卵アレルギー

卵アレルギー反応の母乳実験!妊娠中の生卵は控えよう!

IMG_0297

卵アレルギーの子のお母さんも、卵を除去するべきかどうか。妊娠中~授乳中まで、心配ですよね!じつは、病院ではあまり気にしなくていいと言われました。極端な食べ方をしなければ(一気に何個も食べるような)、血液や母乳を通して赤ちゃんに影響が出ることはまれだそうです。

ですが、私は実験をしてみた実感として、やはり母乳でも影響が出ることがあると思います。長男ゲンキにいろいろと試してみた(実験台にしてごめんよ)、結果をご紹介します。

img101

だいたい、こんな感じです。

卵そのものをたくさん使った料理は、やはり影響が出ました。オムレツや目玉焼きはNG。卵焼き一切れくらいなら、OK。つなぎものも少量まじっている場合は、OK。たくさん入っている場合は、NGでした。郷土料理で恐縮ですが、たこ焼きはOK。明石焼き(別名 卵焼き)はNG。って感じです。調理パンはOK。練り物系もOKでした。

生卵は厳禁で、これは妊娠中も避けるように指導されました。とくに、上の子が卵アレルギーだったと言うと、助産院では生卵は念のためやめましょうと言われました。毒性が強く出るそうです。

断乳して、何を一番に食べたかというと「卵かけごはん」です。見つかると欲しがるので、こっそりと子供たちにかくれてかっこみました (*ノωノ) だって!ずっと夢に見るほど食べたかったんだもん!
妊娠してしまうとまた数年食べられないので、私にとって、お酒よりも欲求不満になった食べ物です。

ゲンキを妊娠中はまったくそういった知識も意識もないままに過ごし、たんぱく質をとらなくっちゃと、卵かけごはんもよく食べていました。もしかしたら、ゲンキが3人の中で一番卵アレルギーが強く出たのは、そのせいかもしれません。ミッキーユウキを妊娠中は、私も用心してあまり卵は食べないようにし、とくに生卵は絶対に口にしなかったおかげで、ミッキーの卵アレルギーは軽く、ユウキはまったくアレルギーなしで済んだのかもしれません。

もしも、近親者に卵アレルギーの人がいたら(小さい頃だけで今は完治していても)、妊娠中は生卵を制限することをおすすめします。念のため、にね。でも用心するにこしたことはありません。ほんの10ヵ月の我慢で、その後の数年が断然楽になりますから。

ゲンキミッキーも、もう加熱した卵は食べられるようになりましたが、生&半熟はNGです。この間もお菓子作りの時、ミッキーが焼く前の生地をべろべろなめてしまい、顔が真っ赤っかになりました。ゲンキも、どうしても「温泉卵を食べてみたい」(ゾロリに出てきたらしい)というので、試しに食べさせたら吐いてしまいました。一緒に卵かけごはんを楽しめる日は、まだまだ遠そうです。(*´∀`*)

アレルギーの血液検査ってどうやるの?いつ頃やるの?


食物アレルギーのある子供は、いつかどこかのタイミングで、血液検査を受ける必要が出てきます。本当にその食べ物に反応が出るのかどうか、他にもアレルギーのある食べ物はないか、また幼稚園や保育園、学校で除去食をお願いする場合には、医師の診断書と血液検査の結果を求められる場合がほとんどです。

ゲンキミッキーも、1歳をすこし過ぎたところで血液検査をかかりつけの小児科で受けました。
1歳をすぎないと、正確な結果が出ないそうです。血液型も同じで、生まれてすぐの新生児期に調べた血液型はあまり当てにならないそうです。しかし、1歳頃の子供に血液検査って・・・そう、めちゃくちゃ大変です。

img102

ゲンキ
の時は私は診察室に入れてもらえず、待合室ですごい泣き声を聞いていただけなのですが(親にはとても見せられないらしい・・・)、ミッキーの時は、人手が足りなかったのか私も手伝うように言われ、バスタオルでぐるぐる巻きにされて片腕だけ出されたミノムシ状態のミッキーを、必死で押さえつけました。とにかく、すごい力で暴れるうえ、暴れて針が折れたらえらいことになるとかなんとか脅されて・・・もう馬乗り状態で必死で押さえました。

看護婦さんは慣れているので、涼しい顔で「ハイ、あともう一本」とか言うのですが、「まじっすか~無理っすよ~」( ´゚д゚`) って感じでした。ミッキーは太っていたのでぷにぷにで血管が見えにくかったらしく、ぶつぶつ文句も言われたし・・・もうできるだけ受けたくない検査ナンバーワンです。

そして、お医者さんの言うには「血液検査は万能ではない」そうで、「怪しいものは食べさせない」に限るそうです。ミッキーも、エビ・カニは血液検査での反応はありませんでしたが、実際に食べさせるとやっぱり顔が赤くなるんですよね。診断をつけるには科学的根拠がいるから、血液検査は受けなければいけないという感じで、それよりも毎日接している母親の所見のほうが重要だそうです。半年くらいおいて試しに食べさせてみて、だめならまた半年後に、って家庭で様子を見ながら対処すればOKだそうです。

ほとんどの場合が、小学校入学の頃までに食物アレルギーは治ることが多く、またどうしても必要ならその時に血液検査をしましょうと言われました。まあ、食べても湿疹が出る程度で、アナフィラキシーショックを起こすほどひどい食物アレルギーではなかったのが幸いです。もっと重症の子供は、またちがう治療法になるのでしょう。

アナフィシラキーショックで、給食を食べて死亡してしまった子供の記事を読むと、本当に心が痛みます。どれほどか、親御さんがつらい思いをしていらっしゃるだろうかと、もしも自分の子供がそんな事故にあってしまったらと、想像するだけで全身が震えます。

どうか、すべての子供が安全に健やかに成長できる社会になりますように。

アトピーと食物アレルギー

アトピーだと思っていたら、食物アレルギーによる湿疹だったということ、よくあります。アレルギー体質の子は、一つ当てはまると他のものも当てはまりやすく、芋づる式にずるずるとあれもこれも・・・と出てきます。

我が家の長男ゲンキも、新生児の頃から湿疹がひどく、健診では「乳児湿疹だから様子を見ましょう」と言われ続けましたが、結局3歳頃まで湿疹に悩まされました。(現在は冬場のみ乾燥湿疹がでます)

img100

旦那さんが同じように肌が弱く、卵も3歳まで食べられなかったと聞いていたので、離乳食でも用心していたのですが、7ヵ月頃に卵の黄身をあげてもOKだったので、あまり心配していなかったんですね。すごくよく食べる子で、離乳食はなんでもバクバク食べていました。

が、やっぱり湿疹はひどいまま。薬で治しても、またすぐに別のところに湿疹ができるというイタチレースで、ほとほと困り果てていました。そんな時、友人の子供が卵アレルギーという話を聞いて、もしかしたら・・・と思って、離乳食であげたものと湿疹が出るタイミングをメモにとってみたんです。

そうすると、見事に卵を食べた翌日に湿疹が出ていることが判明し ( TДT)ゴメンヨー となりました。卵そのものでなくても、ちくわやはんぺんなど、つなぎに使ってある練り物系もダメでした。

食べてすぐに反応が出る場合と、数時間後や翌日に反応が出る場合があるようです。ゲンキは後者だったため、気が付かなかったんですね。母乳にも混じっているかもしれない・・・と私も卵断ちすると、湿疹は激減しました。本当に、もっと早く気づいてあげればよかった。ごめんなさい。

1歳過ぎに血液検査をし、卵白アレルギーのIgEレベルは重めの4判定でした。卵黄でレベル2。3人の中でも、つなぎに使ってあるだけでもダメだったのはゲンキだけで、ミッキーはつなぎ物はOK(IgEレベル1)。ユウキは卵大好きで、もりもり食べています。でもミッキーは血液検査では出なかったのですが、エビとカニも食べると湿疹が出ます。シーフードミックスのエビくらいなら大丈夫なのですが、お寿司やエビフライはダメです。1歳のお正月にカニ鍋をモリモリ食べてしまい(欲しがるからとあげたのが悪かった)、翌日大変なことになりました ( ;∀;)

湿疹がひどい赤ちゃんの場合、食べるものや着るものなど、思い当たるものをすべてチェックしてみるといいかと思います。とくに食物アレルギーや肌の体質は遺伝するので、近親者の既往歴を確認しておきましょう。うちは、旦那さんが卵アレルギー、私の姉がエビ・カニアレルギー持ちでした。

原因物質を除去することで、湿疹が減ったら助かりますね!強い薬はすぐに治るけれど、やっぱり副作用が心配です。できるなら使わずに、普段の生活の見直しで、治してあげたいです (o^―^o)

ゲンキ~3歳 卵アレルギーとアトピー性皮膚炎

IMG_0157


歩き始めは1歳2か月頃。体重が重いこともあり、やや遅い感はありました。
言葉は早いほうで、1歳3か月頃には「まんま」や「ママ」「ないないばあ」などの単語をおしゃべりし始めました。

離乳食もよく食べていましたが、卵アレルギーがあること、乾燥肌でアトピー性皮膚炎だったことが、乳児期でもっとも大変だったことです。

発達障害児には、アレルギー体質の子が多いと言われています。

旦那さんが3歳まで卵が食べられなかったと聞いていたので、離乳食でも卵は遅めにしていたのですが、私はまったく気にせず卵を食べていました。

でも乳児湿疹がひどく、顔中ぶつぶつだらけ。乾燥してひび割れて、かゆくて掻きむしってしまうこともあり、皮膚科で保湿剤や弱いステロイド軟こうを出してもらっては対処療法をしていたのですが、もしかして母乳に混じっている卵のせいじゃない?と気が付いたのが8か月頃。それからようやく、私も完全卵除去生活にすることで、湿疹はかなり軽くなりました。(気づくのが遅くなって、ごめん)

アトピーのことは、また別記事に詳しく書きたいと思いますが、あれはあれで、親がしんどいんですよね。薬が合わなかったり、化学繊維で荒れたりと、まあ大変な日々でした。真っ赤な顔のゲンキがかわいそうで、外に連れて行くのが憂鬱だった時期もあります。

アトピーで悩んでいる方、大丈夫です!大きくなれば、必ず軽くなります。

卵アレルギーは、ゲンキが3人の中で一番重かったです。1歳過ぎに血液検査をし、卵白アレルギーのIgEレベルは重めの4判定でした。卵黄でレベル2。ミッキーはどちらもIgEレベル1だったことを思うと、やっぱりゲンキは食べさせることがとっても大変な子。とはいえアナフィシラキーショックを起こすほどではなく、じんましんが出る程度ではあったので、もっと重い子に比べれば、まだましなほうなのでしょう。
2歳半くらいまで、加工食品のつなぎに卵白が使ってあるだけでもじんましんが出ていました。買い物の時は食品表示を確認するくせがついて、それは今でも残っています。

ゲンキも旦那さんと同じように、3歳頃にようやく卵が食べられるようになり、今では加熱してあれば全く問題ないので、給食も普通に食べています。

あとは意外と、卵がだめで困るのが、予防接種なんですよね。

ゲンキは予防接種が苦手で、毎回かなり腫れたりしこりが残ったりして、悩みました。接種時期をできるだけ開けて、同時接種も避けて、受けなくてもいいものは極力受けずにきました。
インフルエンザは今も受けさせていません。ポリオも、不活性化ワクチンになるまで待ちました。MRも1期は結局見送ったので、どこかでもう一度打ちに行かなければいけません。

予防接種に関しては意見が分かれるところで、私もいろいろな本を読んで、親の責任で「これは必要。これはもう少し大きくなってからでも大丈夫」とギリギリの判断を下してきました。
お医者さんや乳児検診では「必ず受けさせるように」と言われることが多いですが、予防接種が原因で障害が残ったり(ポリオが有名ですね)、最悪の場合死んでしまうこともあるので、何も知らずに受けさせて後悔するよりは、きちんと考えたうえで、納得できるものを受けさせるべきだと私は思います。


profile

筆者:nontan
男の子3人を育てています。
長男ゲンキ(2009年生)
こだわりの強いグレーゾーンBOY
+アトピー&卵アレルギー

次男ミッキー(2012年生)
ASD+ADHDのハイブリッドBOY
+ぜんそく&卵エビカニアレルギー

三男ユウキ(2015年生)
今のところ普通に見えるけれど…アレルギーなし

出産前は書店勤務&JPIC読書アドバイザーとして活動していました。子育てが一段落したら、読み聞かせ活動を再開したいです!
はじめての方は、こちらの記事をまずお読みください。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
↑参加しています。よければ応援お願いします。