発達障害の子供

NHK教育「できないをできるマン」

NHK教育テレビ「で~きた」に出てくる「できないをできるマン」って知っていますか?

幼稚園&保育園&小学一年生の先生向けに作られた教材用番組のようなんですが、グレーゾーンの子にわかりやすく生活の様々なことを教えるのにうってつけ!でおすすめです。

2016年4月~2019年3月まで放映されており、10月1日から再放送が始まりました。
火曜日の9時~9時10分です。

詳しい放送予定はこちら→https://www.nhk.or.jp/tokkatsu/dekita/origin/schedule/

主人公は、「できない小学校」で働いている出来内満太郎(加藤諒)と、

IMG_1107

一年生のおうすけ君(田代輝)。

もうグレーゾーンの子を育てていると「あるある!」とうなづきまくってしまうおうすけ君のうっかりぶりに、親も楽しめます。泣き方も派手で、表情を読むことが苦手な自閉症スペクトラムの子供でも、
わかりやすいのだと思います。次男ミッキーは、いつもこのシーンで大うけ。

IMG_1111

教室に設置されている「できるメーター」が、おうすけ君が何かやらかすたびに減っていき、全部なくなってしまうと満太郎が「できないをできるマン」に変身して、助けにやってきます。

メーターが減るという視覚的にわかりやすい表現で、「できない」ことを伝えてくれるので、小さな子供やグレーゾーンの子供でもとてもわかりやすくなっています。大人からしたら、こんなことしたら後でこうなっちゃうよ~という因果関係も、子供にしたらわからないんですね。「今!」でしか生きていない子供たちに、少し先のことまで考えながら生活するように促すことができます。

例えば、以前放映していた「体調管理」編では、おうすけ君が暑いのに上着を脱がないで汗びっしょりになって、それなのにお茶も飲まずにいると授業中に「き、きもちわるい・・・」と熱中症になってしまうシーンがありました。

IMG_1112

そこへ「できないをできるマン」が登場し、どうしてこうなったのかな?と場面を巻き戻しながら丁寧に説明してくれます。「あ、そうか!お茶を飲まなかったからだ!」とおうすけ君自身も気づくことができ、「次からは気を付けよう!」となれます。

「できないことに気づけたら、いつかできる!できないをできるマン!」(歌より)

発達障害のある子供は、視覚からの情報への反応が良いことが多く、いくら親が口で言って聞かせても馬の耳に念仏状態だったのが、絵で描いて見せたり、カードを介してやり取りをするとスムーズにいくことがあります。この「で~きた」も、小さな子供でもわかりやすいようにやるべきことを整理して、箇条書きにして絵で説明してくれるので、家庭でのソーシャルスキルトレーニングにおすすめです。全体にオーバーアクションで笑えるので、子供も勉強ではなく遊び感覚で喜んで見てくれます。

我が家でも「あ、できるメーター減っちゃうよ!」と声をかけることで
「そうやったそうやった」と気づいてくれることもあり、助かっています。

番組のコンセプト通り「できない」を「できる」に変えることができたらいいな (^▽^)/

公式サイト→http://www.nhk.or.jp/tokkatsu/dekita/

グレーゾーンの子への配慮は、どうやってお願いすればいい?

IMG_0489

次男ミッキーのように療育手帳も取得し、 専門機関に相談にも通っている場合、話は早いのですが、長男ゲンキのようにグレーゾーンだけれどはっきりとさせていない場合、どのように学校側に配慮をお願いすればいいのか、難しいところです。

私自身、ミッキーの療育を通して知ったことや勉強したことを当てはめて、「ゲンキもここが弱い、これも苦手だ・・・それは高機能自閉症の特徴に当てはまるんじゃないか・・・」とわかってきただけに、初めて接する先生に単なる「わがまま、我が強すぎる、人に合わせられない」と受け取られてしまわないか、クラスメートにお荷物に思われないか、心配しています。

2016年4月に施行された「障害者差別解消法」によって、通常級でも一人一人に合わせた「合理的配慮」をすることが学校や行政に義務付けられました。目が悪い子がメガネをかけるように、聞く力が弱い子は視覚から支援したり、書く力が弱い子はタブレットの使用が認められたリ、ケースバイケースで様々な対応をしてもらえるようになりました。ですが、「合理的配慮」という言葉自体がまだ新しいので、先生によって、温度差はあるかと思います。親の側から丁寧にお願いすること、これが必要になってきます。(→「合理的配慮ってなに?」)



ゲンキが2年生の時、対応が後手にまわってしまい、とくに2学期頃、情緒不安定になってしまいました。ルールにこだわりすぎる。具体的に説明しないと、通じない。話しかけられても、気づかないことがある、これらの特性が原因で、友人とのトラブルも起こっていました。担任がちょっと話の通じない人で、いろいろお願いした中でやってくれたのは「席を前にすること」くらい・・・
(→「ゲンキ2年生 授業中にじっとしていられない 先生との相性」)

よく叱られていると、友達のお母さん経由で(本人は何も言いません)聞いて、もう (# ゚Д゚)

ゲンキは構音障害があり「ことばの教室」に通級しています。
(→「さ行が言えない ゲンキの発音訓練 ことばの教室」)
ここは言語関係だけでなく、発達に偏りがあったり、不登校などの問題を抱える子も通級する場所なので、「ことばの教室」の先生に間に入ってもらって、「わざとではなく、本人の個性なのだ」と伝えました。ゲンキのように通級していなくても、養護教諭やスクールカウンセラー、特別支援コーディネーターの先生など、担任との間に入ってくれそうな人がいたら、どんどん頼ったらいいと思います。親から一方的に言われるより、専門家が間に入ってくれることで、先生の対応もずいぶん違います。

うちは母が元小学校の教員で、先生への対応でも相談にのってもらっています。母からのアドバイスによると、

「これやって!って言われると、やっぱりカチンとくるわな。穏便に、いつもお世話になっていますという姿勢でいかないと、聞いてもらえる話も聞いてもらえなくなる。あの親やから・・・って思われんように」

だそうです。

「いきなり、教育委員会や管理職に泣きつくのも、アウト。まずは、きちんと担任の先生と相談すること。どうしてもこじれたら、年度末に校長に面談を申し入れて、来年以降の担任を配慮してほしいと伝えること」

年度末にっていうのが、大事だそうです。年度途中にこじれると、クラス替えまで子供がつらいからって。

それに従い、一年間耐えに耐え、年度末に校長先生にお手紙を書き(担任の悪口は書いてませんよ!)「熱中すると周りが見えなくなってしまうので、友人との摩擦があったこと」、「普段の生活をきめ細やかに見て欲しいこと」(=見れる担任をつけろ)を伝えました。私が直接校長先生に面談して渡すことも考えたのですが(言いたいこともたくさんあった・・・)、やっぱりそれは角が立つので、「ことばの教室」の先生経由で渡してもらいました。

そのおかげで、3年生ではベテランのしっかりした先生に受け持ってもらい、なおかつゲンキの弱い部分に配慮したきめ細やかな指導をしていただき(宿題の添削を見ているだけで違いがわかる)、1年間で別人のようにしっかりしました。宿題も一人でできるようになったし、友人とのトラブルもなくなり、安心して見ていられるようになりました。まあ、また高学年になったら、中学生になったら、別の困りごとが出てくるかもしれませんが。


グレーな感じだけど、どうやって先生にお願いすればいいかわからず困っている方、まずは先生と仲良くなることから始めてみてくださいね。私も、学校の様子がわかればと PTA を引き受けたり、行事の立ち当番を引き受けたり、家庭訪問の時に子供の様子を簡単にまとめた(長くなると負担になるので適度な量でね)用紙を渡したり、左利き用の反転プリントデータを作って渡したりと、家庭でできることをやってきました。

「あのお母さんにはお世話になっているから」
そう思ってもらえたら、子供のことも気にかけてもらえるはずです。
仕事でなかなか学校を手伝えない人でも、懇談会はできるだけ出るようにするとか、プリントの提出期限を守るとか、できることはたくさんあるはずです。

合理的配慮が法律で義務付けられているからといって、居丈高な態度をとることは逆効果です。
「うちの子だけ、こうさせてほしい」
「これはできないから、やらせないでほしい」
こういう物言いは、トラブルの元です。
親の側からは「こんなことで困っている」「発達のこの部分が弱いから、これができないようだ」「家庭ではこんな風にしたらうまくいった(反対に効果がなかった)」と、子供の様子を丁寧に伝えつつ、どうすればいいかを一緒に考えるという姿勢がいいと思います。学校にも都合がありますので、できること、できないことがあります。

また私の経験上、「食欲がない」「元気がなく、朝も起きられない」など体調面で気になることを伝えると、先生の対応が変わるような気がします。不調や情緒不安は、不登校につながるサインなのでしょう。「配慮をしてほしい」と言うよりは、「このままでは学校に行けなくなってしまう」のほうが、先生も聞きやすい感じです。

学校は敵ではなく、子供が成長するために必要な場です。家庭も、学校も、地域も、すべてが子供の応援団になれるよう、みなで手を取り合っていけますように。

発達障害の子供と漢方薬

IMG_1148

自閉症スペクトラム、ADHDなどの発達障害がある子供の治療法として、投薬を勧められることがあります。これは障害を根本から治療するものではなく、興奮やイライラを鎮めるための対処療法として処方されることが多く、薬で多動や衝動性を抑えている間に、療育やソーシャルスキルトレーニングなどで本人のスキルアップを促し、社会に適応していけるようにするためです。

一方で、ほとんどの治療薬は使用年齢が6歳~。
副作用で不眠や食欲不振などが出る薬もあり、成長に影響が出る低年齢では、どれだけ多動が激しくても薬には頼れません・・・成長とともに落ち着くよとよく言われますが、四六時中動き回って物を壊しまくっている多動の子供と一緒に暮らすのは、かなりの努力と忍耐力が必要とされます。

我が家も次男ミッキーの多動・衝動性には歩き始めた頃から悩まされており、一番ひどかった2~3歳の頃は、もう、ほんとに、よくやっていけていたなという感じ・・・誰も死ななかったのが、奇跡。

そんな低年齢の子供でも飲むことができる薬として、漢方薬があります。
ミッキーが5歳の時、集団行動に入れない、じっと座っていられないことを相談したら、漢方薬を処方してもらえました。神経刺激薬に比べると、効果も副作用も穏やかなのが特徴の漢方薬。赤ちゃんの夜泣きやひきつけにも処方されるものなので、安心して飲ませることができます。



発達障害の子供に処方される漢方薬の代表として

甘麦大棗湯(かんばくだいそうとう)→公式サイト








抑肝散(よくかんさん)→公式サイト

【第2類医薬品】抑肝散加陳皮半夏 エキス細粒 48包






の二つが挙げられます。どちらも、赤ちゃんから飲める漢方薬です。イライラや不安を抑える働きがあります。ツムラやコタロー、オオスギで扱っており、大体の薬局で取り扱いをしていると思います。(体重や症状で服用量が変わってくるので、必ず薬剤師か医師に相談しましょうね)

ミッキー
に処方されたのは、甘麦大棗湯。比較的、甘くて飲みやすい味だからとこちらになりました。私が味見した感じも、わりと飲みやすい味でした。といっても生薬なので、やはり独特の風味があります。ミッキーは味覚過敏で、薬大嫌いの人。さあ、闘いの火ぶたが切って落とされました。

病院で勧められた、牛乳+ココアに混ぜてみます→拒否。
ジュースに混ぜてみます→拒否。
アイスクリームに混ぜてみます→拒否。
そのまま飲ませてみます→嘔吐。
ぬるま湯に溶いてお茶だよと出します→2口ほど飲んで拒否。
水に溶いて氷を入れてお茶だよと出します→4分の1ほど飲んで拒否。

いろいろと試しましたが、味覚過敏で混ざった味が嫌いなので、変なものに混ぜるよりは、ぬるま湯にといて「お茶だよ」と出すのが一番飲みやすいようでした。

少しでも暴れたり物を壊したりが、減るのなら!
わらにもすがる、思いで (´;ω;`)

その後の様子については、こちらをどうぞ→(「漢方薬の効果」)

トークンシステムってなに?

IMG_0783

応用行動分析学TEACCHプログラムと並んで、発達障害のある子供の療育でよく聞く「トークンシステム」とは、どんなものなのかをご紹介したいと思います。

トークンシステム」「トークン制」とは、簡単に言うと、「〇〇ができたら、ごほうびがあるよ」制度のことです。ごほうびはシールやスタンプ、ダイレクトにおもちゃやお菓子など、要するに物で釣って頑張らせる方法なので、いろいろなご意見があるかと思いますが、トイレトレーニングや歯磨きなどで、幼児期に誰もが一度はやったことがあるのではないでしょうか。

なぜこれが発達障害の子供に有効かと言うと、彼らは「善悪の区別」や「やっていいこと悪いことの区別」がつきにくく、「人の顔色を見て判断する」ことが苦手なため、普通なら幼児期に親に注意されるだけで「これはやっちゃいけないんだな」と何となくわかることが、大きくなってもなかなかわからないためです。

また応用もききにくいので、「お店の物を触りません」と言われてその場では守っても、別のお店に行くとまたやってしまったり、親の認識(お店=どこでも)と子供の認識(お店=ここだけ)にずれがあるため、いつまでたっても平和に過ごすことができません。

そこでこの「トークンシステム」で、「よいこと」の定義を明確にし、「それができたらごほうびがもらえる」ことで、モチベーションを持続することができます。シールやスタンプは目に見えるので、子供にもわかりやすく効果があります。とくにADHDの子供には、とても効果的だと感じます。叱る&褒めるだけでは、なかなか身に付かない場合が多いですが、トークンシステムを取り入れることで、やるべきことが具体的になって、子供も大人もメリハリのついた生活を送ることができます。

現在我が家では、次男ミッキーには「一日誰も押さない&叩かなかったら」シールがもらえるトークン表を。長男ゲンキには、「お手伝い一回10円」のお小遣い制を実施しています。

ミッキーのシール表には、所々にアイスクリームやおもちゃの絵が描いてあり、そこまでたどり着くとアイスやおもちゃがもらえるため、ものすごくがんばっています。

ミッキーの家庭療育は応用行動分析学TEACCHの手法に、トークンシステムを取り入れて、完全に身に付いたら、次の約束事に移行し、問題行動を修正していくようにしています。この前までの約束は「自分も人も噛まない」でしたが、約4ヵ月かかって、自傷行動&噛みつき行為をやめることができました。暴力が収まったら、次は奇声かな~。10分座れたら、かな~。

→(「応用行動分析学ってなに?」)(「TEACCHってなに?」)

ゲンキ
は、少し前まで「ガンプラ熱」がMaxだったので、プラモデルを買うお金を貯めるためにがんばっていましたが、今は「ホームズ熱」にかかってしまい、一日中読書をしています。まあ、旦那さんの子だから・・・しかたないんだけどさ・・・図書館で借りた無料の本で満足できるので・・・お手伝いはトーンダウンしています。

(日常的な会話に「無差別殺人事件」とか「密室殺人」とか物騒な単語が入ってきて、私的にはちょっと・・・勘弁してくれよって感じですけど) ( ;∀;)

でも今年の夏休みは、以前に比べて弟たちの面倒を見てくれるようになって、買い物など私一人では大変な場面で非常に助かっています。





子供の好きなシールやシートがあれば、よりモチベーションアップ!できます!キャラクターものは高いんですけどね・・・背に腹は代えられない・・・

応用行動分析学ってなに?


自閉症スペクトラムの子供に、有効な療育方法として「応用行動分析学(ABA)」と呼ばれている手法があります。

応用行動分析学とは、米国の心理学者スキナーが提唱した「行動分析学」という理論を基とした、人間の行動を研究し、問題を解決する理論と実践を主とした学問で、療育だけでなく教育や医療、福祉やリハビリなど、幅広い分野で活用されています。

けっこういろいろややこしい理論があるんですが、簡単に説明すると、子供の望ましい行動を増やし、困る行動を減らしていくための手法です。

・望ましい行動→褒める、ごほうびをあげることで強化する
・望ましくない行動→欲しいものを与えられないことで消去する

の2本の柱が応用行動分析学の基本です。何が特別なの?と思われるかもしれませんね。ごく一般的な内容で、普通の子育てでもみんなやっているはずです。ですが意外と、ここがうまくいっていないので、問題行動が減らないのだとも言えます。

応用行動分析学(ABA)で重要なステップは、

①まず子供が問題行動を起こす原因を理解し、
②それをやめさせるための適切な手法を
③問題行動をやめられるまで、一貫して行う

の3つです。例えばよく応用行動分析学の例で出されるのが

Aくんは買い物に行くとお菓子を買って欲しくて、売り場で引っくり返って大泣きします。「今日は買わないよ」と言うと、もっとひどく泣くので、結局根負けして買ってあげてしまいます。どんどん泣き方がひどくなるので、お母さんはとても困っています。

の場合、Aくんが泣きわめくのは、①「以前に泣いたらお菓子を買ってもらえたから」です。泣けば買ってもらえるので、買ってもらえるまで泣くのをやめられません。そこで一番重要な②は、「どれだけ泣いても、買ってあげない」ことです。そして③、それを「断固として貫きます」。一時期泣きがひどくなるでしょうが、買い物をあきらめてでも、無理やり抱えてお店から出てしまえば、徐々にあきらめていくでしょう。

より上級編になると②「泣かずにレジまで我慢できたら、好きなお菓子を一つ買ってあげるよ」と事前に約束し、泣かなければ買ってもらえるという新しい図式を、Aくんの中に入れます。それを③続けることで、我慢することを覚えていきます。

いかがでしょうか。おわかりいただけたでしょうか。

望ましい行動(泣かずに我慢できた)の時は、思いっきり褒めてあげましょう。望ましくない行動(泣きわめく)の時は、毅然とした態度で接します。ダメなものはダメだと、線引きをはっきりさせてあげるほうが、子供も混乱せずにいられます。

とくに発達障害のある子供たちは、人の顔色を窺ったり、周囲の状況から何となく察することが非常に苦手です。また口頭での指示が入りにくいのも、発達障害の子供たちの特徴。悪いことをして叱られても、ぽかんとしてしまっていることも多く、わかりやすい手法で一貫した育て方をしないと、いつまでも問題行動が続いてしまいがちです。

我が家でも、次男ミッキーはADHDの多動・衝動性が非常に強く、もう立って歩きだす前から家中のありとあらゆる物を壊しまくって、今に至ります。2歳~2歳半頃がもっともひどく、手あたり次第だったので、連日一日中叱っているような感じでしたが、まったく止まらない。「なんなんだ??」と思っていましたが、ある日またお皿を割って(その日は他にもいろいろ壊している)私がキレてしまい、「ごめんなさいは?」と言いつのると、必死の形相で指を2本出したんです。

その時、はっとしました。

「(ごめん)なさい」
しか聞き取れていない。叱っている言葉が、この子にはまったくわかっていない。
でもママが怒っている、どうしたらいいんだろう。
そうして必死に考えて、
「(ごめん)なさい」→「なんさい?」
年齢を聞かれていると思って
「2」
と答えているんです。

ミッキーとの距離を、実感した瞬間でした。叱っても、ダメなんだ。追い詰めるだけで、この子にはわからないんだ。そう痛感しました。それから調べて、調べて、調べて、いけそうと感じた方法をいろいろ取り入れて、試行錯誤を続けています。



この辺りの本、読みやすくわかりやすいので、おすすめです。

我が家では、応用行動分析学から、いたずらの激しいミッキーへ「物を壊したら(人に暴力をふるったら)イスに座って反省タイム」を導入しました。

IMG_0724

いたずらやいじわるを衝動的にやってしまった時は、問答無用で反省コーナーのイスに座らせて、タイマーが鳴るまで遊べないルールです。叱られるよりも、この遊べない方式の方が、ミッキーには効果が絶大でした。おもちゃの取り合いなど、兄弟間のトラブルは、これでかなり減りました。
自閉症スペクトラムの人は、構造化といって「場所」と「意味」をセットで入れていくのが効果的なので、「反省のイスに座る」=「悪いことをした」と、自分でもわかりやすかったのだと思います。

応用行動分析学は、叱らずに問題行動を減らしていくやり方なので、ミッキーと私にはとても合っていました。家庭での生活に取り入れることで、毎日の暮らしがとても楽になった気がします。

ぜひ、参考にしてみてくださいね (^▽^)/
→「応用行動分析学 続編」もどうぞ

profile

筆者:nontan
男の子3人を育てています。
長男ゲンキ(2009年生)
こだわりの強いグレーゾーンBOY
+アトピー&卵アレルギー

次男ミッキー(2012年生)
ASD+ADHDのハイブリッドBOY
+ぜんそく&卵エビカニアレルギー

三男ユウキ(2015年生)
今のところ普通に見えるけれど…アレルギーなし

出産前は書店勤務&JPIC読書アドバイザーとして活動していました。子育てが一段落したら、読み聞かせ活動を再開したいです!
はじめての方は、こちらの記事をまずお読みください。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
↑参加しています。よければ応援お願いします。