自閉症

自閉症の3つのタイプ

自閉症には、3つのタイプがあるそうです。

よく知られている自閉症とは、周囲に全く興味を持たず、自分の世界にだけ生きているかのようなイメージですが、それは孤立型と呼ばれるタイプです。同じ自閉症でも他のタイプだと全く特性は違って出るので、自閉症とは気づかれにくく、本人の性格と捉えられがちです。とはいえ生きにくさは変わらず、人の気持ちを想像することが苦手、言葉のコミュニケーションが苦手、などはどのタイプにも共通する特徴です。

我が家の次男ミッキーにも、5歳で自閉症スペクトラム&ADHDの診断が付きましたが、幼少期、私はまったく自閉症だとは疑いませんでした。言葉が遅いのが心配だったくらいで、他はとにかく多動、破壊衝動が目立ったので、ADHDだと思っていました。










が、この杉山登志郎さんの著書を読んで、「ミッキーはこれだわ」と思い当たる節ありまくりで、今ではやっぱりこの子は自閉症なのだと納得します。

自閉症には

孤立型・・・人と関わることを嫌がり、1人でいることを好むタイプ。

img372

受動型・・・比較的おとなしく、相手から関わられると受け入れられるタイプ。

img373

積極奇異型・・・人と積極的に関わるが、関わり方が一般的でないタイプ。

img374

の3つのタイプがあります。

ミッキーは、積極奇異型だと思います。
思えば、幼少期から人が好きでよくくっついていくのですが、距離が近すぎる (^_^;)
年配の人がとくに好きだったので、公園で知らないおじいちゃんやおばあちゃんに、よくぴとっとくっついていました。2歳頃までなら、「あらかわいい」で済むんですけどね、身体が大きくなってくるとやっぱり変な目で見られますし、女性はともかく、年配の男性は子どもを嫌がることもあるので、何度も「知らない人にはくっつかない」と教えました。

あとはとにかく、相手を喜ばせようとすると、ことごとく、嫌がらせという形をとります。相手の気を引きたい時、物をひっくり返したり、叩いたり、大事なものを取ったり・・・この間違った愛情表現の一番の被害者は、長男ゲンキゲンキと遊びたいミッキーの、あらゆる嫌がらせを受けてきました。

ミッキーにしたら、なぜ相手が怒るのかが本気でわからないのです。
物が壊れたとか、誰かが怪我をした、とはっきり見える結果があれば、最近ようやく「やってはいけない」とわかってくれるようになってきましたが、生まれてから続けてきた感情表現方法を変換させるには、まだまだかかりそうです。

積極奇異型は、知的な遅れは軽度で、多動を伴うことが多いそうです。4、5歳頃までがもっとも大変で(まさに・・・)、少しずつ周囲が見えてくると、劇的な成長をすることもあるという杉山さんのお言葉に、救われたというかすがりついているというか、ミッキーの成長の目安がつくだけでも、出口のない毎日が少し楽になる気がします。積極奇異型の特徴は他にも、自分の話をやめられない、人の気持ちを無視した物言いをしてしまう、図鑑を丸覚えしたような言い方をする(長男ゲンキやな・・・)などなど、アスペルガー症候群が代表的でしょうか。

この自閉症の3つのタイプは、一つとは限らず、成長するに従って異なる形で現れてくることも多いそうです。とはいえ、最終的には受動型になっていくことが多いそうですし、療育などでもそこを目指すようです。一番、社会に受け入れられやすいですもん。ただ受動型でも、自分で考えることは苦手、場の空気を読んで適切な行動を選ぶ、などは難しいようです。

人との付き合い方を根気よく教えることで、社会での適正な生き方を身に着けていくしかないんですね。ミッキーにも、早く友だちと仲良くできるやり方を、覚えて欲しいと願います。

ミッキーも、最近は知らない人にぴとっとくっついていくことはなくなったし、その分、相手との心の距離感も取れてきたようで、この先生には甘えてもいいけれど、この先生の前ではちゃんとしないといけないとか、相手を見て出方を変えるようにもなってきました。このまま、自分の意志で人と付き合うことはまだ難しいけれど、相手から誘われれば一緒に遊ぶことができる、受動型よりに育っていってくれればいいなと思います。

逆さバイバイってなに?直るの?

「オウム返し」と並んで、自閉症児によく見られる「逆さバイバイ」。

逆手バイバイ」「逆バイバイ」「逆向きバイバイ」など、他の呼び方をされることもありますが、全て、手のひらを自分のほうに向けてするバイバイのことです。

img232

普通は、相手から「バイバイ」と手のひらを向けられると、同じように相手に手のひらを向ける「バイバイ」を1歳の子でもするものですが、自閉症スペクトラムの子はよく自分に手のひらをむける「逆さバイバイ」を返します。

なぜ、手のひらの向きが逆になるのかというと、「相手の立場になって物事を考える」ことが決定的に苦手だからです。「模倣」をしようとしない、できないのも、この特性が原因です。

相手から「バイバイ」をされた時に、手のひらがこっちをむいている=自分も相手に手のひらをむけて「バイバイ」をする、と私たちは何の疑問もなく瞬時に理解できるのですが、自閉症スペクトラムの人々は脳機能の障害により、この回路がうまく働きません。
自分のほうに手のひらが向いている=自分も自分に手のひらをむけて「バイバイ」する、と見た通りそのままにしてしまうのが、自閉症スペクトラムの人々の特徴です。見た通りそのままの情報を受け取ってしまい、相手の立場や他の見方、裏の意味などを想像することはとても苦手です。

この傾向が顕著に表れるものに、「サリーとアン」という有名な実験テストがあるのですが

①サリーが「かご」におもちゃを入れます
②サリーは部屋を出ていきました
③アンが「かご」からおもちゃを出し、「箱」に入れ替えました
④サリーが部屋に帰ってきました

サリーは、おもちゃを探しています。どこを探しますか?

という質問に対して、自閉症の人はみな「箱」と答えます。言葉をペラペラ喋れる高機能自閉症の人でも、「箱」と答えるそうです。私たちは一見しただけで、サリーはアンがおもちゃを「箱」に入れ替えたことを知らないのだから、まずは自分が入れたはずの「かご」を探すはずだとわかりますが、自閉症の人たちはおもちゃは「箱」に入っているから、「箱」を探すのだと答えます。自分が見たものしか、理解できないからです。サリーの気持ちや見方を想像することは、彼らにとっては非常に難しいのです。

つまり、この相手への、他人への想像力の欠如が、逆さバイバイの原因なのです。

逆さバイバイを直すことは、できます。
周りの人間が手のひらを自分にむけてバイバイをすれば、それを見た自閉症の子供は逆に手のひらを相手にむけてする、普通のバイバイを覚えます。自分のバイバイする姿を鏡で見せたり、丁寧に「手はこう向きだよ」と教えてあげることで、おそらくそんなに大変な修正をしなくても直ると思います。

ですが、バイバイだけではないんですよ。

ありとあらゆる場面で、この「相手の立場になって物事を考えられない」ことが原因で、問題が起こってきます。おもちゃの貸し借り、おやつの分け合い、列に並ぶ、お遊戯をする、もう日常的な全ての場面で、「人と同じように振舞えない」「自分勝手な行動をとってしまう」のが、発達障害のある子供たちの特徴です。

人のおもちゃは無理やり取るけれど、自分が取られると大騒ぎして泣いて暴れるなど、なかなか相手の気持ちを考えられません。しつけの問題ではなく、それが特性なのです。そこが育ちにくい、弱いのだと周りが理解した上で、丁寧に教えて身につけさせていく必要があります。普通の子供は誰からも教えられなくてもなんとなく見て覚える部分を、ソーシャルスキルトレーニングなどの専門的な療育で教えなければいけません。

お子さんがもし逆さバイバイをしたら、「相手の立場」を早くから意識させるように、親も接し方を工夫していきましょう。「お母さんは、こう思う」「〇〇くんは、〇〇だから泣いてるんだよ」「あなたはこう思っているんだね、でも〇〇くんはこうなんじゃないかな」などの、丁寧な声かけを小さいうちからくり返しているだけで、ずいぶん違うと思います。

オウム返しってなに?模倣との違い

自閉症スペクトラムなど、発達障害のある子供によく見られる「オウム返し」。
反響言語」や「エコラリア(Echolalia)」と呼ばれることもあります。オウム返し=自閉症というわけではなく、小さな子供が言語を習得していく過程でも、オウム返しはよく起こります。

オウム返しは専門的に分類すると、即時性反響言語(即時エコラリア)」と、遅延性反響言語(遅延エコラリア)の2つがあります。即時性反響言語とは、聞かれたことをそのままくり返して答えることで、遅延性反響言語とは、テレビで見たフレーズなどを後からぶつぶつくり返して言うことです。

どちらも自閉症スペクトラムの子供にはよく見られ、「おはようございます、は?」とあいさつを促された場面で「おはようございますは?」とそのままくり返して言ってしまったり、好きなCMのフレーズをずっとくり返して言っていたりします。

img230

2~3歳頃の言葉を習得している時期の子供がオウム返しをすることもあり、徐々に治まっていくようなら心配ありませんが、いつまでたってもオウム返しが直らない、会話が成立しない場合は、発達障害を疑って診察を受けることをおすすめします。

2歳5カ月の三男ユウキも今まさに言葉爆発期で、次々と新しい言い回しを覚えていくのですが、その過程でよく私のいった言葉をそのままくり返して言い直しています。ただこの場合は「オウム返し」というよりは、「模倣」と呼ばれる正常な発達過程なので、親の言葉をくり返しているのが「オウム返し」なのか「模倣」なのか、見極める必要があります。

なんというか、自閉症児の「オウム返し」は、会話が成立している感じがしないので、比べてみるとすぐにわかると思います。

定型発達の子供の「模倣」は
「今日は雨がザアザア降ってるね」
「あめ、ザアザアね」
「お外は行けないよ」
「おそといけないね~」
のように親との会話を通して、正しい言い回し、新しいフレーズを覚えるためにくり返して使っています。次は雨が降っている日に、自分から同じように言えるようになります。自分の中で言葉を一度吸収して、自分の口で言い直しているのが「模倣」です。

自閉症スペクトラムの子供の「オウム返し」は
「〇〇くん、おはようございます」
「〇〇クン、オハヨウゴザイマス」
「カバンを片づけましょう」
「カバンヲカタヅケマショウ」
のように、テープレコーダーに喋っているような感じ。相手に言葉の意味が伝わっていないことが、よくわかります。普通の子なら、「先生、おはようございます」や「わかりました」のように、言われたことに対しての返事を返せるのですが、自閉症児はそれができず、まさに鏡に反響するような「オウム返し」になってしまいます。

またわかりやすいように上記はカタカナで書きましたが、イントネーションの不自然さも「オウム返し」の特徴です。言い回しは同じでも、疑問形で聞かれたら、肯定や否定の意味に言い直せているかどうかも、「オウム返し」と「模倣」を見分けるポイントです。疑問形に疑問形でそのまま答えてしまうのは、「オウム返し」や自閉症児の言葉の使い方の特徴です。

即時性反響言語の「オウム返し」が起こるのは、①言われた意味が分からない、②答え方が分からない、の2つが主な原因と言われています。

①の場合は、言葉と意味がつながっていくのを根気強く待つ、できるだけわかりやすいように簡単な言い回しを心がける、対応を。
②の場合は、正しい答え方を根気強く教える、「YES」「NO」、「まる」「バツ」で答えられるように質問を工夫する、対応がおすすめです。

遅延性反響言語の「オウム返し」をするのは、①それを言うことで安心できる、②言葉遊びをしている、せいだと言われていますが、やっぱり知らない人が見たらギョッとする感じで、親としては控えてほしい行動だと思います。ですが、たぶん、なかなかやめられないでしょうね。

①の場合は、「大丈夫大丈夫」など他の言い方を教えるとか、手をつなぐとか何かを握るとか、黙ってできる他の安心できるやり方を一緒に探してあげる、対応がいいと思います。
②の場合は、言葉に障害のある自閉症の子供が楽しく言葉で遊べるのなら・・・恥や外聞は、親の方が捨てるべきなんでしょうね。少なくとも、禁止するのはよくないと思います。


自閉症に限らず、発達障害の子供は「相手の立場にたって物を考える」ことが苦手な傾向があり、コミュニケーションに障害が起こりやすくなります。自閉症の子は、さらに言葉と意味をつなげて捉えることが困難で、りんご=このりんご(他はりんごではない)のように一対一で覚えてしまったり、カードや写真などの視覚情報がないと言葉が出てこなかったり、様々な困難を抱えています。「記憶が線でつながらず、点で存在している」と「自閉症のぼくが跳びはねる理由」で作者の東田直樹さんは書いていますが、そういった独特の脳の使い方にも原因があるのかもしれません。

自閉症の僕が跳びはねる理由 (角川文庫)
東田 直樹
KADOKAWA/角川学芸出版
2016-06-18



気持ちを言葉で表現することは難しく、言葉の裏の意味を読み取る、場の空気を読む、ことは苦手中の苦手。一生かかっても、できるようにならない子もたくさんいます。

子供が「オウム返し」しかしないと、意思の疎通ができない、何を考えているのかわからない・・・と親御さんは複雑な思いをされるでしょう。

それでも「オウム返し」は、言語を習得する上で必要な過程であり、いつか彼らなりの「言葉」を話せるようになる可能性を秘めた、大切なステップです。諦めず、根気強く、愛をもって接してあげましょうね!

キングof育児書「子どもへのまなざし」

img158

児童精神科医の、佐々木正美先生を知っていますか?育児の臨床経験が豊富で、発達障害にも詳しく、多くの著作がありますが、その中でも最も素晴らしいベストセラー「子どもへのまなざし」をご紹介したいと思います。

ベストセラーなので、どこかで目にしたことがあるかもしれませんが、ぜひ家に一冊持っていてほしい本です。育児書というよりは、育児にまつわる読み物ではあるんですが、「こんな時はこうしましょう」的な実用書よりも、子育ての本質で一番大切なことをダイレクトに教えてくれる本で、とくに育児に迷っている人、悩んでいる時に読むと、もう泣けて泣けて・・・( ;∀;)
でも泣いた後は、「そうか、そんな簡単なことだったんだ」と目からウロコが落ちたようなさっぱりした気分になれる、不思議な本です。親の仕事は、ただもうひたすら、子供を愛すること。それだけなんですね。その愛し方さえ正しければ、どんな子供もまっすぐにすくすくと伸びていくと書いてあります。

佐々木先生が何度も何度も書いているのは、「子供が望んだことをその通りにしてやればいい」ということです。「親が望んだことをさせる」「周りの子供と同じことをさせる」のではなく、「その子が望んだこと」をするのが、ポイントです。過保護〇、過干渉?。このさじ加減さえ間違わなければ、何をしてあげてもOKだと。

子育てをしていれば、そのさじ加減の難しさがお分かりかと思いますが、それでも小さいうちにどれだけ望んだことをしてもらえたかで、その子の生涯の基盤ができるそうです。小さいうちに希望通り愛されなかった子供は、成長してから心身症を発症しやすく、そうなってから愛し直しをするのは、とても困難で不十分な結果になってしまうと。乳幼児期は最も親が子供の希望を叶えてあげやすいのだから、甘やかしてはダメになるなんて心配せずに、存分に抱っこして頬ずりして、一緒に遊んであげて、食べたいものを作ってあげて、子供を愛してくださいと。

「子どもへのまなざし」には、「続 子どもへのまなざし」「完 子どもへのまなざし」の3冊があります。


「続 子どもへのまなざし」は、「子どもへのまなざし」の反響が大きく、本当に子供のいいなりにやってあげていいのかなど、たくさん寄せられたお便りや質問に、佐々木先生が丁寧に答えていく内容です。

「完 子どもへのまなざし」では、より深刻化していく子供を育てにくい社会の中で、どのように子供を育てていけばいいのか、そして半分以上のページを使って、自閉症などの発達障害をもつ子供について詳しく説明してあります。

我が家には三部作を揃えていますが、やはり一番参考になったのは、「完 子どもへのまなざし」の発達障害をもつ子供についてまとめられた部分です。自閉症の人の感じ方、考え方が、これほどまで私たちとは違うのだと、切々と書かれています。それでも、育て方の基本は普通の子と同じであり、「子どもの望んだことを、望んだとおりに十二分にやってあげること」「それから、こちらの社会での仕組みを少しずつ根気よく教えていくこと」に尽きると読んで、本当に感動しました。

彼らの望んでいることは、わかりにくいかもしれない。社会の仕組みを教えるために、いろいろな工夫が必要かもしれない。より険しく、困難な道のりかもしれない。

それでも、親のやるべきことは変わらないのだと深く実感することができました。私たちが望むべきは、他の子と同じようにできるようになることではなく、親の望んだ通りに育つことでもなく、ただただ、その子が幸せに、その子らしく生きられるようにサポートすることなんですね。そうしてあげることが、社会に適合する一番の道でもあると。

見失いがちなことですが、その気持ちを常に持って、子育てしていきたいと願います。

自閉症の人に効果的な「ティーチプログラム」についても、書かれてあります。構造化、視覚化、予定をあらかじめ伝えておくなど、発達障害のある子供への基本的な接し方として有名ですね。アメリカのノースカロライナ州やデンマークでは、州や国を挙げて自閉症の人へのサポートプログラムが充実しており、「自閉症専用の学校」や「自閉症専用のプログラム」で学べると読んで、もう海外移住しようかしらと本気で思いました。

日本では、できないんでしょうか。

常々、思っていたんですよ。日本式の、横並びの、みんなで一緒にって教育法が、もう決定的に自閉症スペクトラムの人々には合わないのではないかって。だから、二次障害を多く引き起こしてしまうのではないかって。

ノースカロライナ州では、知的には高いアスペルガーの人も、「自閉症専用プログラム」で学びながら、「いかに自分たちは他の人と違っているのか」を徹底的に教えられるそうです。その違いがわからないと、「どうしてできないのか」がわからず、自己肯定感が下がってしまうからだそうです。知的に高ければとりあえず普通級に入れられて、あっぷあっぷしながら、必死にみんなについていかざるをえない日本の現状を思うにつけ、どうして日本の教育(社会も?)はマイノリティーを認められないのだろうか・・・と悲しくなります。

例えば、「自閉症にやさしい村」みたいなのがあれば、みんな混乱せずに粛々と落ち着いて、暮らしていけるのではないでしょうか。みんな人と違っていいんだよ、自分一人だけの世界があっていいんだよって、やさしい視線の中で暮らしていけることができれば、どれだけの悩み苦しんでいる人たちが、救われるのでしょうか。

そんな夢のような暮らしを、夢見て。

難聴かもしれない??言葉の遅れのある子供は、絶対に確認するべきこと

子供の言葉が遅れると、親御さんはまず発達障害を疑うかもしれません。ですが、その前に絶対に確認スべきことがあります。

それは、「聴力」

以前、次男ミッキーが、幼稚園の検診でひっかかったことがあります。

まずは聴力検査で「小さい音が聞こえていないかもしれない・・・」との指摘。さらにその直後の耳鼻科検診で、「滲出性中耳炎をこじらせているから、すぐに耳鼻科に行くように」と言われてしまいました。(「滲出性中耳炎ってなに?」)

もちろんすぐに連れていったのですが、首より上が過敏なミッキーはまあ暴れるわ泣くわで・・・

img183

耳鼻科で見てもらったら、異常なしと言われたのですが(集団検診の誤診はよくあるそうです)、ヘッドホン(聴力検査用)やティンパノメトリ(鼓膜の動きを調べる機械)を嫌がるので、検査ができず、「完全に白とは言えない」と言われたので、結局紹介状を書いてもらい、総合こども病院まで行くことになりました。

「言葉の遅れがあるので聴力を一度検査したいこと」「自閉症の疑いありと言われていて、多動&感覚過敏で検査が難しいかもしれないこと」を問診票に書き、診察が始まります。すごく優しい先生で、子供が嫌がる機器は使わずに診察してくれるし「鼻の検査は嫌がると思うので、最後にしましょうか」などの配慮も行き届いており、これまでの耳鼻科でさんざん「こんなに暴れたら見られへん」「すごい声やな」「うちには連れてこんといて」(発達障害があることは事前に伝えておいたのに)などなど・・・心無い医師の発言で心が折れかけていた私には天国でした。理解のある病院では、これだけスムーズに診察が受けられるのに。

「言葉の遅れがある子は、必ず聴力を一度確認する必要があること」を丁寧に説明してくれます。そして通された検査室には、遊戯聴検と呼ばれる装置があり、ボタンを正確に押せるとピカピカ光るサイレンライトやぐるぐる走る電車のおもちゃがあり、ミッキーは大喜び。

img184

これまで散々てこずってきた聴力検査が、ものすごくスムーズにできました。音が聞こえたらボタンを押すというのがどうしても理解できず、今まではボタンを押しまくっていたミッキーが、正解するとライトが回ることをすぐに理解し、楽しいので集中も続き、最後まで検査を受けることができました!

結果は、どの音もバランスよく聞こえているとのこと。
滲出性中耳炎も、ありません。鼓膜はとってもきれい!だって。

「もう、なんだよ~」(# ゚Д゚)

まあでも、一度聴力検査は受けたいと思っていたので、ちょうどいい機会ではありました。ただ遊戯聴検での結果は、データとして他の機関に提出できないと言われたので、脳波による精密検査もやることになりました。

言葉の遅れがある子どもは、難聴が原因なのか、自閉症が原因なのか、その他の機能的な問題(口蓋裂や鼻の奥の疾患が原因となることも)なのか、一度きちんと診てもらう必要があります。ずっと自閉症だと思っていたら、実は難聴だったというケース(逆も然り)もあります。

最近は新生児スクリーニングが一般的になってきたので、生まれつきの難聴を見逃していることは少なくなってきましたが、うちでもスクリーニングを受けているのは三男のみ。長男、次男の出産時にはそのような検査はなかったので、どうしても漏れがあります。また滲出性中耳炎のように、後天的に疾患が原因で難聴になっている場合もあります。

自閉症と難聴ではアプローチがまったく異なってくるので、子供が混乱しないように、そして早期に適切な療育が始められるように、「落ち着きもないから自閉症だ」と決めつけず、きちんと検査してみましょう。聞こえないから他の感覚が過敏になってしまっていたり、聞こえないから指示がわからずに落ち着きがないように見えることもあり、意外と難聴と自閉症の子供の症状は似ていることが多いそうです。また高い音だけ聞こえないなど気づきにくい難聴のケースもあり、話せているけれど発音がおかしい(自閉症でもイントネーションが変なことが多い)こともあります。聞こえが原因なら、早期に補聴器を使わせることで言葉を伸ばすことができます。その子に一番合った支援を探すためにも、できる検査はしておくことをおすすめします。→(「子どもの言葉の遅れ、5つの原因」)

profile

筆者:nontan
男の子3人を育てています。
長男ゲンキ(2009年生)
こだわりの強いグレーゾーンBOY
+アトピー&卵アレルギー

次男ミッキー(2012年生)
ASD+ADHDのハイブリッドBOY
+ぜんそく&卵エビカニアレルギー

三男ユウキ(2015年生)
今のところ普通に見えるけれど…アレルギーなし

出産前は書店勤務&JPIC読書アドバイザーとして活動していました。子育てが一段落したら、読み聞かせ活動を再開したいです!
はじめての方は、こちらの記事をまずお読みください。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
↑参加しています。よければ応援お願いします。