ADHD

他害行動が直るまで

我が家の次男ミッキーは、自閉症スペクトラムとADHDの発達障害があります。

ものごころつくまえから、衝動性や多動が目立ち、手が出ることが多い人でした。口より先に手が出てしまうし、気に入らないことがあると暴れるし、周りが見えていないので物や人にしょっちゅうぶつかります。

長男はおっとり系で、手が出るなどの問題はなかったのに、次男のはちゃめちゃぶりには・・・本当に苦労してきました。兄弟で気質がちがうとはいえ、こうまで手が出てしまうのは、やはり発達障害の特性が原因だと思います。

ミッキーの他害行動を直したいと、この数年間はひたすら対応を重ねてきました。

IMG_3590

それでも、他害行動は一朝一夕に直りません。

定型発達の子供でも、口より先に手が出てしまうことはよくあります。また普段はおとなしいのに、自分の大切なものを壊されたり、ひどい悪口を言われたりして、手が出てしまうこともあります。

防衛本能、だと思います。
本能なので、矯正するのに時間がかかります。

もちろん、どんな時でも叩いてはいけないと言い続けなければなりませんが、子供の言い分も聞いて「そういう時は、こうすればよかったね」と一緒に解決法を考えていくことが大切です。

普通はそういった周囲の対応を続けることで、理性が育って、徐々に他害行動は収まっていきます。言葉が発達して、言葉で説明できるようになってくると、収まっていく子供がほとんどです。

根気強く、親や保育者が「暴力はいけない」と伝え続けるしかありません。

IMG_3565

ただミッキーは、ADHDの特性から、興奮すると抑えが効かなくなってしまい、自分でもわからない中で手が出てしまうことが、幼少期からよくありました。叱ってもぽかんとしていることも多く、「こうすればよかった」といくら伝えても、記憶がつながらないため経験の蓄積ができませんでした。

ミッキーが変わってきたなと感じたのは、やはりひとつは、衝動性を抑えるため服薬を始めたことです。6歳から「ストラテラ」を飲み始め、少しずつ量を増やして、半年ほど経ったところで「だいぶ落ち着いてきた」と感じました。

→(「衝動性を抑えるADHDの薬3種類」)
→(「ん?ストラテラ、効いてきた?」)
→(「いよいよ、服薬のスタート」)

それまでは常にアクセル全開、ぶっ倒れるまで異常なハイテンションで騒ぎまくるという感じでしたが、なんか普通にまったり過ごせるようになってきたのです。もちろん、ささいなきっかけでスイッチが入ってしまい、ハイテンションになりやすいところはまだまだありますが、通常運転モードが加わっただけで、本人も周りもそうとう楽になりました。

ADHDなどで衝動性が強いため、他害行動が収まらない場合は、主治医と相談の上、服薬も選択肢のひとつだと思います。副作用もある薬なので、慎重にはなるべきですが、身体に合えば、生きづらさを軽減してあげることができます。

通常運転ができるようになると、少しずつ周りが見えるようになってきました。それまでは、友達も家族も、窓の外を流れる景色、くらいにしか感じていなかったと思います。ようやく、自分も景色の中(社会の中)にいる実感が出てきたのでしょう。

「叩いたら、遊んでもらえない」
「暴れたら、みんなと一緒にいられない」

それが理解できてから、自分でも他害行動を抑えようと努力する姿勢が、ちらほら見られるようになってきました。また、幼稚園時代は教室に入りたくないし、列にも並びたくなかったミッキーが、小学校ではみんなと一緒にいたいし、同じことをやりたがるようになりました。その気持ちの変化も、大きいです。

百聞は一見にしかず。これまでどれだけ「叩いてはいけない」と言われてもやめられなかったのが、叩いてしまうと教室から出されるのが堪えたようです。(容赦なく、連れ出してくださいと頼んであります)

「叩いたら、遊んでもらえない」
「暴れたら、みんなと一緒にいられない」

まずは、周りが見えるようになること。そして、誰かと一緒にいたいと思えること。そのためには、手を出してはいけないこと。その発達段階を踏んで、ようやくここまで進んできました。

一年前に比べると、手が出ることは格段に減りました。

今はストラテラの力を借りつつ、どうすれば人と仲良くなれるのか、どうすれば自分も周囲も気持ちよく過ごせるのか、を実体験で学ばせている最中です。叩かなければ楽しく過ごせた経験を、積んでいくしかありません。

社会で生きていくために必要なスキル。

まずは、絶対に暴力はいけないこと。
困った時は、誰かに伝えられること。

叩かずに、言葉で伝えられれば、どんなことも何とかなるのだと、ミッキーには言い続けています。これからも、生きていくために。


お子さんの他害行動で悩んでいらっしゃる方へ。
きっといつか、直ります。直さなければなりません。
すぐには直らないかもしれませんが、思っていたより時間がかかるかもしれませんが、それでも、きっと直ると信じて、粘り強く接してあげてくださいね。

他害への対応③ 振り返り

我が家の次男ミッキーは、言葉の遅れと多動があり、3歳から療育に通い、5歳で自閉症スペクトラムとADHDの診断がつきました。

今、小学校1年生で特別支援学級へ通っています。

ミッキーについて、一番困っているのが、やはり他害行動です。気に入らないことがあると暴れたり、人や物に当たってしまいます。物心ついた頃から他害をなくしたいと取り組み続け・・・今も頻度は減りましたが、なかなかゼロになりません。

それでも、以前は訳もわからずめちゃくちゃやっていたのが、最近はいけないとわかって自分で手を止めようとしたり、やってしまった後に「こうすればよかった」と反省する姿が見られるようになりました。

ここにくるまでが・・・長かった。

他害などの問題行動を修正する時に、この「振り返り」ができるかどうかは大きなポイントです。発達障害があるとワーキングメモリーと呼ばれる記憶が弱い子供が多く、また「線でつながっておらず点で存在している」と表現されるように、記憶の回路が私達と異なっているようで、何度言われても覚えていられず、物事を忘れてしまいます。

ミッキーも、「今日は何したの?」などの質問に答えられるようになってきたのは、ようやく幼稚園の年長の頃で、それまでは聞いても「???」という感じでポカンとしていました。だんだん楽しかったことや印象的なことを話せるようになって「今日は楽器やったよ」と言えるようになった時は、とてもうれしかったです。

それでも幼稚園で先生に「今日は、こんなことやあんなことをしてしまいました」と言われ、本人にも確認しますが、真顔で「知らない」と言うこともしょっちゅうでした。ふざけているのでもなく、反抗して答えないのでもなく、マジで覚えていないんです。

今では、大まかな出来事はかなり覚えていられるようになってきました。誰かに暴力をふるってしまって先生と話をしたら、それを覚えていられて、家で私にも自分から話ができるようになってきたのです。これは、大きな成長です。

覚えていられるようになって、ようやく自らの行動の振り返りができるようになります。

これをしたらいけない。こういう時は、どうすればよかったんだっけ。こうしましょうって約束したな。これはこうしたら上手くいく。

そういうこれまでの経験が蓄積できるようになると、問題行動も直っていきます。覚えていられないと、蓄積ができません。いつまでたっても、同じことをくり返してしまいます。

そして、より効果的にするために行っているのが、トークンシステムです。

トークンシステム、トークン制とは、わかりやすく言うと「がんばったらご褒美がもらえる」制度のことです。

→(「トークンシステムってなに?」)

4歳頃に始め、その頃は自分の腕を噛む自傷行動に悩まされていたので、まずは「噛まなかったら」シールが貼れる台紙を作り、4ヶ月ほどで自傷行動を直すことができました。

次は暴力を直したい!と、目標を「誰も叩かなかったら」シールが貼れるように変更しましたが、これができませんでした・・・

とくに家庭よりも刺激の多い幼稚園で、誰も叩かずに、何もひっくり返さずに、1日過ごすことができなかったのです。シールが貼れない日が続くと、ミッキーのモチベーションも下がってしまい、台紙もまっさらなまま・・・

通級の先生とも相談し、「それはまだ難しい」ということで、目標を「あいさつができたら」や「列に並べたら」などの、より取り組みやすいものに変更し、続けてきました。

さて、いよいよ小学校に入学し、幼稚園では教室になかなか入れなかったミッキーが、すんなりと馴染んで活動に参加できている様子を見て、これならできるんじゃないかと感じました。

いよいよトークンの目標を「誰も叩かなかったら」に変えます。

IMG_3610

バツから花丸まで評価があり、毎日の様子から本人とも話し合いつつ、丸をつけていっています。手を出したら、問答無用でバツです。誰も叩かずに学校から帰ってこれたら丸、家でも誰も叩かなかったら二重丸、さらにお手伝いなどのよいことができたら、花丸です。手は出さなかったけれど、暴れたり約束を破った日は三角です。

花丸の日は、おやつもデザートも、好きなものを食べられます。バツの日はテレビが見れず、早くに寝なければいけません。

今は支援級に在籍していることもあり、学校での様子を連絡帳で細かく教えて頂けます。とくに、暴れたり他の子に暴力をふるったことは、必ず伝えてほしいと頼んであります。

やってしまったことを学校で先生と話をして、さらに家庭でも同じように話をすることで、より定着させることができます。「それはやってはいけない。こうすればよかった」と、先生からも私からも同じ話を聞くことで、どこでも同じだとミッキーに強く伝わります。

ですが、ここで、話をするだけよりも、目に「バツ」と見せるほうが、ミッキーへ定着しやすいのです。これは、視覚優位、見えるものしか理解できないという、自閉症スペクトラムの特性によるものと思います。本当に、約束でも何でも、紙に書くとすんなり入るものが、耳からはどれだけ話をしても残らない・・・

見える形に残すようにして、徐々にバツが減って、丸を増やしていけるようになりました。カレンダー大好きなので、花丸にこだわってがんばっています。このまま、他害がゼロになってほしい。本当に、手を出さずに過ごせるようになったら、もっといろいろなことが楽しめるようになるのに。

それを、ミッキー本人にも、どうかわかってほしい。

力の加減ができるようになろう

我が家の次男ミッキーには、自閉症スペクトラムとADHDの発達障害があります。

力の微調整が苦手で、とても不器用です。ゆっくりと成長はしていて、はさみやお箸も使えるようになってきましたが、正しい持ち方や上手な使い方は、まだまだできません (^_^;)

夏休みに、特別支援学校の夏期集中講座に参加してきました。
→(「夏期集中講座への参加」)

保護者向けの講習で、作業療法士の先生から、まさに「力の加減が苦手な子へのアプローチ」に関してお話があったので、ご参考までに。

以前の記事で、「感覚統合」についてまとめているので、「感覚統合?」と聞き慣れない方は、そちらから先に読んでいただくと、よりわかりやすいかと思います。
→(「感覚統合ってなに?」)

私達は、普段から視覚や聴覚、嗅覚、触覚など、さまざまな感覚を使って暮らしています。暑いから上着を脱ごうとか、疲れたから休もうとか、感覚から得た情報をもとに、行動しています。

発達障害があると、この感覚がうまく感じられなかったり(過敏すぎたり鈍かったりする)、感覚と意思がうまくつながらずにどうしていいかわからなかったり、身体を上手に操れなかったりと、うまく行動できません。

こういった感覚のアンバランスからくる発達の偏りをならすために、「感覚統合訓練」があります。療育でよく行われています。トランポリンを跳ばせたり、ブランコでおもいっきり揺らしたり、ボールプールの中で圧迫したりして、足りない刺激を与えることで、感覚の発達を促します。

さて、「力の加減が苦手な子」へのアプローチです。

まず、いきなり細かい作業を練習させても、できません。発達は必ず、大きな動きから小さな動きへと流れます。細かい作業が苦手な子は、まず「大きな動き」「思いっきり力を入れる動き」から練習させる必要があります。

IMG_3388

砂場遊びで例えると、まずは「大きな穴をほる」「大きな山をくずす」など、全身の力を使う動きをたくさんさせます。

IMG_3389

「大きな動き」が上手になってきたら、「泥だんごを作る」「山にトンネルをほる」など、「細かい動き」を少しずつさせていきます。泥だんごは力を入れすぎると壊れてしまうので、よい力加減の練習になります。が、泥だんごを上手に作れるようになるのは、健常の子でも幼稚園の年長さんくらいからです。

ボール遊びでも、同じです。

コントロールが苦手だからといって、いきなりキャッチボールばかりしても上達しません。思いっきり遠くに投げる練習や、大きなボールを投げたり受けたりするところからやらなくては、小さなボールを扱えるようにはなりません。

発達障害があると、友達同士で公園で遊ぶ経験が少ないので、普通なら日常的に遊びの中で鍛えられる部分がスルーされたまま、大きくなってしまいがちです。小学校に入ってから、「体育でやるから、ボール投げができるようにならなくっちゃ」と焦っても、いきなりはできないのです。

やっぱり大事なのは、遊びの中でいろいろな動きをさせなくてはならないということですね。ミッキーも、今は学校でいっぱいいっぱいで、なかなか放課後公園に遊びに行く体力が残らないので、はやく体力がついてたくさん遊べるようになってほしいな~と思います。

口より先に手が出る

我が家の次男ミッキーには、自閉症スペクトラムとADHDの発達障害があります。

幼少時から言葉の遅れがあり、3歳半でようやく二語文、6歳の今は、ほぼ口頭でやり取りができますが発音が難しい言葉があったり、抽象的な意味がわからなかったり、2歳半下の弟のほうが言語面も社会性も安定しています。

一番困るのは、「口より先に手が出てしまう」こと。

ミッキーは幼児期から衝動性が非常に強く、言葉の遅れはもちろん気になりましたが、それよりとにかく多動を何とかしてって感じでした。10秒でいいから座って欲しいって思っていましたね。

感覚統合訓練を1年間療育センターで受け、集中力がついてようやく言葉も出始めました。幼稚園と並行して通級や療育を続け、今はかなり周りに合わせて動けるようになってはきました。

それでも、今でも口より先に手が出ます。

欲しい物が目に入ると、周りの人間はほぼ見えません。いきなり取ってしまうし、取り返されると(自分が先に取ったくせに)ものすごく怒ります。自閉症スペクトラムの「言葉が出にくい」特性に、ADHDの衝動性がプラスされるので、ここは本当に育ちにくい部分です。

夏休みに特別支援学校の夏期集中講座に参加して
→(「夏期集中講座への参加」)

言語聴覚士の先生から、そういった子への対処法を教えていただいたのでご参考までに。


まず、取りに来られても、必死で「取らせない」(^_^;)

img007

制して、「何て言うんだったかな?」と誘導。
(難しければヒントを出してもOK)

img006
img008

「貸して」「見せて」など、子供から伝えられたら、ようやく渡す。


大切なことは、制止が間に合わず取られてしまった場合も、手を抑えるなどして必ず「貸して」を言わせる。「貸して」が言えたら、「必ず貸してもらえる」状況を作る。(言っても貸してもらえなかったら、取ることをやめない)

徐々に「貸して」が先に言えるようになったら、「終わったら返してね」「大事な物だから、触らないで見るだけにしてね」など、異なる条件も提示していく。相手から「貸して」と言われたら、貸してあげられる練習も始める。

言葉でのコミュニケーションが難しい場合でも、身振りや意思表示カードを使うことで、まずは相手に伝えてから行動することを学ばせます。

img009

意思表示カードは、生活の中でよく使う言葉をいくつか入れておきましょう。本人が使えればベストですが、介助者が持っておいて、手が出そうになった時にさっと「どれかな?」と気持ちを確認する癖をつけるとよいそうです。ベルトなどにつけておいて、必要なときだけ使えるカードホルダーなどがあれば、普段から使いやすいです。




多動の子の攻撃に「取らせない」反射神経が求められる対処法ですが、「無理やり取ったほうが早い」「取ったら手に入る」とインプットされてしまうと、いつまでも問題行動が収まりません。

「無理やり取ったら貸してもらえない」「言えたら貸してもらえる」と教えなければ、「口より先に手が出る」のは直りません。また対応は一貫していなければ、子供が混乱して身につきません。幼稚園では言わないといけないけど、家では取ってもいいなどと、場所によって対応が変わらないように気をつけましょう。

ミッキーは視野が狭く人より物のほうが目に入りやすい人なので、他の人も使っていると気づかなかったり、突っ走ってしまってぶつかったり、(慣れない人には)「貸して」がどうしても言えずに取ってしまったり、「貸して」と言えてもすぐ貸してもらえないと怒ってしまったり・・・根気強く「周りを見て」と言い続けるしかないのでしょう。

まあそれでも、1年前、2年前に比べれば、「貸して」が言える回数は増えてきているし、待てる時間も少しずつ伸びています。いつか、できるようになる!そう信じて。

悪いことをする原因 その②

我が家の次男ミッキーには、自閉症スペクトラムとADHDの発達障害があります。

ミッキーは自閉症スペクトラムの特性から、場の空気が読めず、適切な行動を取ることが苦手です。わざと悪いことをして気を引こうとすることも多く、最低限「人に迷惑をかけない」ためにはどうすればいいのか、教え続けています。

→(「わざと悪いことをする原因」)

ADHDの衝動性がとても強い人なので、わかっちゃいるけどついやってしまうこともよくあり、自制心の育ちを待つしかありませんが、毎度やらかされてため息をつく日々です。

そんなミッキーを見ていて、気づいたことがあります。

彼の中には「興奮してしまうスイッチ」があり、それが入ると「自分でも抑えがきかなく」なってしまいます。遊んでいて楽しいと入りやすく、そんな時は静かな場所に連れて行ってクールダウンさせます。

また、「病院」や「図書館」など、「静かにしなければならない場所」に行くと、スイッチが入ってしまうことがあります。

img003
img004

スイッチが入ってしまうと、声はいつもの数倍、足も手も止められなくなります。制止しても効果なし。図書館やスーパーなら出ればすみますが、病院は中で待たざるを得ないので、本当に大変でした。

2~3歳頃は騒いでしまう理由がわからず、どうして静かにしなければいけない場所に来るとわざとふざけるのかと通院が辛かったですが、一緒に療育に通ううちにわかってきました。

自閉症スペクトラムの人々は、「場所」と「行動」がセットになってしまうことがよくあります。「前後の流れ」や「意味」を理解しづらく、「ここは何々をする場所」というように覚えてしまうためです。

これは「構造化」といわれ、「着替える場所」「ご飯を食べる場所」と分けることで、やることがわかりやすく、気持ちの切り替えがスムーズにできるメリットがあります。「TEACCH」と呼ばれる療育手法に取り入れられている方法です。



つまり、「病院で騒いでしまった記憶」が強く残ってしまい、次に病院に来るとそれを「再現してしまう」のだと思われます。記憶が強く残ってしまったのは、まあ私が叱ったせいとか、何かを派手にひっくり返したとかいろいろ原因はあるかと思いますが、自閉症の人は記憶の仕方が私達とは異なるようで、突然過去の思い出が蘇る「フラッシュバック」もよく見られます。

よくない行動についても、「構造化」がなされてしまう可能性を、普段から気をつけておかなければなりません。その場所で何度かやってしまった後は、しばらくそこには寄り付かないとか、転院するのもひとつの方法だと思います。

「やってはいけない」とわかってはいても、「体が止められない」感じです。または「静かにしなければいけない」と緊張すると、逆に「スイッチが入って」しまうようです。これは今も完全に直ったとはいえず、以前よりはマシですが、油断するとすぐにスイッチが入ってしまいます。

我が家でとっている対策は、「騒いではいけない理由をわかりやすく伝え」「静かにできなければ入れない」と徹底します。何度か図書館で本を借りられずに強制撤去されてからは、少しずつ「静かにしよう」と本人なりに意識できるようになってきました。

img005

それでも、毎回入る前に約束事を再確認し、しつこいくらい念押しし、さらに集中が続く短時間でさっと用事をすませて出てきます。

「静かにできたね」と褒め、「静かにできた経験」を蓄積させます。「騒いでしまった経験」よりも「静かにできた経験」が勝れば、行動が修正できるのではないかと期待しています。

あとは、「手持ち無沙汰だと悪いことをする」ので、あえてお手伝いを頼むのも意外と効果があります。「カードを受付の人に渡してね」とか「本をかばんに入れてね」とか、「終わったら、外のベンチに座って待っていて」とか、具体的にやることを伝えると、かなりマシです。

スーパーはレジの会計時がいつも修羅場でしたが、折りたたんだエコバックを広げてもらったり(30秒くらいもつ)、袋に詰めてもらったり(ぐちゃぐちゃなのは諦める)、募金箱にお金を入れさせたり(リサイクル回収も好き)と、やることをいくつか用意しておくとおすすめです。

profile

筆者:nontan
男の子3人を育てています。
長男ゲンキ(2009年生)
こだわりの強いグレーゾーンBOY
+アトピー&卵アレルギー

次男ミッキー(2012年生)
ASD+ADHDのハイブリッドBOY
+ぜんそく&卵エビカニアレルギー

三男ユウキ(2015年生)
今のところ普通に見えるけれど…アレルギーなし

出産前は書店勤務&JPIC読書アドバイザーとして活動していました。子育てが一段落したら、読み聞かせ活動を再開したいです!
はじめての方は、こちらの記事をまずお読みください。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
↑参加しています。よければ応援お願いします。