エジソン

発達障害は遺伝する?

我が家の次男ミッキーは、5歳で自閉症スペクトラムとADHDのダブル診断を受けました。長男ゲンキも、こだわりの強いグレーゾーンBOYです。旦那さんもゲンキにそっくりで、怪しいな~と思います。でも、私の母も衝動的&感情的でADHDじゃないの??って感じだし、私自身もそういうところがあると思います。

発達障害は遺伝するのか?どうか。

その昔、自閉症もADHDも親の育て方が原因だと言われていました。親との関りが薄いと自閉症になり、しつけができていないとADHDになるという見方は、今でも根強くあるように感じます。ですが、どちらも育て方や本人のせいではなく、生まれつき脳の機能に問題のある障害だということがわかってきました。
その一方で、やはり遺伝的な要素は否定できないという研究結果も出ています。

発達障害を抱えている親、またはグレーゾーンな親からは、発達障害の子供が生まれやすいのは事実だと思います。兄弟で発達障害を持つことも、珍しくありません。ADHDの子供の兄弟がADHDである確立は、50%にもなるそうです。

ですが一方で、ごく普通の親からも発達障害の子供は生まれてきますし、生きにくさを抱えている親を支えるしっかりとした子供も多く存在します。
こればっかりは運としか言いようがないし、発達障害があっても社会に適合して幸せな人生を送っている人はたくさんいるのだから、子供に発達障害があるから、または自分に発達障害があるからといって悲観することはありません。

img066

我が家は長男ゲンキと三男ユウキが、旦那さん系。三人ともそっくりです。ゲンキユウキも電車や乗り物が大好きで、ユウキはまだわかりませんが、ゲンキはこだわりが強いことやうっかりが激しいことなど、まるで小さい旦那さん。知識欲が強く、収集癖も激しく、まあいわゆるオタクです。

対してミッキーは、私系。性格もうちの母にそっくりで、衝動的&感情的ではちゃめちゃ、愛嬌たっぷりで存在感があり、見ているだけで笑えます。娘の私から言うのもなんですが、母は生きるエネルギーに満ち溢れていて、周りもまきこんで幸せにさらっていく嵐の目のような人です。ずっと一緒にいると疲れるのですが(父はえらい)、誰からも愛される不思議な魅力があります。

ゲンキエジソンだとすると、ミッキーはさしずめチャップリンでしょうか。
二人とも他の人にはない、天性を持っていることは間違いないのです。

一方で、人に合わせることが苦手で、集団生活の中では生きにくい子供たちでもあります。いかに彼ららしさを守って、才能を開花させてあげられるかが私の役目だと思っています。

子供に発達障害があるというと、「何が原因か」という話をよくされます。とくに親戚筋では、「誰が原因か」という犯人探しに発展することも珍しくありません。私は、この会話が苦手です。そんなことはどうでもいいんです。ゲンキミッキーも、あれが彼らの個性なのだから。

「何が悪かったのか」=障害がある子供の全否定
「誰が悪かったのか」=障害がある人間は子供を作るな

と言われているようで、辛いものがあります。

私はゲンキにも、できることならミッキーにも、愛する人と幸せな家庭を築いてほしい。ミッキーは、異性を愛する感情を持てるかどうかギリギリのラインにいるのかもしれませんが、それでももしミッキーに好きな人ができて、その人と一緒になりたいと言ったら、全身全霊をかけて支援します。どんな女性を連れてきて、どんな子供が生まれてこようと、私にできることがあるなら、這ってでも助けます。

それに兄弟でグレーゾーンだというと、「なんて大変な・・・」という目で見られますが、ゲンキミッキーがわかりやすかったおかげで、この子もグレーゾーンだなと気づいてあげられた幸運なケースです。気づかなければ、「どうしてみんなと同じようにできないの!」と叱り続けて、彼を壊してしまったかもしれません。私自身も、子育てのプレッシャーで潰れてしまったかもしれません。
これが特性なんだとわかることで、ずいぶんと楽になりました。正しい接し方がわかれば、問題行動も減ります。療育関係やことばの教室の先生に出会えた幸運で、私も子供たちも救われたのです。

発達障害が遺伝するとしても、それを個性、天性ととらえられる柔軟さで、子供を育てていけたらと願います。

「さ行が言えない」ゲンキの発音訓練 ことばの教室


「ことばの教室」は、ゲンキの通っていた幼稚園のすぐ近くにあり、気軽に通うことができました。近所なので、幼稚園の頃からゲンキを見知ってくれている先生もおり、私も気負うことなく相談することができました。

初回の教育相談では1時間ほどかけて、これまでの成育歴から確認します。歩き始めや話し始め、性格や幼稚園や学校での様子など。こだわりが強いこと、今のところ友達とはうまくいっているが、話を聞けなかったり急に喋りだしたり、周りが見えていないことを話すと、うんうんとうなづかれます(;´д`)

「マイワールドの濃いお子さんなのは、よく知っています」

「あ、やっぱり?ですよね・・・」

「でも大丈夫。お母さん、エジソンを育てていると思って!」

この言葉は、今も私の支えです。

7歳ごろからささいなことで癇癪を起こすようになり、反抗も激しく、一度すねて部屋にこもるとなかなか出てきません。言うことも聞かないし、かといって自分一人ではまだまだ危なっかしい。それまでおっとり系だったのに、急に扱いづらくなってきたゲンキに手を焼いていたので、育てにくいと悩んでいた私の胸に、この一言はすっと染みました。工作や発明が大好きなゲンキ。そうか、この子はエジソンだったのか。

ゲンキとの関わり方が、やっとわかったような気がしました。

エジソンもアインシュタインも、偉人と呼ばれている人は大なり小なり、発達障害を持っていたと言われています。

普通の子育ては、通用しない。でも、それだけの可能性を秘めている。そんな子供を授かったことを、幸運だと思えるようになりたい。

そして始まった発音訓練は、おはしを口に挟んで空気を出す練習をしたり、ストローを吹きながら舌の位置を確認したりと、とても専門的なものでした。音読などで私がいくら直しても言えなかった「さしすせそ」や「ざじずぜぞ」が、みるみるうちにきれいになっていきます。口内模型で説明されたことも、理屈大好きなゲンキにはよかったよう。驚くほど素直に、先生の言うことを聞いて練習に励んでいます。

さ行がしゃ行になってしまうのは、発音するときに口の中で舌が滑ってしまうせいだそう。(旦那さんも、子供の頃全く同じ症状でさが言えなかったらしい)赤ちゃんっぽくなるのを、ゲンキ本人も気にしていたようです。まずは正しい舌の位置を確認しながら、何度も先生のマネをして練習を繰り返しました。

img014

自分でもはっきりとわかるほど上達するので、達成感もあったようです。発音練習は集中的にする必要があるとのことで、3か月ほど週に一度通うと、最後まで直らなかった「つ」(ちゅになる)も言えるようになりました。

構音障害は、専門的な訓練をすることでほとんどの子が直るそうです。個人差がありますが、半年から1年ほど集中的に訓練することで、普段の生活でも気にならなくなります。ただ一度身についた発音は、意識しないとなかなか直りません。「ことばの教室」を卒業するとまた戻ってしまうこともよくありますが、一度発音のコツがわかれば、行きつ戻りつしながらも、徐々に直っていくそうです。

ゲンキも初めは「ことばの教室」でだけでしたが、だんだん宿題の音読練習でも意識できるようになり、普段から意識できるようになり、今も時々「ギョウジャ食べたい」(餃子食べたい)とか言うこともありますが、その場ですぐに直すことを続けて、ほとんど気にならなくなっています。


profile

筆者:nontan
男の子3人を育てています。
長男ゲンキ(2009年生)
こだわりの強いグレーゾーンBOY
+アトピー&卵アレルギー

次男ミッキー(2012年生)
ASD+ADHDのハイブリッドBOY
+ぜんそく&卵エビカニアレルギー

三男ユウキ(2015年生)
今のところ普通に見えるけれど…アレルギーなし

出産前は書店勤務&JPIC読書アドバイザーとして活動していました。子育てが一段落したら、読み聞かせ活動を再開したいです!
はじめての方は、こちらの記事をまずお読みください。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
↑参加しています。よければ応援お願いします。