自閉症スペクトラム

他害への対応③ 振り返り

我が家の次男ミッキーは、言葉の遅れと多動があり、3歳から療育に通い、5歳で自閉症スペクトラムとADHDの診断がつきました。

今、小学校1年生で特別支援学級へ通っています。

ミッキーについて、一番困っているのが、やはり他害行動です。気に入らないことがあると暴れたり、人や物に当たってしまいます。物心ついた頃から他害をなくしたいと取り組み続け・・・今も頻度は減りましたが、なかなかゼロになりません。

それでも、以前は訳もわからずめちゃくちゃやっていたのが、最近はいけないとわかって自分で手を止めようとしたり、やってしまった後に「こうすればよかった」と反省する姿が見られるようになりました。

ここにくるまでが・・・長かった。

他害などの問題行動を修正する時に、この「振り返り」ができるかどうかは大きなポイントです。発達障害があるとワーキングメモリーと呼ばれる記憶が弱い子供が多く、また「線でつながっておらず点で存在している」と表現されるように、記憶の仕方が私達と異なっているようで、何度言われても覚えていられず、物事を忘れてしまいます。

ミッキーも、「今日は何したの?」などの質問に答えられるようになってきたのは、ようやく幼稚園の年長の頃で、それまでは聞いても「???」という感じでポカンとしていました。だんだん楽しかったことや印象的なことを話せるようになって「今日は楽器やったよ」と言えるようになった時は、とてもうれしかったです。

それでも幼稚園で先生に「今日は、こんなことやあんなことをしてしまいました」と言われ、本人にも確認しますが、真顔で「知らない」と言うこともしょっちゅうでした。ふざけているのでもなく、反抗して答えないのでもなく、マジで覚えていないんです。

今では、大まかな出来事はかなり覚えていられるようになってきました。誰かに暴力をふるってしまって先生と話をしたら、それを覚えていられて、家で私にも自分から話ができるようになってきたのです。これは、大きな成長です。

覚えていられるようになって、ようやく自らの行動の振り返りができるようになります。

これをしたらいけない。こういう時は、どうすればよかったんだっけ。こうしましょうって約束したな。これはこうしたら上手くいく。

そういうこれまでの経験が蓄積できるようになると、問題行動も直っていきます。覚えていられないと、蓄積ができません。いつまでたっても、同じことをくり返してしまいます。

そして、より効果的にするために行っているのが、トークンシステムです。

トークンシステム、トークン制とは、わかりやすく言うと「がんばったらご褒美がもらえる」制度のことです。

→(「トークンシステムってなに?」)

4歳頃に始め、その頃は自分の腕を噛む自傷行動に悩まされていたので、まずは「噛まなかったら」シールが貼れる台紙を作り、4ヶ月ほどで自傷行動を直すことができました。

次は暴力を直したい!と、目標を「誰も叩かなかったら」シールが貼れるように変更しましたが、これができませんでした・・・

とくに家庭よりも刺激の多い幼稚園で、誰も叩かずに、何もひっくり返さずに、1日過ごすことができなかったのです。シールが貼れない日が続くと、ミッキーのモチベーションも下がってしまい、台紙もまっさらなまま・・・

通級の先生とも相談し、「それはまだ難しい」ということで、目標を「あいさつができたら」や「列に並べたら」などの、より取り組みやすいものに変更し、続けてきました。

さて、いよいよ小学校に入学し、幼稚園では教室になかなか入れなかったミッキーが、すんなりと馴染んで活動に参加できている様子を見て、これならできるんじゃないかと感じました。

いよいよトークンの目標を「誰も叩かなかったら」に変えます。

IMG_3610

バツから花丸まで評価があり、毎日の様子から本人とも話し合いつつ、丸をつけていっています。手を出したら、問答無用でバツです。誰も叩かずに学校から帰ってこれたら丸、家でも誰も叩かなかったら二重丸、さらにお手伝いなどのよいことができたら、花丸です。手は出さなかったけれど、暴れたり約束を破った日は三角です。

花丸の日は、おやつもデザートも、好きなものを食べられます。バツの日はテレビが見れず、早くに寝なければいけません。

今は支援級に在籍していることもあり、学校での様子を連絡帳で細かく教えて頂けます。とくに、暴れたり他の子に暴力をふるったことは、必ず伝えてほしいと頼んであります。

やってしまったことを学校で先生と話をして、さらに家庭でも同じように話をすることで、より定着させることができます。「それはやってはいけない。こうすればよかった」と、先生からも私からも同じ話を聞くことで、どこでも同じだとミッキーに強く伝わります。

ですが、ここで、話をするだけよりも、目に「バツ」と見せるほうが、ミッキーへ定着しやすいのです。これは、視覚優位、見えるものしか理解できないという、自閉症スペクトラムの特性によるものと思います。本当に、約束でも何でも、紙に書くとすんなり入るものが、耳からはどれだけ話をしても残らない・・・

見える形に残すようにして、徐々にバツが減って、丸を増やしていけるようになりました。カレンダー大好きなので、花丸にこだわってがんばっています。このまま、他害がゼロになってほしい。本当に、手を出さずに過ごせるようになったら、もっといろいろなことが楽しめるようになるのに。

それを、ミッキー本人にも、どうかわかってほしい。

音楽会練習、なにがいや?

我が家の次男ミッキーは、自閉症スペクトラムとADHDの発達障害があります。

知的には境界域で、小学校は特別支援学級の情緒クラスに在籍しています。こだわりはあまりないのですが、衝動性が強く、感覚過敏(大きい音やいきなり触られることが苦手)があり、集団行動は苦手です。

先月、運動会があり、幼稚園の頃とは別人かと思えるほど、他の子に合わせてがんばっていました。

→(「運動会、がんばりました!」)

そして・・・、そう、音楽会です (^_^;)

ミッキーは聴覚過敏なので、そもそも音の渦の中にいるだけでしんどいはずです。完成された音楽ならばまだしも、まだ全然合わない練習中のバラバラの音を聞くのは、さぞつらかろうと思います。

案の定、楽器演奏が始まったくらいから、荒れ模様です・・・

学校では何とかがんばって帰ってくるのですが、帰宅後や週末はひどい有様で・・・とにかく寝かせて、好きなもの食べさせて、ストレス発散のヒーローごっこを気が済むまでやらせて、何とか耐え忍んではいますが、本番まで持つかしら・・・

音楽会練習の間だけでもイヤーマフを使うよう、本人にも伝えましたが、練習で音が聞こえなくなるのは嫌なようで、使ってくれません。



ただ先週、授業参観があり音楽会練習の様子を見てきたのですが、音そのものもつらいけれど、それより合唱も合奏も、途中で何度も止められて「ここはもう少しはっきりと音を切って」などと直しながら進むのがとにかくしんどそうで、途中からすっかり飽きて座り込んでしまっていました。

img019

いったい、今、何をやっているのかがわからない・・・

やっているのに、途中で止められるのが、たまらない・・・

そしてその週末、ちょっとまばたきが増えているように思えて・・・

チックの予感・・・

→(「チックは子供からのSOS?」)(「子どものチックで気をつけること」)

がんばれそうなら様子を見るけれど、チックが出るということは限界を超えているということなので、ちょっと介入します。チックが出てしまうとおそらく1ヶ月ほど続いてしまうので、音楽会本番もつらいでしょう。

音楽会という行事の特性上、音刺激を和らげるのも限度があります。前後の時間は静かな場所で過ごせるようにするなどで、対処するしかありません。また、ミッキーの様子を見ていると、音そのものよりも練習方法へのストレスのほうが大きそうでした。

担任の先生に「細切れの練習がしんどそうなら、通し練習のみ参加させてほしい」と伝えさらに、暇な時間に見て退屈しないよう歌詞カードや、見やすい楽譜を作成。これなら練習中に眺めていても、違和感ありません。

その後、やはりしんどそうということで、全体の合奏が仕上がるまで支援級に抜いてもらい、テープなどに合わせて個別練習をさせてもらえることになりました。

img018

そもそも、ミッキーはトライアングルをやるので、出番もそう多くありません。小節ごとに止めながらの練習だとほとんど出番がないので、飽きてしまうのも仕方ないし、練習になりません。個別練習にしてもらったおかげで、集中できるようになったそうです。

とりあえず、それでややマシになったようでまばたきは悪化していません。あの手この手で、しのぐしかありませんね。

どうにか、無事に音楽会すみますように・・・(T_T)

リビングマットに予想外の反応

我が家の長男ゲンキは、こだわりの強いグレーゾーンBOYです。

幼少期から、ピョンピョン跳んだり(自閉症スペクトラムの特徴の1つ、常同行動)、アスレチックなどにはまったく興味を示さず、延々と砂いじりやブロック遊びをしていました。言葉は早かったんですが、ずっと図鑑の内容を喋っているような人で・・・心配したんですが・・・

→(「常同行動、常同運動ってなに?」)

幼稚園の年長さんくらいから、徐々に友達とも遊ぶようになり、超マイペースBOYですが、小学校も普通級で楽しくやっています。

ゲンキはとにかく、普通の人と着眼点が異なるというか、反応が独特すぎてかなり面白いです。

先日、増税前に買い替えだ~!と、くちゃくちゃになっていたリビングマットを、組み合わせられるジョイントマットに買い替えたのですが、ゲンキの予想外の反応・・・(^_^;)

img017

学校から帰ってきて、マットを見た瞬間「ケンケンパ」を始めました・・・

ゲンキは、次男ミッキーが生まれた頃(3歳半)からピョンピョン跳ぶ常同行動を始め、

(「ゲンキ~幼稚園 一人遊びからの脱却 ピョンピョン跳ぶ謎の行動」)

(「トランポリン買っちゃいました!」)

ところかまわずピョンピョンされるとだいぶ迷惑なので、やめてほしいな~とあの手この手で関わり、ようやく空手を始めて直った(完全にではないけれどかなり頻度が減った)

(「空手をはじめてピョンピョンが直った」)

のに・・・
マットのせいで再開したら!!と焦ったのですが (^_^;)

1週間ほど「ケンケンパ」をしたら(ずっとやってたけど)、気が済んだようです。

ふ~、セーフ!!

いや~、あぶないあぶない。
そういえば、ゲンキはブロックを作る時も、きっちり左右対称にきれいに並んでいないと気がすまない人です。図形も大好きだし。









四角いマットが規則的に並んでいる様子は、そうとうよかったんでしょう。ピョンピョンが再開するところでした。視覚的に、誘発するような刺激は避けるべきですね。反省しました。

まあ、でも、自発的に終えられたから。成長したもんだ!

力の加減ができるようになろう

我が家の次男ミッキーには、自閉症スペクトラムとADHDの発達障害があります。

力の微調整が苦手で、とても不器用です。ゆっくりと成長はしていて、はさみやお箸も使えるようになってきましたが、正しい持ち方や上手な使い方は、まだまだできません (^_^;)

夏休みに、特別支援学校の夏期集中講座に参加してきました。
→(「夏期集中講座への参加」)

保護者向けの講習で、作業療法士の先生から、まさに「力の加減が苦手な子へのアプローチ」に関してお話があったので、ご参考までに。

以前の記事で、「感覚統合」についてまとめているので、「感覚統合?」と聞き慣れない方は、そちらから先に読んでいただくと、よりわかりやすいかと思います。
→(「感覚統合ってなに?」)

私達は、普段から視覚や聴覚、嗅覚、触覚など、さまざまな感覚を使って暮らしています。暑いから上着を脱ごうとか、疲れたから休もうとか、感覚から得た情報をもとに、行動しています。

発達障害があると、この感覚がうまく感じられなかったり(過敏すぎたり鈍かったりする)、感覚と意思がうまくつながらずにどうしていいかわからなかったり、身体を上手に操れなかったりと、うまく行動できません。

こういった感覚のアンバランスからくる発達の偏りをならすために、「感覚統合訓練」があります。療育でよく行われています。トランポリンを跳ばせたり、ブランコでおもいっきり揺らしたり、ボールプールの中で圧迫したりして、足りない刺激を与えることで、感覚の発達を促します。

さて、「力の加減が苦手な子」へのアプローチです。

まず、いきなり細かい作業を練習させても、できません。発達は必ず、大きな動きから小さな動きへと流れます。細かい作業が苦手な子は、まず「大きな動き」「思いっきり力を入れる動き」から練習させる必要があります。

IMG_3388

砂場遊びで例えると、まずは「大きな穴をほる」「大きな山をくずす」など、全身の力を使う動きをたくさんさせます。

IMG_3389

「大きな動き」が上手になってきたら、「泥だんごを作る」「山にトンネルをほる」など、「細かい動き」を少しずつさせていきます。泥だんごは力を入れすぎると壊れてしまうので、よい力加減の練習になります。が、泥だんごを上手に作れるようになるのは、健常の子でも幼稚園の年長さんくらいからです。

ボール遊びでも、同じです。

コントロールが苦手だからといって、いきなりキャッチボールばかりしても上達しません。思いっきり遠くに投げる練習や、大きなボールを投げたり受けたりするところからやらなくては、小さなボールを扱えるようにはなりません。

発達障害があると、友達同士で公園で遊ぶ経験が少ないので、普通なら日常的に遊びの中で鍛えられる部分がスルーされたまま、大きくなってしまいがちです。小学校に入ってから、「体育でやるから、ボール投げができるようにならなくっちゃ」と焦っても、いきなりはできないのです。

やっぱり大事なのは、遊びの中でいろいろな動きをさせなくてはならないということですね。ミッキーも、今は学校でいっぱいいっぱいで、なかなか放課後公園に遊びに行く体力が残らないので、はやく体力がついてたくさん遊べるようになってほしいな~と思います。

口より先に手が出る

我が家の次男ミッキーには、自閉症スペクトラムとADHDの発達障害があります。

幼少時から言葉の遅れがあり、3歳半でようやく二語文、6歳の今は、ほぼ口頭でやり取りができますが発音が難しい言葉があったり、抽象的な意味がわからなかったり、2歳半下の弟のほうが言語面も社会性も安定しています。

一番困るのは、「口より先に手が出てしまう」こと。

ミッキーは幼児期から衝動性が非常に強く、言葉の遅れはもちろん気になりましたが、それよりとにかく多動を何とかしてって感じでした。10秒でいいから座って欲しいって思っていましたね。

感覚統合訓練を1年間療育センターで受け、集中力がついてようやく言葉も出始めました。幼稚園と並行して通級や療育を続け、今はかなり周りに合わせて動けるようになってはきました。

それでも、今でも口より先に手が出ます。

欲しい物が目に入ると、周りの人間はほぼ見えません。いきなり取ってしまうし、取り返されると(自分が先に取ったくせに)ものすごく怒ります。自閉症スペクトラムの「言葉が出にくい」特性に、ADHDの衝動性がプラスされるので、ここは本当に育ちにくい部分です。

夏休みに特別支援学校の夏期集中講座に参加して
→(「夏期集中講座への参加」)

言語聴覚士の先生から、そういった子への対処法を教えていただいたのでご参考までに。


まず、取りに来られても、必死で「取らせない」(^_^;)

img007

制して、「何て言うんだったかな?」と誘導。
(難しければヒントを出してもOK)

img006
img008

「貸して」「見せて」など、子供から伝えられたら、ようやく渡す。


大切なことは、制止が間に合わず取られてしまった場合も、手を抑えるなどして必ず「貸して」を言わせる。「貸して」が言えたら、「必ず貸してもらえる」状況を作る。(言っても貸してもらえなかったら、取ることをやめない)

徐々に「貸して」が先に言えるようになったら、「終わったら返してね」「大事な物だから、触らないで見るだけにしてね」など、異なる条件も提示していく。相手から「貸して」と言われたら、貸してあげられる練習も始める。

言葉でのコミュニケーションが難しい場合でも、身振りや意思表示カードを使うことで、まずは相手に伝えてから行動することを学ばせます。

img009

意思表示カードは、生活の中でよく使う言葉をいくつか入れておきましょう。本人が使えればベストですが、介助者が持っておいて、手が出そうになった時にさっと「どれかな?」と気持ちを確認する癖をつけるとよいそうです。ベルトなどにつけておいて、必要なときだけ使えるカードホルダーなどがあれば、普段から使いやすいです。




多動の子の攻撃に「取らせない」反射神経が求められる対処法ですが、「無理やり取ったほうが早い」「取ったら手に入る」とインプットされてしまうと、いつまでも問題行動が収まりません。

「無理やり取ったら貸してもらえない」「言えたら貸してもらえる」と教えなければ、「口より先に手が出る」のは直りません。また対応は一貫していなければ、子供が混乱して身につきません。幼稚園では言わないといけないけど、家では取ってもいいなどと、場所によって対応が変わらないように気をつけましょう。

ミッキーは視野が狭く人より物のほうが目に入りやすい人なので、他の人も使っていると気づかなかったり、突っ走ってしまってぶつかったり、(慣れない人には)「貸して」がどうしても言えずに取ってしまったり、「貸して」と言えてもすぐ貸してもらえないと怒ってしまったり・・・根気強く「周りを見て」と言い続けるしかないのでしょう。

まあそれでも、1年前、2年前に比べれば、「貸して」が言える回数は増えてきているし、待てる時間も少しずつ伸びています。いつか、できるようになる!そう信じて。

profile

筆者:nontan
男の子3人を育てています。
長男ゲンキ(2009年生)
こだわりの強いグレーゾーンBOY
+アトピー&卵アレルギー

次男ミッキー(2012年生)
ASD+ADHDのハイブリッドBOY
+ぜんそく&卵エビカニアレルギー

三男ユウキ(2015年生)
今のところ普通に見えるけれど…アレルギーなし

出産前は書店勤務&JPIC読書アドバイザーとして活動していました。子育てが一段落したら、読み聞かせ活動を再開したいです!
はじめての方は、こちらの記事をまずお読みください。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
↑参加しています。よければ応援お願いします。