構音障害

苦手を克服する~音読が苦手

LD(学習障害)に多い、「読めない」問題。ディスレクシア(読字障害)とも呼ばれ、アルファベットを使用する欧米圏では割と多い発達障害ですが、形から意味を推察しやすい漢字圏では、%が下がるようです。それでも文字がにじんだりぼやけて見えたり、団子になって見えたり、点描画のように見えたりと、常人からは想像のできない辛さの中で生活をしています。本人のやる気の問題ではなく、脳の機能障害が原因なので、「練習すればできるようになる!」などの根性論では、子供を追い詰めてしまいます。

我が家の長男ゲンキも、音読が苦手。

さ行やた行が言いにくい構音障害があり、「ことばの教室」に通級もして発音はかなりきれいになりましたが、音読の読み飛ばしや読み間違いの多さが気になっていました。
→(「さ行が言えない」ゲンキの発音訓練 ことばの教室

読めないわけではなく、本は大好きで読むスピードも速いのですが、音読になるとややぎこちない&間違いが多いのです。目で見て、声に出すまでの連携が下手な感じです。去年までは、途中で直すと癇癪を起こして大変だったので、もう大筋が合っていればいいと大目に見ていましたが、3年生になって急に大人になったのか、宿題に口を出しても許してもらえるようになり、よっしゃと指導に乗り出しています。

「ことばの教室」にまず相談すると、文字を追う目の動きに問題があることがわかり、ビジョントレーニングを取り入れつつ、教科書に定規を当てて読む、まずは正しい音を耳で聞くなどの対応を勧められました。私は読み間違えるからと指を当てさせていたのですが、これは逆効果で、指が気になってより読めなくなるようです。定規を当てさせ、何度か親が正しい音読を聞かせてから読ませると、間違いも格段に減りました。

IMG_0600

音読が苦手な子の対策としては

①文字を認識できない

→ひらがな、カタカナを徹底的に練習する
(くぼみをなぞって、触覚から認識できるカードも市販されています)
→漢字が苦手なら、振り仮名をふってあげる
→拡大コピーして字を大きくする

②視覚認知が弱く、文字を目で追えない

→定規を当てて読ませる
→目の体操をする

img155
img156

(家庭でできる、簡単な目の体操。ビー玉などの小さなものを左右、上下に持ち、順番に目で追わせます。数十秒~長くても1分の体操を、宿題の前などにやります。長くやらせすぎると、目が過緊張になってしまうので短めに。ゆっくりでもいいので、焦点をしっかり合わせることが大切です。)

③文字を追うのに精いっぱいで、お話がイメージできない

→まず、親が読んであげる
→一度に長く読めないなら、段落ごとに練習させる

などがあります。読めないレベルにもよりますが、問題が大きい場合は、やはり専門機関で検査をし、子供に合った専門的な訓練を受けさせたほうがいいと思います。まずは気になることがあれば、担任の先生や「ことばの教室」などに相談してみましょう。ビジョントレーニングなどの訓練によって、軽減する場合もありますし、文字を大きくするなどの対処療法で子供の困り感が減る場合もあります。

「さ行が言えない」ゲンキの発音訓練 ことばの教室


「ことばの教室」は、ゲンキの通っていた幼稚園のすぐ近くにあり、気軽に通うことができました。近所なので、幼稚園の頃からゲンキを見知ってくれている先生もおり、私も気負うことなく相談することができました。

初回の教育相談では1時間ほどかけて、これまでの成育歴から確認します。歩き始めや話し始め、性格や幼稚園や学校での様子など。こだわりが強いこと、今のところ友達とはうまくいっているが、話を聞けなかったり急に喋りだしたり、周りが見えていないことを話すと、うんうんとうなづかれます(;´д`)

「マイワールドの濃いお子さんなのは、よく知っています」

「あ、やっぱり?ですよね・・・」

「でも大丈夫。お母さん、エジソンを育てていると思って!」

この言葉は、今も私の支えです。

7歳ごろからささいなことで癇癪を起こすようになり、反抗も激しく、一度すねて部屋にこもるとなかなか出てきません。言うことも聞かないし、かといって自分一人ではまだまだ危なっかしい。それまでおっとり系だったのに、急に扱いづらくなってきたゲンキに手を焼いていたので、育てにくいと悩んでいた私の胸に、この一言はすっと染みました。工作や発明が大好きなゲンキ。そうか、この子はエジソンだったのか。

ゲンキとの関わり方が、やっとわかったような気がしました。

エジソンもアインシュタインも、偉人と呼ばれている人は大なり小なり、発達障害を持っていたと言われています。

普通の子育ては、通用しない。でも、それだけの可能性を秘めている。そんな子供を授かったことを、幸運だと思えるようになりたい。

そして始まった発音訓練は、おはしを口に挟んで空気を出す練習をしたり、ストローを吹きながら舌の位置を確認したりと、とても専門的なものでした。音読などで私がいくら直しても言えなかった「さしすせそ」や「ざじずぜぞ」が、みるみるうちにきれいになっていきます。口内模型で説明されたことも、理屈大好きなゲンキにはよかったよう。驚くほど素直に、先生の言うことを聞いて練習に励んでいます。

さ行がしゃ行になってしまうのは、発音するときに口の中で舌が滑ってしまうせいだそう。(旦那さんも、子供の頃全く同じ症状でさが言えなかったらしい)赤ちゃんっぽくなるのを、ゲンキ本人も気にしていたようです。まずは正しい舌の位置を確認しながら、何度も先生のマネをして練習を繰り返しました。

img014

自分でもはっきりとわかるほど上達するので、達成感もあったようです。発音練習は集中的にする必要があるとのことで、3か月ほど週に一度通うと、最後まで直らなかった「つ」(ちゅになる)も言えるようになりました。

構音障害は、専門的な訓練をすることでほとんどの子が直るそうです。個人差がありますが、半年から1年ほど集中的に訓練することで、普段の生活でも気にならなくなります。ただ一度身についた発音は、意識しないとなかなか直りません。「ことばの教室」を卒業するとまた戻ってしまうこともよくありますが、一度発音のコツがわかれば、行きつ戻りつしながらも、徐々に直っていくそうです。

ゲンキも初めは「ことばの教室」でだけでしたが、だんだん宿題の音読練習でも意識できるようになり、普段から意識できるようになり、今も時々「ギョウジャ食べたい」(餃子食べたい)とか言うこともありますが、その場ですぐに直すことを続けて、ほとんど気にならなくなっています。


ゲンキ~小学生 忘れ物が多いけど図工が大好き!


ゲンキ
も早いもので小学生。
実はゲンキの入学式の1週間前にユウキが生まれ、正直それどころじゃねぇよっていうバタバタぶりだったのですが、それはまた別の記事でご紹介します。

公立幼稚園の良さは、地域で子育てができるところです。幼稚園の送り迎えを通して、自然と家が近くのお友達ができ、家族ぐるみで付き合うことができました。そのおかげで、小学校に上がるときも非常にスムーズでした。私が出産したことを知っていた近所のママ友が、お兄ちゃんを派遣してくれて一緒に登校してくれたり、誰彼となく気にかけてくれたおかげで本当に助かりました。

担任の先生も大らかで優しい人で、ゲンキの気難しさも笑っていなしてくれ、大当たりの年。懇談会でも

①忘れ物、失くし物が多い。
②授業中や給食の時間など、ぼーとし始めると話が耳に入らない。
③噛み癖がひどい。
④発音が気になる。(さ行ざ行た行)

などの気になる部分もありましたが、

⑤図工や国語、好きな科目への集中力はすばらしい。
⑥とにかく、ものしり。
⑦発表で人に説明するのが上手。
⑧優しくて、みんなから好かれている。

img038

と、いい部分をたくさん褒めてもらえました。

「たぶん忘れ物関係は、高学年になっても続くと思いますから、最後のチェックをお母さんがやってあげてください。でも賢くて、本当にいい子ですよ~」

と言っていただけて、幼稚園でさんざん言われてきて懇談会恐怖症だった私は、涙がにじみそうにうれしかったです。

「世話女房をもらうしかないですね~」と笑ってくれる先生に一年生を受け持ってもらった幸運で、小学校入学という大きな環境の変化に、ゲンキがすんなりととけこむことができました。

④の発音は「せんせい」が「しぇんしぇい」になるなど、構音障害と呼ばれているもので、訓練によって治ります。ゲンキは書き言葉にも影響が出ている(聞く時点で濁っている)ので、一年生の後半から「ことばの教室」に通級することになりました。

発音の練習と「ことばの教室」について、次に詳しく書いていきますね。発音が気になる子供は、けっこういるもの。専門的な訓練で、わりとすぐに治ります。ただ家庭ではどうしても難しいので、やはり「ことばの教室」などの専門機関を利用することをおすすめします。

profile

筆者:nontan
男の子3人を育てています。
長男ゲンキ(2009年生)
こだわりの強いグレーゾーンBOY
+アトピー&卵アレルギー

次男ミッキー(2012年生)
ASD+ADHDのハイブリッドBOY
+ぜんそく&卵エビカニアレルギー

三男ユウキ(2015年生)
今のところ普通に見えるけれど…アレルギーなし

出産前は書店勤務&JPIC読書アドバイザーとして活動していました。子育てが一段落したら、読み聞かせ活動を再開したいです!
はじめての方は、こちらの記事をまずお読みください。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
↑参加しています。よければ応援お願いします。