聴覚過敏

音楽会練習、なにがいや?

我が家の次男ミッキーは、自閉症スペクトラムとADHDの発達障害があります。

知的には境界域で、小学校は特別支援学級の情緒クラスに在籍しています。こだわりはあまりないのですが、衝動性が強く、感覚過敏(大きい音やいきなり触られることが苦手)があり、集団行動は苦手です。

先月、運動会があり、幼稚園の頃とは別人かと思えるほど、他の子に合わせてがんばっていました。

→(「運動会、がんばりました!」)

そして・・・、そう、音楽会です (^_^;)

ミッキーは聴覚過敏なので、そもそも音の渦の中にいるだけでしんどいはずです。完成された音楽ならばまだしも、まだ全然合わない練習中のバラバラの音を聞くのは、さぞつらかろうと思います。

案の定、楽器演奏が始まったくらいから、荒れ模様です・・・

学校では何とかがんばって帰ってくるのですが、帰宅後や週末はひどい有様で・・・とにかく寝かせて、好きなもの食べさせて、ストレス発散のヒーローごっこを気が済むまでやらせて、何とか耐え忍んではいますが、本番まで持つかしら・・・

音楽会練習の間だけでもイヤーマフを使うよう、本人にも伝えましたが、練習で音が聞こえなくなるのは嫌なようで、使ってくれません。



ただ先週、授業参観があり音楽会練習の様子を見てきたのですが、音そのものもつらいけれど、それより合唱も合奏も、途中で何度も止められて「ここはもう少しはっきりと音を切って」などと直しながら進むのがとにかくしんどそうで、途中からすっかり飽きて座り込んでしまっていました。

img019

いったい、今、何をやっているのかがわからない・・・

やっているのに、途中で止められるのが、たまらない・・・

そしてその週末、ちょっとまばたきが増えているように思えて・・・

チックの予感・・・

→(「チックは子供からのSOS?」)(「子どものチックで気をつけること」)

がんばれそうなら様子を見るけれど、チックが出るということは限界を超えているということなので、ちょっと介入します。チックが出てしまうとおそらく1ヶ月ほど続いてしまうので、音楽会本番もつらいでしょう。

音楽会という行事の特性上、音刺激を和らげるのも限度があります。前後の時間は静かな場所で過ごせるようにするなどで、対処するしかありません。また、ミッキーの様子を見ていると、音そのものよりも練習方法へのストレスのほうが大きそうでした。

担任の先生に「細切れの練習がしんどそうなら、通し練習のみ参加させてほしい」と伝えさらに、暇な時間に見て退屈しないよう歌詞カードや、見やすい楽譜を作成。これなら練習中に眺めていても、違和感ありません。

その後、やはりしんどそうということで、全体の合奏が仕上がるまで支援級に抜いてもらい、テープなどに合わせて個別練習をさせてもらえることになりました。

img018

そもそも、ミッキーはトライアングルをやるので、出番もそう多くありません。小節ごとに止めながらの練習だとほとんど出番がないので、飽きてしまうのも仕方ないし、練習になりません。個別練習にしてもらったおかげで、集中できるようになったそうです。

とりあえず、それでややマシになったようでまばたきは悪化していません。あの手この手で、しのぐしかありませんね。

どうにか、無事に音楽会すみますように・・・(T_T)

聴覚過敏とカクテルパーティ効果


カクテルパーティ効果、という言葉を、聞いたことはありますか?

カクテルパーティ効果、カクテルパーティ現象とは、パーティでたくさんの人々が喋っている、雑音、騒音の中でも、自分が興味のある情報だけを見たり聞いたりできることです。

普通の人は、始めはうるさく感じても、集中することで、目の前の人の声だけを拾って聞くことができます。

ところが、発達障害のある人々は、この情報の取捨選択がうまくできないことがあります。 脳の機能的な問題だと考えられています。とくに感覚過敏を持つ人々は、カクテルパーティ効果を感じにくく、同列に聞こえる膨大な音の中から、必要な音を必死で聞き取っているので、神経を使い疲れてしまいます。

img477

うちは長男ゲンキも、次男ミッキーも、カクテルパーティ効果ができないと感じます。二人とも、聴力的には問題ないのですが、雑音の中で必要な音を聞き取るテストは、苦手でした。

ゲンキは、テレビがついているととにかく、呼ばれても話しかけられても、一切気づきません。読書中も、気づきません。視覚過敏傾向があるので、画像の処理中は、聴覚を使用できなくなっちゃう感じです。

ミッキーは聴覚過敏もあり、音がおそらく私達の3倍くらいの大きさで聞こえているようです。大きな音や反響音を、とても怖がります。さらにカクテルパーティができないとなると、どれだけの音の渦の中にいるのかと思います。

ミッキーを人混みに連れて行くと、とたんに顔つきが険しくなって、ささいなことで癇癪を起こして撃沈してしまうので、刺激の渦の中にいると、相当しんどいのだと思います。人混みは避け、音楽会などの音がつらそうな場面では、イヤーマフ(音を遮るヘッドホン)を使っています。





最近、リビングでテレビを見ている時、ミッキーが雑音をとても嫌がるので、困っています。兄弟がちょっと笑ったり喋っても怒るし、私が台所で料理をしている音がうるさいとキレます。テレビの音が、聞こえなくなってしまうのでしょうね。

img478

ゲンキは興奮するとベラベラ喋りながら見るので、兄弟喧嘩が耐えません ( ;∀;)

ミッキーが怒って音量を異常に大きくしてしまうのですが、音を小さくしたり止めたりすると癇癪を起こすので、どうしたもんやら・・・

「みんなで見ているんだよ」
と指導したり、字幕を出したり、あれこれやってみましたが、効果なし。

イヤーマフは音そのものが聞こえなくなるので、使えません。

そこで、みんなで見ている時でも、ミッキーにテレビ用のヘッドホンを使わせてみました。最近のテレビなら、「設定→音量・音声設定→ヘッドホン併用」と設定すると、ヘッドホンで聴きながら、テレビの音量も出すことができます。





ヘッドホン併用することで、解決しました。カクテルパーティできない人に、めちゃいいです。雑音に悩まされることなく、テレビを鑑賞することができます。

他にも、



デジタル耳栓といって、雑音ノイズは排除し、人の声は聞こえるようにしてくれる機器もあります。こういった便利なグッズで解決できる部分は、増えてきています。スマホがあれば、メールやSNSで意思疎通もできます。

持って生まれた、聴覚の特性はどうしようもできません。我慢しろ、できるようになれと強制するのではなく、方法を変える、違うやり方を試してみる。それでいいと思います。

私たちも、大音響のコンサート会場でずっとスピーカーの真横にいたら、疲れ果ててしまうでしょう。耳栓をしたいと、心から思うでしょう。発達障害のある人々は、それが日常なのです。

うるさい場所では筆談する、必要な機器を自分で使えるようになる、そういった自分の苦手との付き合い方を、教えていかなくてはいけないですね。

profile

筆者:nontan
男の子3人を育てています。
長男ゲンキ(2009年生)
こだわりの強いグレーゾーンBOY
+アトピー&卵アレルギー

次男ミッキー(2012年生)
ASD+ADHDのハイブリッドBOY
+ぜんそく&卵エビカニアレルギー

三男ユウキ(2015年生)
今のところ普通に見えるけれど…アレルギーなし

出産前は書店勤務&JPIC読書アドバイザーとして活動していました。子育てが一段落したら、読み聞かせ活動を再開したいです!
はじめての方は、こちらの記事をまずお読みください。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
↑参加しています。よければ応援お願いします。