感覚過敏

聴覚過敏とカクテルパーティ効果


カクテルパーティ効果、という言葉を、聞いたことはありますか?

カクテルパーティ効果、カクテルパーティ現象とは、パーティでたくさんの人々が喋っている、雑音、騒音の中でも、自分が興味のある情報だけを見たり聞いたりできることです。

普通の人は、始めはうるさく感じても、集中することで、目の前の人の声だけを拾って聞くことができます。

ところが、発達障害のある人々は、この情報の取捨選択がうまくできないことがあります。 脳の機能的な問題だと考えられています。とくに感覚過敏を持つ人々は、カクテルパーティ効果を感じにくく、同列に聞こえる膨大な音の中から、必要な音を必死で聞き取っているので、神経を使い疲れてしまいます。

img477

うちは長男ゲンキも、次男ミッキーも、カクテルパーティ効果ができないと感じます。二人とも、聴力的には問題ないのですが、雑音の中で必要な音を聞き取るテストは、苦手でした。

ゲンキは、テレビがついているととにかく、呼ばれても話しかけられても、一切気づきません。読書中も、気づきません。視覚過敏傾向があるので、画像の処理中は、聴覚を使用できなくなっちゃう感じです。

ミッキーは聴覚過敏もあり、音がおそらく私達の3倍くらいの大きさで聞こえているようです。大きな音や反響音を、とても怖がります。さらにカクテルパーティができないとなると、どれだけの音の渦の中にいるのかと思います。

ミッキーを人混みに連れて行くと、とたんに顔つきが険しくなって、ささいなことで癇癪を起こして撃沈してしまうので、刺激の渦の中にいると、相当しんどいのだと思います。人混みは避け、音楽会などの音がつらそうな場面では、イヤーマフ(音を遮るヘッドホン)を使っています。





最近、リビングでテレビを見ている時、ミッキーが雑音をとても嫌がるので、困っています。兄弟がちょっと笑ったり喋っても怒るし、私が台所で料理をしている音がうるさいとキレます。テレビの音が、聞こえなくなってしまうのでしょうね。

img478

ゲンキは興奮するとベラベラ喋りながら見るので、兄弟喧嘩が耐えません ( ;∀;)

ミッキーが怒って音量を異常に大きくしてしまうのですが、音を小さくしたり止めたりすると癇癪を起こすので、どうしたもんやら・・・

「みんなで見ているんだよ」
と指導したり、字幕を出したり、あれこれやってみましたが、効果なし。

イヤーマフは音そのものが聞こえなくなるので、使えません。

そこで、みんなで見ている時でも、ミッキーにテレビ用のヘッドホンを使わせてみました。最近のテレビなら、「設定→音量・音声設定→ヘッドホン併用」と設定すると、ヘッドホンで聴きながら、テレビの音量も出すことができます。





ヘッドホン併用することで、解決しました。カクテルパーティできない人に、めちゃいいです。雑音に悩まされることなく、テレビを鑑賞することができます。

他にも、



デジタル耳栓といって、雑音ノイズは排除し、人の声は聞こえるようにしてくれる機器もあります。こういった便利なグッズで解決できる部分は、増えてきています。スマホがあれば、メールやSNSで意思疎通もできます。

持って生まれた、聴覚の特性はどうしようもできません。我慢しろ、できるようになれと強制するのではなく、方法を変える、違うやり方を試してみる。それでいいと思います。

私たちも、大音響のコンサート会場でずっとスピーカーの真横にいたら、疲れ果ててしまうでしょう。耳栓をしたいと、心から思うでしょう。発達障害のある人々は、それが日常なのです。

うるさい場所では筆談する、必要な機器を自分で使えるようになる、そういった自分の苦手との付き合い方を、教えていかなくてはいけないですね。

発達障害の子供におむつなし育児は有効か

IMG_0204

自閉症スペクトラムやADHDなど、発達障害のある子供に「おむつなし育児」は有効かどうか、を考えてみたいと思います。我が家には3人の男の子がいますが、長男と次男がグレーゾーン。次男のほうがより特性が強く、言葉の遅れだけでなく、多動や感覚過敏もあります。でも3人ともおむつなし育児で育てました。
→(「おむつなし育児ってなに?」)(「おむつなし育児のやり方」)

3人のおむつが取れた時期は、長男ゲンキ→2歳過ぎ。次男ミッキー→3歳過ぎ。三男ユウキ→2歳0ヵ月現在日中はトレパン状態。この夏には取ろうと思っています。

ゲンキは1歳半からパンツ、ミッキーも2歳半からパンツで時間排泄でした。おむつが取れたというのは、自分で「おしっこ」を教えてくれるようになった時期のことです。ユウキも、「うんち」は1歳8ヵ月頃から教えてくれます。

ゲンキユウキは、おむつなし育児の成果か、明らかに周囲よりも排泄自立が早いです。
ミッキーは他の子供のおむつ外し時期と同じかやや早いくらいでしたが、1年以上言葉の遅れがある自閉っ子にしたら、ものすごくスムーズに取れたほうだと思います。もし紙おむつで育てていたら、おそらく今も取れていないでしょう。

発達障害の子供にも、おむつなし育児は有効だと私は思います。
といっても障害が重い子供は、もしかしたらそれどころではない、もっと生活の基本的なことをするだけで精一杯で、布おむつやおむつなし育児なんてやる余裕が、親にないかもしれませんが。それでも療育手帳を取得し、おそらく小学校も普通級は難しいであろう次男ミッキー(手帳の等級は軽度です)でも、おむつなし育児はできました。→(「療育手帳の取得に向けて」)

発達障害の子供に共通する特徴に、一度身についた習慣を変えることが難しいということがあります。一度紙おむつの中に排泄する習慣を身につけてしまうと、なかなか変えられないのは健常児でも同じですが、発達障害を持つ子供は、よりそれが強く出てしまいます。

さらに、自閉症スペクトラムの人は身体の感覚が人とは違うことが多く、排泄感覚がわかりにくかったり、下半身の感覚が鈍く上手に排泄できなかったり、「おしっこがしたい」と感じてもそれを言葉にすることが難しかったり、狭くて暗いトイレを異常に怖がったり、失敗して叱られた記憶が消えずにフラッシュバックを起こしてしまったり、トイレトレーニングがうまく進まないことが非常に多いです。

「赤ちゃんにおむつはいらない」三砂ちづる著)によると、赤ちゃんはもともと本能的に、排泄物をおむつの外にしたいという欲求があるそうで、その本能を大切にしながら育てることが「おむつなし育児」の本質です。発達障害があっても、食欲や睡眠欲と同じように、排泄をするという本能は、誰でも持っているはずです。持って生まれたその本能を、薄れさせずに育てることで、トイレトレーニングがしにくい発達障害の子供もスムーズにおむつが取れるのではないかと思います。

赤ちゃんにおむつはいらない
三砂 ちづる
勁草書房
2009-08-29


おむつの外にすることが気持ちいい、おまるやトイレにすることが当たり前、という感覚で赤ちゃんの頃から育てていれば、年頃になったからといきなり「今日からトイレでするように」と言われても、戸惑わずにいられます。

発達障害があるかどうか、はっきりしてくるのは2歳とか3歳、もっと大きくなるまでわからなかったというケースも多いので、この子は障害があるからおむつなし育児で育てようと、初めから考えている親は少ないとは思いますが、すべての子供に優しい子育て法として、ぜひ「おむつなし育児」を知ってほしいなと思います。

ただ、発達障害があると赤ちゃんの頃から特徴的な育てにくさとして、「抱かれると嫌がる」「不安定な姿勢を嫌がる」などの症状がある場合があり、次男ミッキーも縦抱きが嫌いだったのですが、身体を支えておまるにおしっこをさせるのが難しい時期がありました。→(「ミッキー~4か月 身ぶるい発作&反り返りで受診」)

指示が理解できにくかったり、トイレなど場の認識がつきにくかったり、発達障害が原因の「おむつなし育児」のやりにくさも出てきます。次回以降、そういった問題点を考えていきたいと思います。
→(「発達障害の子供でも、おむつなし育児はできる?」)

触覚が未発達だと起こる、感覚過敏

発達障害の子供は、感覚や発達に偏りがあることが多く、そのアンバランスさが問題行動につながっています。弱い部分を伸ばし、全体のバランスをよくすることで、できることが増え、困ったことが減っていきます。

自覚しにくい固有覚前庭覚について、前の記事に書きました。
それ以外にも、発達障害があると偏りがちな感覚に、触覚があります。

触覚とは、触って感じる感覚です。

手先、指先、皮膚、身体のいろいろな部分で感じることができます。感覚統合訓練で説明されたのですが、この触覚には「原始系」と「識別系」の2つの働きがあり、その2つのバランスがとれていないと感覚過敏や感覚鈍麻、より強い刺激を求める常同行動などにつながってしまいます。

(「感覚過敏ってなに?」)(「感覚鈍麻ってなに?」)(「常同行動、常同運動ってなに?」)

img121

原始系」の触覚とは、熱い!痛い!など、危険から身を守るために本能的に備わっている、反射的&防衛的な感覚です。軽い刺激でも身体が反応し、身を守ります。

対して「識別系」の触覚とは、ものを探したり、どんなものかを触って確かめるための感覚です。ある一定以上の強さの刺激で、感じることができます。目で見なくても、触るだけでわかるためには「識別系」の触覚が発達する必要があります。

次男のミッキーは感覚過敏があり、とくに顔周りを触られるのを嫌がります。小さい子はみんなそうかもしれませんが、「鼻ふいて~」「頭ふいて~」「何かついてる~」のたびに、大暴れです。

img120

 これは識別系の触覚が未発達で、原始系が勝ってしまっているせいなんだそうです。識別系が育っていれば、「鼻をふくだけだから痛くない」「ママがふいてくれるから嫌じゃない」「鼻が垂れたままだと気持ち悪い」とか、いろいろなことを認識して、「触られたら嫌」という原始系の反応を抑え込みます。識別系が育っていないせいで、「とにかく触れるのは嫌!」と逃げたり攻撃したり、過剰に防衛反応が出てしまいます。

他にも識別系が未発達だと、身の回りのあらゆるものを触りたがったり、同じ毛布など特定の刺激に執着したり、という行動をとります。赤ちゃんはみんなそうですね。

生まれたばかりの頃は、原始系の触覚しかありませんが、成長するにしたがって徐々に識別系の触覚が発達し、本能的な反応をする前に、識別系によって危険性を判断することができるようになります。ここが、発達障害の子供は育ちにくいんですね。

識別系の触覚を育てるには、箱の中などに見えないようにおもちゃを入れて「これ、な~んだ?」と当てっこ遊びをするといいそうです。感覚過敏を和らげるには、いろいろな感触のものを触らせたり、くすぐりっこやベビーマッサージ、ボールの当てっこなどがおすすめ。遊びを通して、触られても嫌じゃない、楽しい触り方があるというのをわかってもらえるといいですね!

感覚過敏をやわらげる訓練


言葉に遅れがあり、発達障害のある次男ミッキー

4歳から、2年保育で幼稚園に行くことになりました。が、一日入園で荒れる荒れる・・・

ミッキーはこだわりはないのですが、感覚過敏があります。(「感覚過敏ってなに?」)

見えないところから急に触られたり、自分のテリトリー内にあるものを触られることも、極端に嫌がります。身体接触は、基本的に嫌いです。狭いところで密着して過ごすこともストレスで、兄弟でも、一日中部屋の中で一緒に過ごしているとキレます。人混みのうるさい音も苦手。

一日入園では、たくさん子供がひしめき合っている教室を見ただけで「うわっ」となってしまい、入れなかったのは当然なのですが、最後に隅っこにでもいられたのは成長ですね。がんばっていました。

しかし私にぴったりと貼りついて、少しでも離れようものならしがみついてくる状態。私と一緒ならまだがんばれるけど、知らない人ばかりだと無理でしょうね。最初はやっぱり、付きそいかなぁ。でも、昨日はチックが出なかった!手は一度だけ噛んでしまいましたが(自傷行動)、先月までに比べると、荒れ方がやや収まってきた感じです。

入園前に苦戦していることを相談し、ミッキーも長男ゲンキがお世話になっている「ことばの教室」に通うことになりました。
「さ行が言えない」ゲンキの発音訓練 ことばの教室

ことばの教室は、ゲンキのように構音障害(発音がおかしい)や、言葉の遅れ、どもりなどの言葉の問題に加えて、難聴などの聞こえ方の問題や、発達障害、グレーゾーンの子供まで、幅広く支援してくれる通級教室です。幼稚園のすぐ近くにあり、通いやすいので本当に助かります。

ミッキーはすでにデイサービスで療育を受けているので、ことばの教室では療育よりも入園後の生活難を和らげるための訓練を行っていくことになりました。

おそらく、感覚過敏が一番ネックになるだろうと思います。まずは、音。そして身体接触ですね。

お友達と廊下ですれちがって、かすかに腕が当たっただけでも、ミッキーはキレてしまいます。相手に悪気があるかどうかは、関係ないし理解できません。相手が気付かないほどのかすかな刺激に、ミッキーが過剰に反応して、やり返したりパニックを起こしてしまうのではないかと心配しています。教室に入れない、活動に参加できない、というのはある程度仕方ないし、安全さえ確保されているのなら、一人で自由に遊んだっていいと思います。やりたいな~と自然に思ってくれて、少しずつミッキーのペースで参加できればOKです。

感覚過敏をできるだけ和らげて、友達との衝突を避ける。
つらい刺激をできるだけ減らして、幼稚園を楽しい場所だと思ってもらえる。

この2点を重点的にサポートしていくことになりました。そのために、おすすめされた感覚統合訓練をご紹介します。家庭でもできるので、お子さんが同じように感覚過敏で困っている方は、ぜひお試しください。

img075

まずは、できるだけ接触に慣れることから。
必ず見える場所から、柔らかいボールなど痛くないものを、わざとぶつけます。最初は「ギャーギャー」騒いでいたのですが、だんだん遊びなんだとわかってきて、キレずに笑って過ごせるようになってきました。

これまで嫌がることは極力しないようにしてきたのですが、「遊びの中で慣れさせる」ことも大切なのですね。本人が嫌がる手前で、「楽しいじゃん」と思えるようになることが重要です。

img076

また身体が固い、要らない部分に力が入っていることから、常に緊張状態が続いてしまい、疲れやすい&感覚が過敏になってしまうそうです。

それを和らげるためには、脱力させる練習をするといいそうです。バランスボールの上にのっける。ブランコやハンモックで揺らす。トランポリンを飛ぶ。またはトランポリンに寝かせて、すぐ横で飛んであげる。などなど。

家庭で簡単にできるのは、大きめのバスタオルに乗せて両端を持って揺らすこと。これはみんな大好きで、ミッキーにやっていると「やってやって」と3人が大変なことになるので、なかなか週末や大人の手がある時しかやってあげられません。

ミッキー
にいいことは、ゲンキにもユウキにもいいはずです。もっともっとしてあげたい!身体が5つくらい欲しいです \(^_^)/

感覚過敏ってなに?

自閉スペクトラム症やADHDなど、発達障害のある子供に見られる感覚の過敏さ
音や光、刺激や味覚に対して、過剰に反応してしまう状態のことを言います。

特定の音を異常に怖がる、触られるのを異常に嫌がる、同じものしか食べられない、などが感覚過敏の主な症例です。脳の機能障害が原因なのですが、何が苦手で何がOKかなど、本当に子供によって千差万別です。

我が家の次男ミッキーは、感覚過敏があります。
彼が苦手なのは、身体接触。(特に頭や口など、顔まわりは嫌がります)
また暗いところを、とても怖がります。花火の音も、とても怖がります。
炊き込みご飯やチャーハンは受け付けず、白いご飯しか食べません。

img086

我が家では、つねにボーとしている長男ゲンキが気づかずにミッキーにぶつかり、ミッキーが癇癪を起こし、大兄弟げんか・・・というパターンが非常に多いです ( ;∀;) でもゲンキは、気づいてないくらいの(彼の鈍感さも多分にありますが)些細な接触が、ミッキーは耐えられません。

でもちょっと反省しているのは、私の対応のまずさが原因で引き起こしてしまっているものもあるんですね。最近気が付いたんですけど・・・ ( TДT)

三男ユウキがまた新生児で、夕方とても忙しく、お風呂であわてて無理やり頭を洗ってから、頭を触られるのを嫌がるようになりました。胃腸風邪の時に歯磨きで「うっ」となって吐いてしまい、それから歯磨きをめちゃくちゃ嫌がるようになりました。(それ以前も嫌がってはいましたが、異常に怖がるようになった)暗いところも昔は平気だったんですが、悪いことをしたらおばけの部屋に入れちゃうよと脅してから(お皿を割って片づける間、隔離する必要がある場合など)、暗い場所を怖がるようになった気がします。普通の子にはしつけで済むことが、自閉症の子には大きな傷として残ってしまうこともあるんですね。

自閉症の人はとても記憶力がよく、普通の人はころっと忘れてしまうようなことも、長い間鮮明に覚えているそうです。そしていきなりフラッシュバックのように、つらかった思い出がよみがえってきて、パニックになってしまうこともあるそうです。

ミッキーも、一度いやな刺激としてインプットされてしまうと、上書き修正するのがとても大変です。
一度意地悪されたお友達とは、けっして遊ぼうとしません。そうすることでしか、自分を守れないのでしょう。何回も何回も何百回も、楽しい幸せな思い出を積み重ねることでしか、前に進めないのだと思います。

img087

対応のせいもあったと気づいてから、ミッキーの感覚の過敏さをできるだけ和らげるために、楽しいこと、本人がやりたいと思えることを取り入れていくようにしています。食べることは基本的に大好きなので、この間は押し型で炊き込みご飯のおにぎりを一緒に作ったら、初めて混ざった味でも食べることができました!

吐いてしまうのが怖いのなら、「座った姿勢で歯磨きしよう」と言うと、すんなりとできるようになりました。頭も「5秒我慢しよう」と一緒に数えると、嫌がらずに拭けるようになりました。何が原因で嫌がっているのか、を考えてあげられるようになって、親子ともに楽になった気がします (^▽^)/

profile

筆者:nontan
男の子3人を育てています。
長男ゲンキ(2009年生)
こだわりの強いグレーゾーンBOY
+アトピー&卵アレルギー

次男ミッキー(2012年生)
ASD+ADHDのハイブリッドBOY
+ぜんそく&卵エビカニアレルギー

三男ユウキ(2015年生)
今のところ普通に見えるけれど…アレルギーなし

出産前は書店勤務&JPIC読書アドバイザーとして活動していました。子育てが一段落したら、読み聞かせ活動を再開したいです!
はじめての方は、こちらの記事をまずお読みください。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
↑参加しています。よければ応援お願いします。