常同行動

空手を始めてピョンピョンが直った

我が家の長男ゲンキは、こだわりが強く融通がきかないグレーゾーンBOYです。幼少期は黙々とブロックを組み立てる、砂をほるばかりで、友達よりも物への興味が強かったので心配していましたが、幼稚園、小学校と経るうちに、まあ、それなりに友達とも遊べるようになりました。

→(「一人遊びからの脱却 ぴょんぴょん跳ぶ謎の行動」)

ですが、なかなかやめられないピョンピョン・・・

自閉症スペクトラムの人が跳んだり、手をひらひらさせたり、同じ行動をくり返すことを常同行動といいます。ゲンキも3歳頃から、ピョンピョン跳ぶ常同行動が見られました。

→(「常同行動、常同運動ってなに?」)

カウンセラーの先生に相談したり、通級先でも相談したりしたのですが、「一人遊びの一環ではないか」「そのうち自然と収まる」「無理にやめさせるのはよくない」と言われました。なので様子を見ていたのですが、なかなか収まりません。暇になると始めるので、やることを用意したり、遊びに連れ出したり、あえてトランポリンで跳ばせたりしていました。

→(「トランポリン買っちゃいました」)

5歳で自閉症スペクトラムの診断がついた次男ミッキーには、常同行動は見られませんでした。ミッキーは言葉の遅れがありましたが、その他はクレーン行動があったかな~くらいで、幼少期の様子はゲンキのほうがよっぽど自閉っぽかったです。ゲンキは言葉の遅れはないけれど(喋り方は理屈っぽいけど)、ごっこ遊びはしなかったし(ミッキーはおままごと大好きだった)、手順とかやり方にすごくこだわる子でした。

→(「赤ちゃんの頃の自閉症スペクトラムの症状は?」)

ピョンピョン跳んでいる時のゲンキは、話しかけられても気づかないし、邪魔されると機嫌が悪くなるし、本人なりに必要な行動なんだろうとは思いますが、「大丈夫かいな」と心配していました。

そんなゲンキが、4月から空手を始めました。もともと、私の夢で、男の子が生まれたら武道をやらせたいな~と思っていたのと(だってかっこいいじゃん)、ゲンキはチームプレーよりも、個人競技の方が絶対に向いていると感じていたからです。体幹が弱いのも、姿勢が悪いのも、武道ならば鍛えてもらえそうだと思いました。

「空手、かっこいい」
「転んだ時も、受け身ができたら怪我しにくいし」
「ヒーローみたいだねぇ」

と、折にふれて「空手かっこいい運動」を続けてきたのが功を奏し、ゲンキもやる気になってくれました。いざ始めると、「おもしろい」と言います (^o^)

img490

まだ始めて3ヶ月程ですが、始めは見てられないくらいダメダメだったのが、それなりにさまになって、かっこよく見えます \(^o^)/

そ、そして・・・驚きの効果が!!

そうです。ピョンピョン跳ぶのが、直りました ( ;∀;)

以前は暇になるとピョンピョン跳んでいたのが、今は空手の型や構えをやっています。まあ、部屋の中でいきなり空手の型を始められるのもけっこう迷惑ではありますが、ピョンピョン跳ばれるよりはずいぶんマシです。弟からも、「かっこいい」と尊敬の眼差しを向けられるので、まんざらではない様子。三男ユウキが真似をするのを教えてあげたりと、兄弟のふれあいにもいい感じです。

なかなかやめられなかったピョンピョンは、新しい動きをインプットできたのがよかったようです。まず型を覚える空手は、ちょうどよかったみたい。ちょうど、ゲンキの中でやめられるタイミングと、空手を始めたタイミングが合ったのかもしれません。

自然とやめられる、そう言ってくれた先生方にも感謝です。そう言われ続けても、どうしても「はやくやめてくれないかな」と、思ってしまっていたから。本当だね。大丈夫だったね。心配性の自分を、反省しました。

感覚鈍麻ってなに?

自閉スペクトラム症やADHD、発達障害のある子供は感覚が過敏なことがよくありますが、反対に感覚が鈍い感覚鈍麻がある場合もあります。ケガをしても痛くなさそう、暑さや寒さに無関心、話しかけられているのに気づかないなどが、感覚鈍麻の主な症例です。また感覚に鈍いことが原因で、自ら刺激を作り出そうと常同行動自傷行動に及ぶこともあります。

長男ゲンキは、これですね。

聞く力が弱く、雑音の中で必要な音を聞きとれていないように感じます。読書や工作、考え事に熱中していると話しかけられても気づきません。授業中ぼ~としてしまうのも、このためでしょう。噛み癖がひどく、服のえりや鉛筆をいつも噛んでいます。ピョンピョン飛ぶ常同行動も見られ、ノートや本のはしをずっといじりながらでないと、宿題も音読もできません。

img088

↑ ゲンキ
の大好物・・・

img090

ノートも鉛筆も歯ブラシも、ゲンキが使うものはすぐにボロボロになってしまいます。
どうしたもんかな~と悩んでいますが、おそらく完全にやめることは難しいでしょう。何かを触っていないと、集中できないそうです。

服はえりやひものついていないものを着せるようにし、鉛筆は噛んでいないかチェックして噛み跡があれば注意するようにしていますが、本のはしをいじる癖(あまり目立たない)や歯ブラシをひたすら噛んでいる(歯ブラシは口に入れるものだから・・・まあいいか)のは、大目に見ています。

とにかく、社会的に容認される癖になんとか持っていきたい (+o+)

いじめられないか、変な目で見られないか、つまりはそれにつきます。実際、授業参観で見ていると、ゲンキがずっと鉛筆や服を噛んでいるので、となりの女子がひいているんですよね。マジ、申し訳ない。

本人も意識できるようになれば一番いいのですが、健常児であっても10歳前後までは人の目を気にして行動することは難しいようです。今は私に叱られないか、を基準に行動していますが、それでもまあいいかと思います。大きくなるにつれて、私の目=友人の目=他人の目と、視野が広がっていってくれることを願います。

トランポリン!買っちゃいました!

IMG_0269

発達障害がある子供の感覚統合におすすめな、トランポリン。療育センターや通級教室など、発達障害児向けの施設には必ずと言っていいほどあります。我が家でもついに購入しました!

発達障害をもつ子供は、耳や目、指先などから感じるいろいろな刺激や感覚を、脳の中でうまく整理して使いこなすことが苦手です。それが言葉の遅れや、まっすぐ立っていられない、常に落ち着きなく動き回っているなどの、特性に結び付いています。彼らの「感覚の不器用さ」を改善するための療育を、「感覚統合訓練」といいます。
→(「感覚統合ってなに?」)

普通の子なら、普通に遊んでいるだけで体得できるものなんですが、発達障害のある子どもは意識的に訓練しないとなかなか入りません。子供の特性や苦手なことに合わせて必要となる訓練はちがってきますので、 https://h-navi.jp/column/article/35025964 こちらのページなどを参考にしてみてくださいね。

トランポリンでは、足底などに対する圧迫刺激(固有感覚)と、上下に揺れる刺激(前庭感覚 )を鍛えることができるそうです。自閉症の人がよくピョンピョン飛んでいるのは、この2つの刺激を非常に好む、または刺激に鈍感であるためではないかと言われています。ピョンピョン飛ぶことで、必要な刺激を自ら作り出しているんですね。トランポリンを飛ばせることで、効率的に固有刺激と前庭刺激を入れることができ、多動がおさまったり、体幹がしっかりしてきた、言葉が増えた!などのよい効果が得られます。

我が家でも、次男ミッキーのために購入したトランポリンですが、一番喜んだのは長男ゲンキ。ピョンピョン飛ぶのが大好きなゲンキは、トランポリンに夢中で「天井にタッチできるまで飛ぶ!」とがんばっています。

img077

これ、すごい・・・ソファからトランポリンに、背景が変わっただけなんですが
常同行動が、まともな運動に見える・・・

母、涙です ( ;∀;)

一番よかったのは、所かまわずピョンピョン飛ばれてイライラする私への、精神安定効果かもしれない・・・

言葉の遅れのある子どもに対して、「あいうえお」を教えるのは意味がないそうです。遠回りに見えますが、感覚統合訓練や公園で苦手な動きを練習させたり、動物園や水族館で実物を見せたり、そういったアプローチを積み重ねることで、全体の能力が底上げされて、初めて言葉が出てくるそうです。

場所をとるし、兄弟間の取り合いでけっこうめんどくさいですが、雨で外遊びができない時なんか、とっても役に立つトランポリン。意外と安いし、私の運動不足解消にも使えるので!おすすめです~ (^▽^)/


常同行動、常同運動ってなに?


自閉症の人が、手をひらひらさせたりピョンピョン飛んだりすることを「常同行動」または「常同運動」といいます。意味がないような同じ行動をくり返し、学業や社会生活に支障が出る場合もあります。

常同行動には、手をひらひらさせる、ピョンピョン飛ぶ、ぐるぐるまわる、手をたたき続ける、体を揺らす、行ったり来たりする、爪を噛む、物を噛む、など人によって様々な行動があります。

img082

我が家の長男ゲンキは、ピョンピョン飛ぶのが大好き。
ピョンピョンしながら、部屋を行ったり来たりして、ぶつぶつ何かをつぶやいています。
(ぱっと見、完全にイッちゃっています)

常同行動、常同運動の定義としては

1.発達早期(生後三年以内)に表れ
2.社会的、学業的、またはその他の活動が害される 又は、自傷行為が伴う場合
3.そのほかの薬や、精神疾患の生理的作用によるものではなく、他の精神発達症や精神疾患ではうまく説明されない
(『DSM-5』(『精神疾患の診断・統計マニュアル』より)


長男ゲンキがピョンピョン飛び始めたのは、次男ミッキーが生まれた3歳9ヵ月の頃からなので、厳密に見るとちがうんですね~ (^_^;)
心配してカウンセラーに相談したこともあったんですが、「一人遊びの一環ではないか」と言われ、自閉症とは言われませんでした。

調べてみると、常同行動は発達障害のある子供の約4%~15%にみられますが、知的や発達に偏りのない普通の子供でも、約3%~4%にみられるそうです。普通の子供は、成長とともに常同行動は収まっていくそうです。

常同行動の原因としては

1、何かを訴えている
2、することで安心する
3、刺激を自ら求めてやっている

ことが挙げられます。

ゲンキ
も、暇で何もやることがない時によくピョンピョンしています。「自閉症の僕が跳びはねる理由」で、作者の東田直樹さんは、手をひらひらさせるのはなぜかと聞かれて「光を目の中に取り込むため」だと答えています。好きな刺激を自分で作りだして取り込むことで、精神的に安心するのでしょうか。

自閉症の僕が跳びはねる理由 (角川文庫)
東田 直樹
KADOKAWA/角川学芸出版
2016-06-18


自閉症の僕が跳びはねる理由 (2) (角川文庫)
東田 直樹
KADOKAWA/角川学芸出版
2016-06-18



とくに学業や社会生活に支障をきたしていないのであれば、常同行動を矯正する必要はないのかもしれません。でもやっぱり、所かまわずピョンピョンするのはやめてほしいし、公園に連れて行ってもピョンピョンしてばかりで遊べないのは、どうかな~と思います。

「学校ではやっていない」と言い張っていますが、授業参観で見ていると、発表で正解してうれしい時なんかについやってしまっています。身体に染みついてしまっているんですね。いじめられないか、本当に心配です ( ;∀;)

禁止することで、ゲンキの精神バランスが崩れないように・・・とは思いますが、できるだけ普段からしないですむようにしたいです。「やめなさい」と言い続けて、少しずつ減ってはきました。

暇な時にしているので、できるだけやることを与えて行動を抑えるようにしています。
あえて、トランポリンの上でやらせるとかね。→(「トランポリン!買っちゃいました!」)

赤ちゃんの頃の自閉症児の特徴とは?気になる子供の様子

IMG_0113


自閉症はやはり言葉の遅れがはっきりしてくる2、3歳頃にわかることが多いですが、赤ちゃんの頃から特徴的なサインが出ていることもあります。

赤ちゃんの頃の自閉症児の特徴として、

①目が合わない。
②表情がない。
③抱かれると嫌がる。または抱かれても身体を硬くして緊張している。
④呼ばれても反応しない(耳が聞こえていないと誤解されることも)。
⑤母親と気持ちが通い合っている感じがしない。
⑥人見知り、後追いをしない。
⑦模倣(マネ)をしない。バイバイが逆になる。
⑧指差しをしない。
⑨ごっこ遊びをしない。物を並べるのが大好き。
⑩手をひらひらさせる、くるくる回るなどの常同行動をくり返す。
⑪洗髪や歯磨きを、異常に嫌がる。
⑫カミナリや花火など、特定の音を異常に怖がる。
⑭同じものばかり食べる。好き嫌いが激しい。
⑮夜泣きがひどい。または、夜に寝ない。
⑯つねに動き回っていて、落ち着きがない。
⑰順番や手順にこだわりがあり、少し違うだけでパニックを起こす。
⑱人の手を使って、物を取ろうとする。(クレーン現象)


などが挙げられます。幼いうちからこういった違和感を感じていて、2歳を過ぎても喋らないといった言葉の遅れがプラスされると、わりと早い段階で自閉症という診断がつきます。(早ければ1歳半健診で指摘されます)

とくに①や②や⑦や⑧は、わりとわかりやすいサインだと思います。1歳半健診でも、目が合うか、指差しをするかを見られます。
⑨や⑩も、典型的な特徴です。ミニカーやブロックをひたすら並べている、ピョンピョン跳んでいるというのは、幼児期の自閉症児によく見られます。

ですが⑪や⑭や⑮などは普通の子でもよくある話で、お子さんに当てはまるからといっても他に明らかに気になるところがなければ、心配いらないでしょう。おそらく、程度の問題だと思います。自閉症児のこだわりは普通の子のこだわりとは違って、生活が成り立たないレベル。例えば、散歩のたびに必ず公園の横にある看板をタッチしないと通れなくて、その看板がある日撤去されるとパニックを起こす。など親には理解しがたい細かいこだわりで、毎日ががんじがらめになってしまいます。
パニックも、泣き始めたら1時間ギャン泣き大暴れという状態をいいます。ひっくり返ってエンエン泣いても、5分もしたら治まるものは癇癪にすぎません。

自閉症スペクトラムは、まだわかっていない部分の多い発達障害ですが、子供の約50人に1人、グレーゾーンの子も含めれば約20人に1人はいることが研究でわかってきました。けっこう、多いんですね。クラスに1人はいるということです。男の子に圧倒的に多く、女の子の約5倍の確立で発生すると言われています。

次男ミッキーは、上にあるような特徴は見られませんでした。人見知りはあまりしなかったけれど、後追いはしていたし、表情が乏しかった気はするけど(いつもシラ~としていた)、目も合うし笑顔も多く、バイバイやタッチなど模倣もちゃんとできていました。指差しもありました。どちらかというと、じっとしていられない、破壊的な遊びを好むなど、ADHDの要素が乳幼児期から激しく、とにかく多動を何とかして~という感じでした。

だから言葉の遅れを指摘されても、う~ん、自閉症とは違うんじゃないかな~と思っていたわけです。でも洗髪や歯磨きはめちゃくちゃ嫌がっていたし、聴覚過敏で花火の音は今でも怖がります。味覚過敏もあり、混ざった味が食べられず、炊き込みご飯やチャーハンは食べません。白いご飯じゃないと嫌。ハンバーグも嫌い。

これらは感覚過敏と呼ばれる症状で、普通の人は気にならないレベルの感触や音や味が、自閉症の人は耐えがたいほど強く感じられることです。ミッキーには、これがあるな~と感じます。

慣れや訓練でも何とかなるもので、洗髪や歯磨きは、10秒数えようとか、好きな歌を歌ってあげるから我慢しようという声かけで、3歳半頃にはなんとかできるようになりました。白いご飯へのこだわりはわりと面倒で、ゲンキユウキは混ぜご飯系が大好きなので、炊き込みご飯やチャーハンもたまに作りますが、その日はミッキー用に白飯を別で用意します。
花火やカミナリも、来そうな時は事前に予告することで、かなり苦手さが軽減できつつあります。

感覚過敏は、どれだけ辛いのかが本人以外にはわかりにくい障害です。根性論で「これくらい慣れろ!」と強要するよりは、どうすれば大丈夫になるかな?と一緒に工夫をしてあげるほうが、うまくいくと思います。

profile

筆者:nontan
男の子3人を育てています。
長男ゲンキ(2009年生)
こだわりの強いグレーゾーンBOY
+アトピー&卵アレルギー

次男ミッキー(2012年生)
ASD+ADHDのハイブリッドBOY
+ぜんそく&卵エビカニアレルギー

三男ユウキ(2015年生)
今のところ普通に見えるけれど…アレルギーなし

出産前は書店勤務&JPIC読書アドバイザーとして活動していました。子育てが一段落したら、読み聞かせ活動を再開したいです!
はじめての方は、こちらの記事をまずお読みください。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
↑参加しています。よければ応援お願いします。