合理的配慮

グレーゾーンの子への配慮は、どうやってお願いすればいい?

IMG_0489

次男ミッキーのように療育手帳も取得し、 専門機関に相談にも通っている場合、話は早いのですが、長男ゲンキのようにグレーゾーンだけれどはっきりとさせていない場合、どのように学校側に配慮をお願いすればいいのか、難しいところです。

私自身、ミッキーの療育を通して知ったことや勉強したことを当てはめて、「ゲンキもここが弱い、これも苦手だ・・・それは高機能自閉症の特徴に当てはまるんじゃないか・・・」とわかってきただけに、初めて接する先生に単なる「わがまま、我が強すぎる、人に合わせられない」と受け取られてしまわないか、クラスメートにお荷物に思われないか、心配しています。

2016年4月に施行された「障害者差別解消法」によって、通常級でも一人一人に合わせた「合理的配慮」をすることが学校や行政に義務付けられました。目が悪い子がメガネをかけるように、聞く力が弱い子は視覚から支援したり、書く力が弱い子はタブレットの使用が認められたリ、ケースバイケースで様々な対応をしてもらえるようになりました。ですが、「合理的配慮」という言葉自体がまだ新しいので、先生によって、温度差はあるかと思います。親の側から丁寧にお願いすること、これが必要になってきます。(→「合理的配慮ってなに?」)



ゲンキが2年生の時、対応が後手にまわってしまい、とくに2学期頃、情緒不安定になってしまいました。ルールにこだわりすぎる。具体的に説明しないと、通じない。話しかけられても、気づかないことがある、これらの特性が原因で、友人とのトラブルも起こっていました。担任がちょっと話の通じない人で、いろいろお願いした中でやってくれたのは「席を前にすること」くらい・・・
(→「ゲンキ2年生 授業中にじっとしていられない 先生との相性」)

よく叱られていると、友達のお母さん経由で(本人は何も言いません)聞いて、もう (# ゚Д゚)

ゲンキは構音障害があり「ことばの教室」に通級しています。
(→「さ行が言えない ゲンキの発音訓練 ことばの教室」)
ここは言語関係だけでなく、発達に偏りがあったり、不登校などの問題を抱える子も通級する場所なので、「ことばの教室」の先生に間に入ってもらって、「わざとではなく、本人の個性なのだ」と伝えました。ゲンキのように通級していなくても、養護教諭やスクールカウンセラー、特別支援コーディネーターの先生など、担任との間に入ってくれそうな人がいたら、どんどん頼ったらいいと思います。親から一方的に言われるより、専門家が間に入ってくれることで、先生の対応もずいぶん違います。

うちは母が元小学校の教員で、先生への対応でも相談にのってもらっています。母からのアドバイスによると、

「これやって!って言われると、やっぱりカチンとくるわな。穏便に、いつもお世話になっていますという姿勢でいかないと、聞いてもらえる話も聞いてもらえなくなる。あの親やから・・・って思われんように」

だそうです。

「いきなり、教育委員会や管理職に泣きつくのも、アウト。まずは、きちんと担任の先生と相談すること。どうしてもこじれたら、年度末に校長に面談を申し入れて、来年以降の担任を配慮してほしいと伝えること」

年度末にっていうのが、大事だそうです。年度途中にこじれると、クラス替えまで子供がつらいからって。

それに従い、一年間耐えに耐え、年度末に校長先生にお手紙を書き(担任の悪口は書いてませんよ!)「熱中すると周りが見えなくなってしまうので、友人との摩擦があったこと」、「普段の生活をきめ細やかに見て欲しいこと」(=見れる担任をつけろ)を伝えました。私が直接校長先生に面談して渡すことも考えたのですが(言いたいこともたくさんあった・・・)、やっぱりそれは角が立つので、「ことばの教室」の先生経由で渡してもらいました。

そのおかげで、3年生ではベテランのしっかりした先生に受け持ってもらい、なおかつゲンキの弱い部分に配慮したきめ細やかな指導をしていただき(宿題の添削を見ているだけで違いがわかる)、1年間で別人のようにしっかりしました。宿題も一人でできるようになったし、友人とのトラブルもなくなり、安心して見ていられるようになりました。まあ、また高学年になったら、中学生になったら、別の困りごとが出てくるかもしれませんが。


グレーな感じだけど、どうやって先生にお願いすればいいかわからず困っている方、まずは先生と仲良くなることから始めてみてくださいね。私も、学校の様子がわかればと PTA を引き受けたり、行事の立ち当番を引き受けたり、家庭訪問の時に子供の様子を簡単にまとめた(長くなると負担になるので適度な量でね)用紙を渡したり、左利き用の反転プリントデータを作って渡したりと、家庭でできることをやってきました。

「あのお母さんにはお世話になっているから」
そう思ってもらえたら、子供のことも気にかけてもらえるはずです。
仕事でなかなか学校を手伝えない人でも、懇談会はできるだけ出るようにするとか、プリントの提出期限を守るとか、できることはたくさんあるはずです。

合理的配慮が法律で義務付けられているからといって、居丈高な態度をとることは逆効果です。
「うちの子だけ、こうさせてほしい」
「これはできないから、やらせないでほしい」
こういう物言いは、トラブルの元です。
親の側からは「こんなことで困っている」「発達のこの部分が弱いから、これができないようだ」「家庭ではこんな風にしたらうまくいった(反対に効果がなかった)」と、子供の様子を丁寧に伝えつつ、どうすればいいかを一緒に考えるという姿勢がいいと思います。学校にも都合がありますので、できること、できないことがあります。

また私の経験上、「食欲がない」「元気がなく、朝も起きられない」など体調面で気になることを伝えると、先生の対応が変わるような気がします。不調や情緒不安は、不登校につながるサインなのでしょう。「配慮をしてほしい」と言うよりは、「このままでは学校に行けなくなってしまう」のほうが、先生も聞きやすい感じです。

学校は敵ではなく、子供が成長するために必要な場です。家庭も、学校も、地域も、すべてが子供の応援団になれるよう、みなで手を取り合っていけますように。

合理的配慮ってなに?

IMG_2804

合理的配慮、という言葉を聞いたことはありますか?

合理的配慮とは、障害のある人々が、障害のない人と同じように社会に参加し、人権が保障されるために、それぞれの障害特性に配慮してもらうことです。例えば、目が悪い人がメガネをかけるのと同じように、音過敏の人がイヤーマフを使用する、読み書き障害がある場合はタブレットの使用を許可する、刺激に弱い人は別室で試験を受けられるようにする、などの事例があります。

平成28年4月に施行された「障害者差別解消法」(「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」)によって、役所や教育機関、企業や事業者は、障害がある人に対してできる限りの合理的配慮をするよう求められています。





自閉症スペクトラムの次男を育てていると、このように法律できちんと整備していただけることは、非常にありがたい。発達障害という言葉もかなり浸透してきたおかげで、おそらく一昔前は認めてもらえなかったようなことも、柔軟に対応してもらえるようになってきたと感じます。

ロッカーや席の位置、用意の簡略化、行事への参加方法など、幼稚園でもかなり我が家の要望を取り入れてもらいました。でなければ、参加できなかったでしょう。

とはいえ、まだまだ社会にはバリアがたくさん存在し、障害のあるなし関係なく、生きにくい世の中であることは否めません。車椅子の人がバスに乗車拒否されるとか、女性だからと試験で差別されていたとか聞くと、ため息しか出ません。
うちだって、自閉症で触られるのを嫌がると事前に説明していても、無理強い診察する医師にしょっちゅう出会います。

また合理的配慮も、「できる限り」「負担が重すぎない範囲で」「(事業者に対しては)対応に務めること」という但書があります。もちろん、希望がすべて通るわけではありません。学校だって、他の子の教育にも責任があります。物理的に、経済的に、制度的に、どうにもできないこともあるでしょう。

親側は子供の困りごとを軽減してやりたい、と思いがちですが、学校側は長い目で見て今はこれをがんばらせる必要がある、と考えていることもあります。また成長に伴って、配慮の必要性や対応もどんどん変わっていきます。子供に関わる人間が、今どのようなことで困っていて、そのためにどんな配慮ができるのか、よく話し合う必要があるでしょう。言い過ぎるとモンスターペアレント扱いされてしまいますし、とはいえ、言わなければいけないことはしっかりと伝えなければいけません。

つまりは、内閣府のポスターにもありますが、「合理的配慮」とは、「障害のある人もない人も、互いに、その人らしさを認め合いながら、共に生きる社会をつくることを目指す」(「内閣府」障害者差別解消法ポスターより抜粋)ことなのです。それを忘れずに、よりよい施行を目指して、私達はできることをやっていきたいです。

具体的にどんな配慮ができるか、詳しくまとめられたページもあります。参考にどうぞ→「内閣府

profile

筆者:nontan
男の子3人を育てています。
長男ゲンキ(2009年生)
こだわりの強いグレーゾーンBOY
+アトピー&卵アレルギー

次男ミッキー(2012年生)
ASD+ADHDのハイブリッドBOY
+ぜんそく&卵エビカニアレルギー

三男ユウキ(2015年生)
今のところ普通に見えるけれど…アレルギーなし

出産前は書店勤務&JPIC読書アドバイザーとして活動していました。子育てが一段落したら、読み聞かせ活動を再開したいです!
はじめての方は、こちらの記事をまずお読みください。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
↑参加しています。よければ応援お願いします。