三男のユウキが、2歳を迎えました。

長いようで、あっという間でしたが・・・おそらく、私の人生の中でもっともきつく、濃く、思い出深い2年間です。次男ミッキーの荒れっぷり、発達の遅れ、診断からの障害受容・・・新生児のユウキを抱え、出産から3カ月ほどは記憶がないくらい大変な毎日でした。

(「ミッキー~2歳4か月 下が生まれてしゃべらなくなる」)
(「ミッキー~3歳 家で育てるのはもう限界!市の発達相談へ」)

それでも、子供はどんどん育っていきます。

ようやく最近、兄弟同士で遊んでくれるようになり、少しだけ楽になりました。一人で黙々とする作業が好きな長男ゲンキに対し、活動的な下二人は(年も近い)いつも一緒にいます。もちろん、すぐにもめるので目は離せませんが、どれだけいじめらてもユウキミッキーが大好き。ミッキーユウキが大好き。二人でつるんで、悪いことばかりしている昨今です。

img130
img131
img132

「ユユ~、こっちおいで~」(ミッキー
「ここ、入って」(押し入れに誘うミッキー
「あーいー」(従順なユウキ
「ぴしゃん!」(ゲラゲラ笑いながら閉じこめるミッキー
キャー」(何回やられても入っちゃうユウキ・・・)

我が家でよく見かける光景です。仲いいでしょ!(*´∀`*)
(すぐ泣く癖に、またすぐ入っちゃうユウキ・・・実は楽しそう!?)

ミッキー
はまだ「ユウキ」と言えず、「ユユ」と呼びます。
それがつい移ってしまい、今では家族みんなが「ユユ」と呼んでしまい、ユウキ自身も自分のことを「ジュジュ」と呼ぶようになってしまいました。私に至っては「ゆーゆたん」とか呼んでいたのですが・・・ユウキが「ジュジュタン」と言い出したので、さすがに反省して「ゆうくん」とちゃんと呼ぶようにしています・・・(もう遅い?)

ミッキーにとって、ユウキは何でもかんでも真似してくるうっとうしい奴な反面、自分のやることを何でも真似してくれる(肯定してくれる)頼もしい存在なようです。ユウキはあまりゲンキの真似はしないのに、ミッキーのやることはとにかく全て真似しないと気が済まないみたいで、ミッキーが転ぶといちいち自分も転びます。いたずらなど悪いことも全部真似するので、それが今一番困っていることですが・・・(ミッキーが2人になってみたい・・・)

ミッキーも知恵がついて、怒られそうなことは全部ユウキに命令してやらせます。

「コラ!誰がやったの!」(悲惨な光景)
ユユやった」(首謀者のミッキー
ジュジュやった」(素直なユウキ

こんな場合、どっちを叱るべきなんだろうか・・・

ここまで悪知恵がついたと、感心するべきなんだろうか・・・( ;∀;)