取り合っていけますように。

感覚過敏をやわらげる訓練


言葉に遅れがあり、発達障害のある次男ミッキー

4歳から、2年保育で幼稚園に行くことになりました。が、一日入園で荒れる荒れる・・・

ミッキーはこだわりはないのですが、感覚過敏があります。(「感覚過敏ってなに?」)

見えないところから急に触られたり、自分のテリトリー内にあるものを触られることも、極端に嫌がります。身体接触は、基本的に嫌いです。狭いところで密着して過ごすこともストレスで、兄弟でも、一日中部屋の中で一緒に過ごしているとキレます。人混みのうるさい音も苦手。

一日入園では、たくさん子供がひしめき合っている教室を見ただけで「うわっ」となってしまい、入れなかったのは当然なのですが、最後に隅っこにでもいられたのは成長ですね。がんばっていました。

しかし私にぴったりと貼りついて、少しでも離れようものならしがみついてくる状態。私と一緒ならまだがんばれるけど、知らない人ばかりだと無理でしょうね。最初はやっぱり、付きそいかなぁ。でも、昨日はチックが出なかった!手は一度だけ噛んでしまいましたが(自傷行動)、先月までに比べると、荒れ方がやや収まってきた感じです。

入園前に苦戦していることを相談し、ミッキーも長男ゲンキがお世話になっている「ことばの教室」に通うことになりました。
「さ行が言えない」ゲンキの発音訓練 ことばの教室

ことばの教室は、ゲンキのように構音障害(発音がおかしい)や、言葉の遅れ、どもりなどの言葉の問題に加えて、難聴などの聞こえ方の問題や、発達障害、グレーゾーンの子供まで、幅広く支援してくれる通級教室です。幼稚園のすぐ近くにあり、通いやすいので本当に助かります。

ミッキーはすでにデイサービスで療育を受けているので、ことばの教室では療育よりも入園後の生活難を和らげるための訓練を行っていくことになりました。

おそらく、感覚過敏が一番ネックになるだろうと思います。まずは、音。そして身体接触ですね。

お友達と廊下ですれちがって、かすかに腕が当たっただけでも、ミッキーはキレてしまいます。相手に悪気があるかどうかは、関係ないし理解できません。相手が気付かないほどのかすかな刺激に、ミッキーが過剰に反応して、やり返したりパニックを起こしてしまうのではないかと心配しています。教室に入れない、活動に参加できない、というのはある程度仕方ないし、安全さえ確保されているのなら、一人で自由に遊んだっていいと思います。やりたいな~と自然に思ってくれて、少しずつミッキーのペースで参加できればOKです。

感覚過敏をできるだけ和らげて、友達との衝突を避ける。
つらい刺激をできるだけ減らして、幼稚園を楽しい場所だと思ってもらえる。

この2点を重点的にサポートしていくことになりました。そのために、おすすめされた感覚統合訓練をご紹介します。家庭でもできるので、お子さんが同じように感覚過敏で困っている方は、ぜひお試しください。

img075

まずは、できるだけ接触に慣れることから。
必ず見える場所から、柔らかいボールなど痛くないものを、わざとぶつけます。最初は「ギャーギャー」騒いでいたのですが、だんだん遊びなんだとわかってきて、キレずに笑って過ごせるようになってきました。

これまで嫌がることは極力しないようにしてきたのですが、「遊びの中で慣れさせる」ことも大切なのですね。本人が嫌がる手前で、「楽しいじゃん」と思えるようになることが重要です。

img076

また身体が固い、要らない部分に力が入っていることから、常に緊張状態が続いてしまい、疲れやすい&感覚が過敏になってしまうそうです。

それを和らげるためには、脱力させる練習をするといいそうです。バランスボールの上にのっける。ブランコやハンモックで揺らす。トランポリンを飛ぶ。またはトランポリンに寝かせて、すぐ横で飛んであげる。などなど。

家庭で簡単にできるのは、大きめのバスタオルに乗せて両端を持って揺らすこと。これはみんな大好きで、ミッキーにやっていると「やってやって」と3人が大変なことになるので、なかなか週末や大人の手がある時しかやってあげられません。

ミッキー
にいいことは、ゲンキにもユウキにもいいはずです。もっともっとしてあげたい!身体が5つくらい欲しいです \(^_^)/

「さ行が言えない」ゲンキの発音訓練 ことばの教室


「ことばの教室」は、ゲンキの通っていた幼稚園のすぐ近くにあり、気軽に通うことができました。近所なので、幼稚園の頃からゲンキを見知ってくれている先生もおり、私も気負うことなく相談することができました。

初回の教育相談では1時間ほどかけて、これまでの成育歴から確認します。歩き始めや話し始め、性格や幼稚園や学校での様子など。こだわりが強いこと、今のところ友達とはうまくいっているが、話を聞けなかったり急に喋りだしたり、周りが見えていないことを話すと、うんうんとうなづかれます(;´д`)

「マイワールドの濃いお子さんなのは、よく知っています」

「あ、やっぱり?ですよね・・・」

「でも大丈夫。お母さん、エジソンを育てていると思って!」

この言葉は、今も私の支えです。

7歳ごろからささいなことで癇癪を起こすようになり、反抗も激しく、一度すねて部屋にこもるとなかなか出てきません。言うことも聞かないし、かといって自分一人ではまだまだ危なっかしい。それまでおっとり系だったのに、急に扱いづらくなってきたゲンキに手を焼いていたので、育てにくいと悩んでいた私の胸に、この一言はすっと染みました。工作や発明が大好きなゲンキ。そうか、この子はエジソンだったのか。

ゲンキとの関わり方が、やっとわかったような気がしました。

エジソンもアインシュタインも、偉人と呼ばれている人は大なり小なり、発達障害を持っていたと言われています。

普通の子育ては、通用しない。でも、それだけの可能性を秘めている。そんな子供を授かったことを、幸運だと思えるようになりたい。

そして始まった発音訓練は、おはしを口に挟んで空気を出す練習をしたり、ストローを吹きながら舌の位置を確認したりと、とても専門的なものでした。音読などで私がいくら直しても言えなかった「さしすせそ」や「ざじずぜぞ」が、みるみるうちにきれいになっていきます。口内模型で説明されたことも、理屈大好きなゲンキにはよかったよう。驚くほど素直に、先生の言うことを聞いて練習に励んでいます。

さ行がしゃ行になってしまうのは、発音するときに口の中で舌が滑ってしまうせいだそう。(旦那さんも、子供の頃全く同じ症状でさが言えなかったらしい)赤ちゃんっぽくなるのを、ゲンキ本人も気にしていたようです。まずは正しい舌の位置を確認しながら、何度も先生のマネをして練習を繰り返しました。

img014

自分でもはっきりとわかるほど上達するので、達成感もあったようです。発音練習は集中的にする必要があるとのことで、3か月ほど週に一度通うと、最後まで直らなかった「つ」(ちゅになる)も言えるようになりました。

構音障害は、専門的な訓練をすることでほとんどの子が直るそうです。個人差がありますが、半年から1年ほど集中的に訓練することで、普段の生活でも気にならなくなります。ただ一度身についた発音は、意識しないとなかなか直りません。「ことばの教室」を卒業するとまた戻ってしまうこともよくありますが、一度発音のコツがわかれば、行きつ戻りつしながらも、徐々に直っていくそうです。

ゲンキも初めは「ことばの教室」でだけでしたが、だんだん宿題の音読練習でも意識できるようになり、普段から意識できるようになり、今も時々「ギョウジャ食べたい」(餃子食べたい)とか言うこともありますが、その場ですぐに直すことを続けて、ほとんど気にならなくなっています。


ゲンキ~小学生 忘れ物が多いけど図工が大好き!


ゲンキ
も早いもので小学生。
実はゲンキの入学式の1週間前にユウキが生まれ、正直それどころじゃねぇよっていうバタバタぶりだったのですが、それはまた別の記事でご紹介します。

公立幼稚園の良さは、地域で子育てができるところです。幼稚園の送り迎えを通して、自然と家が近くのお友達ができ、家族ぐるみで付き合うことができました。そのおかげで、小学校に上がるときも非常にスムーズでした。私が出産したことを知っていた近所のママ友が、お兄ちゃんを派遣してくれて一緒に登校してくれたり、誰彼となく気にかけてくれたおかげで本当に助かりました。

担任の先生も大らかで優しい人で、ゲンキの気難しさも笑っていなしてくれ、大当たりの年。懇談会でも

①忘れ物、失くし物が多い。
②授業中や給食の時間など、ぼーとし始めると話が耳に入らない。
③噛み癖がひどい。
④発音が気になる。(さ行ざ行た行)

などの気になる部分もありましたが、

⑤図工や国語、好きな科目への集中力はすばらしい。
⑥とにかく、ものしり。
⑦発表で人に説明するのが上手。
⑧優しくて、みんなから好かれている。

img038

と、いい部分をたくさん褒めてもらえました。

「たぶん忘れ物関係は、高学年になっても続くと思いますから、最後のチェックをお母さんがやってあげてください。でも賢くて、本当にいい子ですよ~」

と言っていただけて、幼稚園でさんざん言われてきて懇談会恐怖症だった私は、涙がにじみそうにうれしかったです。

「世話女房をもらうしかないですね~」と笑ってくれる先生に一年生を受け持ってもらった幸運で、小学校入学という大きな環境の変化に、ゲンキがすんなりととけこむことができました。

④の発音は「せんせい」が「しぇんしぇい」になるなど、構音障害と呼ばれているもので、訓練によって治ります。ゲンキは書き言葉にも影響が出ている(聞く時点で濁っている)ので、一年生の後半から「ことばの教室」に通級することになりました。

発音の練習と「ことばの教室」について、次に詳しく書いていきますね。発音が気になる子供は、けっこういるもの。専門的な訓練で、わりとすぐに治ります。ただ家庭ではどうしても難しいので、やはり「ことばの教室」などの専門機関を利用することをおすすめします。

profile

筆者:nontan
男の子3人を育てています。
長男ゲンキ(2009年生)
こだわりの強いグレーゾーンBOY
+アトピー&卵アレルギー

次男ミッキー(2012年生)
ASD+ADHDのハイブリッドBOY
+ぜんそく&卵エビカニアレルギー

三男ユウキ(2015年生)
今のところ普通に見えるけれど…アレルギーなし

出産前は書店勤務&JPIC読書アドバイザーとして活動していました。子育てが一段落したら、読み聞かせ活動を再開したいです!
はじめての方は、こちらの記事をまずお読みください。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
↑参加しています。よければ応援お願いします。