言葉の遅れ

関わりことばを意識して

img426

最近、通級先の先生におすすめされ、湯汲英史さんの著書を、読んでいます。







湯汲英史さんは、早稲田大学で心理学を教える発達障害の専門家で、(社)発達協会などで活動されている、言語聴覚士・精神保健福祉士です。

誤解されやすい子どもたちへの、適切な関わり方をわかりやすく書かれていて、非常に参考になります。とくに、家庭でも実践しやすい「関わりことば」をおすすめします。

例えば、乱暴な子、口よりも先に手が出てしまう子には、
「そっと」「ゆっくり」「大事」「やさしく」
などを、周囲の大人が意識的に声掛けしていくことで、状態が改善されていくそうです。

他人に興味がない、集団行動ができない子には、
「いっしょに」「はんぶんこ」
など、人との関わりを意識させるような声掛けを。

気持ちの切り替えが苦手な子には、
「残念」「仕方がない」「大丈夫」
と伝え、自分で唱えさせることで気持が落ち着くことも。

他にも、場面ごとに、狙いとともに、効果的な声掛けのやり方を紹介してあります。

わかりやすい言葉で、何度も何度もくり返し声掛けすることで、発達に不安がある子どもたちにも、大切なことを教えることができる、その声掛けを「関わりことば」と命名され、家庭療育の大切さを説いていらっしゃいます。

どれも簡単で、普段よく使うような言葉ばかりです。
でも、意識的に、場面ごとに、もっともっと言ってあげないといけないんだな~と、読んでいて、実感しました。自閉症スペクトラムで言葉の遅れのある、次男ミッキーにも、どんどん言ってあげようと思います。療育って、難しく考えなくても、当たり前のことを、障害のある子にもわかりやすく教えてあげること、なのかなと。それにはもちろん、専門機関で専門家による訓練も要りますが、毎日の家庭の中でも、やれることはたくさんあります。

何度も聞いているうちに言葉を覚えて、自分で言うようになって、いつしかその言葉の意味を理解して、守れるようになるように。そんな成長を、願って \(^o^)/

難聴かもしれない??言葉の遅れのある子供は、絶対に確認するべきこと

子供の言葉が遅れると、親御さんはまず発達障害を疑うかもしれません。ですが、その前に絶対に確認スべきことがあります。

それは、「聴力」

以前、次男ミッキーが、幼稚園の検診でひっかかったことがあります。

まずは聴力検査で「小さい音が聞こえていないかもしれない・・・」との指摘。さらにその直後の耳鼻科検診で、「滲出性中耳炎をこじらせているから、すぐに耳鼻科に行くように」と言われてしまいました。(「滲出性中耳炎ってなに?」)

もちろんすぐに連れていったのですが、首より上が過敏なミッキーはまあ暴れるわ泣くわで・・・

img183

耳鼻科で見てもらったら、異常なしと言われたのですが(集団検診の誤診はよくあるそうです)、ヘッドホン(聴力検査用)やティンパノメトリ(鼓膜の動きを調べる機械)を嫌がるので、検査ができず、「完全に白とは言えない」と言われたので、結局紹介状を書いてもらい、総合こども病院まで行くことになりました。

「言葉の遅れがあるので聴力を一度検査したいこと」「自閉症の疑いありと言われていて、多動&感覚過敏で検査が難しいかもしれないこと」を問診票に書き、診察が始まります。すごく優しい先生で、子供が嫌がる機器は使わずに診察してくれるし「鼻の検査は嫌がると思うので、最後にしましょうか」などの配慮も行き届いており、これまでの耳鼻科でさんざん「こんなに暴れたら見られへん」「すごい声やな」「うちには連れてこんといて」(発達障害があることは事前に伝えておいたのに)などなど・・・心無い医師の発言で心が折れかけていた私には天国でした。理解のある病院では、これだけスムーズに診察が受けられるのに。

「言葉の遅れがある子は、必ず聴力を一度確認する必要があること」を丁寧に説明してくれます。そして通された検査室には、遊戯聴検と呼ばれる装置があり、ボタンを正確に押せるとピカピカ光るサイレンライトやぐるぐる走る電車のおもちゃがあり、ミッキーは大喜び。

img184

これまで散々てこずってきた聴力検査が、ものすごくスムーズにできました。音が聞こえたらボタンを押すというのがどうしても理解できず、今まではボタンを押しまくっていたミッキーが、正解するとライトが回ることをすぐに理解し、楽しいので集中も続き、最後まで検査を受けることができました!

結果は、どの音もバランスよく聞こえているとのこと。
滲出性中耳炎も、ありません。鼓膜はとってもきれい!だって。

「もう、なんだよ~」(# ゚Д゚)

まあでも、一度聴力検査は受けたいと思っていたので、ちょうどいい機会ではありました。ただ遊戯聴検での結果は、データとして他の機関に提出できないと言われたので、脳波による精密検査もやることになりました。

言葉の遅れがある子どもは、難聴が原因なのか、自閉症が原因なのか、その他の機能的な問題(口蓋裂や鼻の奥の疾患が原因となることも)なのか、一度きちんと診てもらう必要があります。ずっと自閉症だと思っていたら、実は難聴だったというケース(逆も然り)もあります。

最近は新生児スクリーニングが一般的になってきたので、生まれつきの難聴を見逃していることは少なくなってきましたが、うちでもスクリーニングを受けているのは三男のみ。長男、次男の出産時にはそのような検査はなかったので、どうしても漏れがあります。また滲出性中耳炎のように、後天的に疾患が原因で難聴になっている場合もあります。

自閉症と難聴ではアプローチがまったく異なってくるので、子供が混乱しないように、そして早期に適切な療育が始められるように、「落ち着きもないから自閉症だ」と決めつけず、きちんと検査してみましょう。聞こえないから他の感覚が過敏になってしまっていたり、聞こえないから指示がわからずに落ち着きがないように見えることもあり、意外と難聴と自閉症の子供の症状は似ていることが多いそうです。また高い音だけ聞こえないなど気づきにくい難聴のケースもあり、話せているけれど発音がおかしい(自閉症でもイントネーションが変なことが多い)こともあります。聞こえが原因なら、早期に補聴器を使わせることで言葉を伸ばすことができます。その子に一番合った支援を探すためにも、できる検査はしておくことをおすすめします。→(「子どもの言葉の遅れ、5つの原因」)

子どもの言葉が遅れる5つの原因

IMG_0672

子どもの言葉が遅れる原因については、いくつかあります。
最近では発達障害という言葉が一般的になってきたこともあり、「言葉が遅い=自閉症」と真っ青になる親御さんも多いかと思いますが、それ以外の問題がないか、聴力や口の機能などを確認する必要があります。

子どもの言葉が遅れる原因には、大きく分けて下の5つがあります。

①発達障害

自閉症スペクトラムやADHD(注意欠陥障害)、LD(学習障害)など、いろいろな発達障害がありますが、重複していることも多く、特性も一人一人異なった出方をします。

人に関心が薄くこだわりの強い自閉症スペクトラムでは、人の声そのものに興味が持てず、また聞こえ方や物の認知の仕方が異なっているため、言葉の習得が困難、または独特の話し方になる場合が多いです。注意を持続することが難しいADHDは、人の話を集中して聞くことが苦手で、また衝動性から言葉よりも手が出てしまうなどの問題を抱えがちです。LDでは、文字や音を言葉に結び付けて覚えることが困難で、会話や音読が著しくできない場合があります。

どの発達障害の特性でも、言葉が遅れる可能性があり、生まれ持った脳の機能的な問題なので、そのうち自然に話せるようになるだろうと放置せず、その特性に合った療育や言語指導を取り入れる必要があります。適切な対応を心がければ、ソーシャルスキルとして、言葉や人との関りを教えることができます。

②難聴

先天性の難聴と、後天性の難聴があります。

先天性とは、生まれつき耳の聞こえの悪い難聴で、早期に補聴器などで補わなければ、言葉の習得は難しいです。後天性の難聴は、中耳炎などの耳の病気からなります。とくに幼児で多いのが、発熱や痛みを伴わない滲出性中耳炎で、難聴の程度も軽いので気づかれにくく、発音がおかしいと調べてみたら滲出性中耳炎だったというケースも多いようです。(「滲出性中耳炎ってなに?」)
またおたふくかぜにかかると、「ムンプス難聴」という後遺症が残ることもあります。

片耳だけの難聴、高い音や低い音など特定の音域だけ聞こえていない難聴、普段の会話には困らない軽度難聴などは気づかれにくく、学校の健診などでもスルーしてしまうこともあるので、遠くから呼ぶと気づかない、どこか発音がおかしいなど、普段の生活で気になることがあれば、きちんと聴力検査を受けたほうがいいと思います。

4歳頃には、ヘッドホンで音を聞いてボタンを押す聴力検査ができると言われていますが、子供はムラッ気なもの。その気にならないとやりません。遊びながらできる遊戯聴力検査ができる施設や、眠らせて脳波を測るABRやASSR検査ができる大きな病院がおすすめです。うちもこの間、聴力検査をやってきました。→(「難聴かもしれない??言葉の遅れがある子は絶対に確認するべきこと」)

③口蓋裂などの口周りの疾患

生まれつき、唇や口蓋に割れ目がある口唇裂や口蓋裂が有名ですが、それ以外にも舌小帯が短い、または長いなどの口周りの機能的な問題で、発声が難しいケースもあります。口唇裂や口蓋裂は見た目でわかるので、新生児または幼少時に手術することがほとんどですが、何度も手術を重ねる必要があったり、その都度口の動かし方を練習しなければ、正しい発音や発声が学べません。

うちの次男ミッキーは、ベロが長くて鼻につくんですが、これも滑舌が異常に悪い原因かもしれません。舌の筋肉が未発達だと、ベロがだらっと垂れ下がったり、話す時に口の中に広がって上手に喋れないようです。寝る時は口呼吸だし。うーん、一度、形成外科に診てもらうか。

④アデノイド、扁桃腺などの鼻周りの疾患

口を大きくあーんと開けるとベロの横に見えるのが扁桃腺、その奥の鼻の突き当りにあるのが、アデノイドです。どちらもリンパ腺で、鼻や口からばい菌や細菌が、身体の中に入るのを防ぐ役割があります。免疫力や抵抗力を司る器官で、4~8歳頃にもっとも大きくなり、大人になると小さくなります。この扁桃腺やアデノイドが発達しすぎて、鼻や喉の動きを邪魔する大きさになると、発声や発音に影響が出ることがあります。

また扁桃腺やアデノイドが炎症を起こすと、鼻汁がたまって、滲出性中耳炎や中耳炎を起こすことも。難聴の原因にもなります。とはいえ大切な器官なので、大きさすぎて食事や呼吸に影響が出る、あまりにしょっちゅう炎症を起こすなどのひどい場合を除いては、手術をすることはありません。

⑤心理的な問題

下の子が生まれた、幼稚園や保育園に入った、などの大きな環境の変化から、一時的に言葉がストップしてしまうこともあります。赤ちゃん返りや、緘黙(かんもく)と呼ばれる症状です。普通の子供はしばらく様子を見ていると、環境に慣れていくにつれ、また話し始めるようになります。慣れない人や場所では喋らないことは、警戒心の強い子供にはよくあるので、お母さんができるだけニコニコしながら「大丈夫よ」と言ってあげることが大切です。「ちゃんとごあいさつして!」などと急かすと、逆効果になりがち。

ただ、次男ミッキーもそうだったのですが、下の子が生まれた時から半年以上言葉がストップしてしまいました。これは自閉症スペクトラムの子供によくあるようで、掲示板などを読んでいても、「入院してから、喋らなくなった」「下の子が生まれて、喋らなくなった」「引っ越したら、言葉が消えた」などなど、同じような経過をたどる子供が多いです。普通の子供はすんなりと順応することができるような変化に、過剰に反応して、決定的な傷が残ってしまうようです。普通は辛いことがあっても、泣いて甘えて抱っこしてもらって癒されるものですが、自閉症スペクトラムの子供は、自分の中だけで抱え込んで、言葉や表情が消えてしまいがちです。
本来言葉が出始める2、3歳頃に、そのような反応があったら、発達障害を疑ってみる必要があるかもしれません。


いかがでしたでしょうか。ひとえに言葉の遅れといっても、原因はいろいろ考えられます。たんに発達がゆっくりな子、遅咲きな子もいるので、というかほとんどがそっちなので、健診などでもあまり心配しすぎないように言われてしまいますが、日々育てている親の違和感、これに勝る診断はありません。
「なにか違う」。そう感じたら、恐れずに発達センターや病院を受診してみてください。大きな病気や生まれつきの疾患を見つける、きっかけになるかもしれません。

難しいのは、聞こえ&鼻系→耳鼻科。口系→歯科 or 形成外科。発達障害→発達外来や児童精神科など。と、科が違うんですね。どこに行けばいいのかわからない!!となる場合は、とりあえず大きめの病院(いくつも科がある)の小児科や耳鼻科などで、相談してみるといいです。家庭センターや健診の場で相談すると、おすすめの病院を紹介してもらえることも。原因がはっきりすれば、対策も立てられます。見通しが立てば、親も子供も、安心して生活することができます!

発語表を作ってみよう!

IMG_0443

2歳で2語文、3歳で3語文が、言葉に関しての目安とされていますが、どのタイミングで単語がつながりだしてくるかは本当に子供それぞれ。保育士さんからは「単語が50まで増えてきたらつながってきますので、まずはそれを目指しましょう」と言われました。「200語で2語文、300語で3語文」と書いてある本もありました。


子どもの脳がどんどん良くなる
鈴木 昭平
ロングセラーズ
2011-10-25

 

発達障害のある子供の脳を伸ばす療育として知られている「エジソン・アインシュタインメソッド」に、おすすめとして発語表を作ることが紹介されていたので、さっそく我が家でも次男ミッキーが2歳半頃から書き出してみました。とにかく、子供が言えた言葉をどんどん書いていきます。こんなに伸びている!と、親の側の励みになることも、プラス作用としておすすめされています。

次男ミッキーの2語文が出始めたのは、170語をすこし超えた辺りから。
色の名前や数字を覚えだした頃です。3歳半頃、療育に通い出して半年ですね。

「バンバン」(鉄砲)「しゅっしゅ」(はみがき)など、擬音語も入れて170語なので、ちゃんと言えている言葉としてはもっと少ないと思います。どれだけ促してもなかなか言えなかった「ごめんなさい」が、やっと「んめ」と言えて感動する反面、「うめ~」(おいしい)にしか聞こえないよな~と笑いました (;´д`)

長男ゲンキは言葉は早く、1歳半ですでに「イーストアイ」や「ラピート」「サンダーバード」「ロマンスカー」など、電車の名前を一生懸命しゃべっていました。(これはこれで・・・特性だったのだと今では思いますが)2語文も1歳半頃、「ワンワンいた」でした。焼き芋屋が大好きで、「い~ちや~きにも~」と歌も歌っていました。

三男ユウキも言葉は早く、1歳2ヵ月頃に「ママ」「パパ」と言い始めたと思ったら、1歳半には「でんしゃあった」と2語文で話し始めました。ユウキは単語が20個もいかないうちから2語文で話していたので、本当に個人差が激しいです。

ゲンキは図鑑好きで、ものの名前や言葉数は一番でしたが、コミュニケーション能力はユウキが最も高いように思います。兄弟の中で育っている利点もあるのでしょう。

ミッキーも言葉はとても伸びましたが、まだ「てにをは」がつきません。自然に使いこなしているユウキを見ていると、何がどうちがうんだろうな~と不思議になります。

それでも、どんどん言葉を覚えていくミッキー

一時期、就寝前に大好きな先生の話をするのがブームだったのですが

「かーせんせい、まだまんまたべてる」
「かーせんせい、まだおふろはいってる」
「かーせんせい、まだしゅっしゅしてる」
「かーせんせい、まだテレビみてる」
「かーせんせい、もうねんねした」

この一連の流れを、ニヤニヤ笑いながら毎日くり返します。小さいストーカーです。先生、ごめんなさい。でもこれを毎日くり返すことで、現在形、過去形の使い方、「まだ」「もう」などの副詞も覚えました。今では他の会話の中でも、使いこなせるようになりました。こういうことを、くり返していくしかないのだなと思います。

言葉を伸ばす話しかけ方

IMG_0212


我が家の次男のミッキーは言葉の遅れがあり、療育やことばの教室に通っています。3歳半頃、ようやく自発的に言葉が出始め(それまでは無理やり言わせていた感じ)、今ではかなり自分の意思を言葉で伝えることができるようになってきました。

ことばの教室の先生の話しかけ方をお手本に、私も話し方を変えたのもよかったのかもしれません。言葉を伸ばすための話しかけ方を、いくつかご紹介します。
→過去記事(「言葉の遅れ~家庭でできること」)もおすすめです。


①子供の発声を真似する

まだ単語が5個ほどの頃、一生懸命、絵カードなどで言葉を教えようとしましたが、まったく興味なし。絵本もフラッシュカードもたくさん読みましたが、なかなか言葉は増えません。
ことばの教室の先生からは、「教えなくていい」と言われました。発音も語彙も、まだ教えなくていい。子供の声を、真似して返してあげるだけでいい。「あ~」と言われたら「ね~」と返してあげるだけで、立派なコミュニケーションなんだと。
目からウロコでした。楽しんでやりとりをすることが、まず何より大切なんですね。


②どっちにする?など、選ばせる

指差しができるなら、おやつでも絵本でも服でも「どっちがいい?」と選ばせてあげましょう。指差しは言葉につながる、大切なコミュニケーション。「これなあに?」「ネコよ」というように、指差しして応えてもらうことをくり返して、言葉の下地を作っているんだそうです。上手く話せなくても、指差しやベビーサインを使って簡単に答えられるよう工夫して、やり取りを増やしましょう。


③シンプルでわかりやすい声かけ

早口でベラベラ喋らず、ややゆっくりめ&シンプルに話しかけましょう。ゲンキミッキーも聞く力が弱く、話しかけられても気づかないことも多く、目の前ではっきりわかりやすく言わないと伝わりません。また、「くるまだね」「きょうはでんしゃにのるよ」など、できるだけ子供の興味があることを言葉にしてあげると、残りやすいです。


④親がまとめて返してあげる

ミッキーはまだ言葉を上手く使いこなせず、支離滅裂な表現も多いです。そんな時は「〇〇で、〇〇だったんだね」と、親がわかりやすくまとめて返してあげると、「うん」とうれしそうにうなずきます。自分の言いたいことをわかってもらえた!という喜び&適切な言い回しを覚えられます。


⑤色などの形容詞を混ぜていく

すこし単語が増えてきたら、「ニャーいた」という子供に→「ほんとだ。白いネコいたね」、「ブーブー」→「青い車、あるね」、「ケーキちょーだい」→「大きいケーキと小さいケーキ、どっちがいい?」のように、色や大きい小さい、長い短いなどの形容詞をさりげなく織り交ぜて話しかけます。言葉の発達を促します。これも、教えなくていいそうです。段々、続けていくうちに自然と覚えて使えるようになるのが、一番いいのだそうです。


子供の言葉をどんどん書き出した、「発語表」もおすすめです。→(「発語表を作ってみよう!」)
子供の成長を、実感することができます。

周りの子供と比べると、まだまだ本当に言葉は拙いミッキーですが、半年前、3ヵ月前、一週間前と比べても、どんどん成長しています。きっと、社会でやっていけるようになる。大丈夫。
いつか、ミッキーと深い深い大人の会話をすることができるのかな。ワインや日本酒を飲みながら、「あの頃、こんな風に思ってたんだよね~」なんて、言ってくれる日が来るのかな。そんな未来を、信じて。


ネットでも話題になった、発達障害の子供むけの、ポジティブな言葉のかけかたを紹介した本です。
「これはやっちゃダメ!」→「これならやっていいよ」のように、子供のやる気を伸ばす言い方を、周りの大人も心がけたいですね。

profile

筆者:nontan
男の子3人を育てています。
長男ゲンキ(2009年生)
こだわりの強いグレーゾーンBOY
+アトピー&卵アレルギー

次男ミッキー(2012年生)
ASD+ADHDのハイブリッドBOY
+ぜんそく&卵エビカニアレルギー

三男ユウキ(2015年生)
今のところ普通に見えるけれど…アレルギーなし

出産前は書店勤務&JPIC読書アドバイザーとして活動していました。子育てが一段落したら、読み聞かせ活動を再開したいです!
はじめての方は、こちらの記事をまずお読みください。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
↑参加しています。よければ応援お願いします。