佐々木正美

発達障害の子供が増えている原因

IMG_0596


発達障害の子供は、増えていると言われています。
発達障害で「通級指導」を受けている子供は9万人以上おり、この20年で約7倍になったというデータもあります。

その原因ははっきりしていませんが、一つは、社会が排他的になり、以前は障害ではなく個性としてとらえられていた子供たちが、生きにくさを抱えているため。

また、発達障害という言葉が一般に知られてきたおかげで、親や保育者が子供の気になる様子に気づきやすくなり、診断がつきやすくなったためと言われています。

でも、私はそれだけではなく、生活様式の変化も大きいのではないかと感じます。それは感覚統合訓練を受けることで飛躍的に伸びたミッキーを見ていて、療育を受けなかったらどうなっていたかと思うせいです。

→(「感覚統合ってなに?」)

最近の子供は体幹が弱いとよく言われます。それは外で遊ぶことが減った、ボール遊びをしなくなった、便利な機器が多く発明され、生活のための動きが減ったことなど、生活習慣の変化が大きな原因です。

ゲームが出てきて、子供が外で遊ばなくなった。本を読まなくなった。友達と遊ばなくなった。さらには自由に遊べる公園が減った、少子化で近所に子供がいない、子供を狙った犯罪などの安全上の問題など、数え上げればきりがないくらい、子供をめぐる環境は時代とともに変化しています。

幼稚園でも、「最近の子は蛇口のひねり方から教えないと、水も出せません。自動水栓のお家が増えてきて、水道の前で手を出して待っている子も多いんです」なんて、笑えない話を聞きます。昔は、日常的に様々な動作をしなければ、生きていけませんでした。トイレだって、洋式よりも和式のほうが足腰を使いますもんね。掃除でも、ほうきの使い方や雑巾の絞り方など、以前は家庭で身についていたことが、意識的に教えなければできない子供達が増えたのです。

地域や大家族で育った昔は、社会性が今よりも発達しやすかったはずです。例えば、食事中の会話でも、母子で一対一でしか喋ったことがない子供は、人の会話を聞く、自分の会話の番まで待つ、多くの会話の中から必要な声を聞き取るなど、双方向性のある会話のスキルが身につきにくいです。

一概に昔がよかったとは、言えませんよ。
昔は学校に行けない子供も多かったし、家の手伝いで遊ぶ暇もなかったかもしれないし、医療の進化のおかげで、お産でも病気でも死ぬ子供は劇的に減りました。

それでも児童精神科医の佐々木正美先生も著書で書いているように、子供の遊びや生活をめぐる環境は、時代とともに悪化していると言わざるとえないと思います。子供同士で生き生きと遊べない、そんな子供が大人になったら、やはり精神症を発症しやすくなると書かれています。遊びが減ったこと。生活が様変わりしたこと。これが、発達障害の子供が増えている一番大きな原因ではないかと思います。

私も子供の頃の思い出と言ったらとにかく、いたずらも含めて、友達と毎日暗くなるまで遊び歩いたことばかりです。ブランコも砂場もジャングルジムも木登りも、やりたい放題でした。怪我もたくさんしたけれど、友達と山のように遊んだ記憶が、今の自分の核にあります。

今の子供たちは、もうそんな遊び方ができなくなっています。

虐待やいじめ、不登校やひきこもり、子供をめぐる問題は複雑化深刻化し、どこかで抜本的に改革しなければいけないはずなのに、もう無理かもしれないとも、どこかで思います。

社会が病んでいる。
子育てをしていて、一度も感じない親はいないのではないでしょうか?

電車の中で子供が泣いたら・・・病院で子供が泣いたら・・・お店で子供がぐずったら・・・そんなシーンは子育てをしていれば日常的にありますが、その親子に対する冷たい視線や心無い対応は、増えているのが現実です。発達障害のある子供には、その数十倍の圧力がかかります。大人がそうなのですから、子供社会でも同じです。違う人、違う存在に対する排外的な感情が、社会にあふれかえっています。

次男ミッキーも些細なことで泣いたり暴れたりするので、公園ではすでに「違う子」認定されて、仲間に入れてもらえません。私も一緒に遊ぶことで、かろうじてその場にはいれますが、たぶんミッキーは楽しくないでしょうね。でも、なんとか、友達と遊ぶ楽しさを教えてあげたい。友達と群れて遊ぶ中から学ぶたくさんのことを、ミッキーにもどうか味わってほしい。切に願います。

発達障害の子供たちは、社会性が育ちにくい特性の上に、友達と関わる機会そのものが少ないため、伸ばすことができないというダブルの壁が立ちはだかります。本当なら発達障害がある子供こそ、友達とたくさん遊ぶ経験をさせなければいけないのだと思います。

さらには、眼の動きや身体の使い方、バランス感覚といった、学力や社会性に一見関係のなさそうな部分が、実はとても大きく生活全般に関わっていて、そこが弱い子供は遊び中心の子供社会でやっていけない=社会性が育たないのだと思います。私も療育先で教えてもらうまで、身体の発達と心の発達がそこまで密接に結びついているという意識がありませんでした。

昔は、グレーゾーンの子も友達と外で走り回って遊ぶうちに、体幹や眼の動き、身体の動き全般がバランスよく伸びていき、そのうちそれ以外も凹凸が気にならなくなるくらい周りに追いつくのに対して、今では、ついていけない子はいつまでもついていけずに差は広がるばかりで、ついに「障害」と認定されてしまうような、そんな気がします。

過敏だったり鈍かったり、どうしても他の子と感覚が違う子は昔からいたと思います。社会性や言葉が伸びにくい、身に付きにくい子の割合は、実はあまり変わらないのではないでしょうか。漫画家の水木しげるも4歳まで話せずに、知恵遅れだと思われていたと自伝で書いています。それでもそんな彼の個性を周囲は受け入れ、「ゲゲゲの鬼太郎」などの名作を生み出すことができました。

最近は逆に、自閉症やADHDなど、発達障害のことが広く知られてきたからこそ、小さい頃から特徴的な行動をしていないか、親も保育者も必死に確認してしまっているようにも感じます。ブログを書いていても、「言葉の遅れ」や「自閉症特徴」などのキーワードで検索して来られる方は多いし、きっと必死で子供のことを理解しよう、どうにかしてあげたいという気持ちからなのだと思います。
自閉症スペクトラムやADHD、LDなど、子供によって個性は千差万別ですが、共通する特性に対して正しい接し方を心がけることで、子供も周囲の大人もぐっと生きやすくなるのですから、専門的な療育やペアレントトレーニングを受けることは大切だと思います。なぜ他の子と同じようにできないのかを、叱って育てるのではなくて、理解して寄りそって育ててあげることで、その子の人生は豊かで幸せなものになるはずです。

でも本当なら、発達障害があろうとなかろうと、子供の個性は一人一人違うものだし、違っていいはずです。その違いを認められない方向に、社会が向いているような気がしてなりません。そんな現代の社会で自分らしく生きていくためには、「障害」という看板を背負わなくてはいけないのかと思ってしまいます。とくにグレーゾーンの子供たちは。

そして、これからもっと、発達障害と言われる子供は増えていくと思います。
スマートフォンが出始めて、そう感じます。

スマホの害は、私はとても大きいと思う。長男ゲンキを育てていた頃には、スマホはまだ一部の人しか使っていなかったのに、今ではみんなが持っています。お母さんもお父さんも、空き時間はずっとスマホをいじっています。みんながみんなそうではないけれど、そういう親が増えているのは事実です。便利だし、つい見てしまうんですよ。気持ちは、よくわかります。
LINEやSNSで、ママ友同士の結びつきは強くなったかもしれないし、集まって子供を遊ばせやすくなったかもしれませんが、子供がぐずったらすぐにスマホのゲームをやらせて、自分たちはおしゃべりに夢中で、子供の要求には気づきません。

そうして育った子供は、どんな子になるのだろうかと思います。

もっと幼少時に適切に関わっていれば、何とか育ったかもしれない子供たちが、これからどんどんグレーゾーンで診断を取りにくるのではないかと危惧します。そうしてそのうち、定型発達児と発達障害児の割合が逆転したりしてね。それはそれで、面白いかもしれません。私たちの当たり前が、根底から覆る日が来るのかもしれません。それはきっと、子供たちからの「逆襲」なのでしょう。



精神科医の佐々木正美先生の、おすすめ著書。子供を育てるすべての人へ、読んでほしい1冊です。

キングof育児書「子どもへのまなざし」

img158

児童精神科医の、佐々木正美先生を知っていますか?育児の臨床経験が豊富で、発達障害にも詳しく、多くの著作がありますが、その中でも最も素晴らしいベストセラー「子どもへのまなざし」をご紹介したいと思います。

ベストセラーなので、どこかで目にしたことがあるかもしれませんが、ぜひ家に一冊持っていてほしい本です。育児書というよりは、育児にまつわる読み物ではあるんですが、「こんな時はこうしましょう」的な実用書よりも、子育ての本質で一番大切なことをダイレクトに教えてくれる本で、とくに育児に迷っている人、悩んでいる時に読むと、もう泣けて泣けて・・・( ;∀;)
でも泣いた後は、「そうか、そんな簡単なことだったんだ」と目からウロコが落ちたようなさっぱりした気分になれる、不思議な本です。親の仕事は、ただもうひたすら、子供を愛すること。それだけなんですね。その愛し方さえ正しければ、どんな子供もまっすぐにすくすくと伸びていくと書いてあります。

佐々木先生が何度も何度も書いているのは、「子供が望んだことをその通りにしてやればいい」ということです。「親が望んだことをさせる」「周りの子供と同じことをさせる」のではなく、「その子が望んだこと」をするのが、ポイントです。過保護〇、過干渉?。このさじ加減さえ間違わなければ、何をしてあげてもOKだと。

子育てをしていれば、そのさじ加減の難しさがお分かりかと思いますが、それでも小さいうちにどれだけ望んだことをしてもらえたかで、その子の生涯の基盤ができるそうです。小さいうちに希望通り愛されなかった子供は、成長してから心身症を発症しやすく、そうなってから愛し直しをするのは、とても困難で不十分な結果になってしまうと。乳幼児期は最も親が子供の希望を叶えてあげやすいのだから、甘やかしてはダメになるなんて心配せずに、存分に抱っこして頬ずりして、一緒に遊んであげて、食べたいものを作ってあげて、子供を愛してくださいと。

「子どもへのまなざし」には、「続 子どもへのまなざし」「完 子どもへのまなざし」の3冊があります。


「続 子どもへのまなざし」は、「子どもへのまなざし」の反響が大きく、本当に子供のいいなりにやってあげていいのかなど、たくさん寄せられたお便りや質問に、佐々木先生が丁寧に答えていく内容です。

「完 子どもへのまなざし」では、より深刻化していく子供を育てにくい社会の中で、どのように子供を育てていけばいいのか、そして半分以上のページを使って、自閉症などの発達障害をもつ子供について詳しく説明してあります。

我が家には三部作を揃えていますが、やはり一番参考になったのは、「完 子どもへのまなざし」の発達障害をもつ子供についてまとめられた部分です。自閉症の人の感じ方、考え方が、これほどまで私たちとは違うのだと、切々と書かれています。それでも、育て方の基本は普通の子と同じであり、「子どもの望んだことを、望んだとおりに十二分にやってあげること」「それから、こちらの社会での仕組みを少しずつ根気よく教えていくこと」に尽きると読んで、本当に感動しました。

彼らの望んでいることは、わかりにくいかもしれない。社会の仕組みを教えるために、いろいろな工夫が必要かもしれない。より険しく、困難な道のりかもしれない。

それでも、親のやるべきことは変わらないのだと深く実感することができました。私たちが望むべきは、他の子と同じようにできるようになることではなく、親の望んだ通りに育つことでもなく、ただただ、その子が幸せに、その子らしく生きられるようにサポートすることなんですね。そうしてあげることが、社会に適合する一番の道でもあると。

見失いがちなことですが、その気持ちを常に持って、子育てしていきたいと願います。

自閉症の人に効果的な「ティーチプログラム」についても、書かれてあります。構造化、視覚化、予定をあらかじめ伝えておくなど、発達障害のある子供への基本的な接し方として有名ですね。アメリカのノースカロライナ州やデンマークでは、州や国を挙げて自閉症の人へのサポートプログラムが充実しており、「自閉症専用の学校」や「自閉症専用のプログラム」で学べると読んで、もう海外移住しようかしらと本気で思いました。

日本では、できないんでしょうか。

常々、思っていたんですよ。日本式の、横並びの、みんなで一緒にって教育法が、もう決定的に自閉症スペクトラムの人々には合わないのではないかって。だから、二次障害を多く引き起こしてしまうのではないかって。

ノースカロライナ州では、知的には高いアスペルガーの人も、「自閉症専用プログラム」で学びながら、「いかに自分たちは他の人と違っているのか」を徹底的に教えられるそうです。その違いがわからないと、「どうしてできないのか」がわからず、自己肯定感が下がってしまうからだそうです。知的に高ければとりあえず普通級に入れられて、あっぷあっぷしながら、必死にみんなについていかざるをえない日本の現状を思うにつけ、どうして日本の教育(社会も?)はマイノリティーを認められないのだろうか・・・と悲しくなります。

例えば、「自閉症にやさしい村」みたいなのがあれば、みんな混乱せずに粛々と落ち着いて、暮らしていけるのではないでしょうか。みんな人と違っていいんだよ、自分一人だけの世界があっていいんだよって、やさしい視線の中で暮らしていけることができれば、どれだけの悩み苦しんでいる人たちが、救われるのでしょうか。

そんな夢のような暮らしを、夢見て。

profile

筆者:nontan
男の子3人を育てています。
長男ゲンキ(2009年生)
こだわりの強いグレーゾーンBOY
+アトピー&卵アレルギー

次男ミッキー(2012年生)
ASD+ADHDのハイブリッドBOY
+ぜんそく&卵エビカニアレルギー

三男ユウキ(2015年生)
今のところ普通に見えるけれど…アレルギーなし

出産前は書店勤務&JPIC読書アドバイザーとして活動していました。子育てが一段落したら、読み聞かせ活動を再開したいです!
はじめての方は、こちらの記事をまずお読みください。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
↑参加しています。よければ応援お願いします。